2012年5月8日

おじゃま日記vo.11-2☆シェーディングゾーン

さて、昨日に引き続きメイクアップエキスパートの授業です!




☆☆シェーディングゾーンを意識して立体的かつナチュラルに☆☆

(ってヒトコトで言ってますけど、バランス難しそうですね><)

おさらいします。
シェーディングゾーンとは??
私の専門分野(PC)でいいますと、立体モデルに陰影をつけ、より立体感のある効果をつけること。つまり、立体的なメイクの基礎の基礎!というわけです。

シェーディングゾーンがないと顔がフラットに見えてしまったり、
前髪があると自然な影ができてしまうので、その影を考えながら入れなければならないとか、
間違ったところに影を入れたり、影が薄くても濃くても不自然になる・・・とか

かといって、「メイクしてます!立体的に!!」という主張しすぎてるメイクもダメ。
ナチュラルなので、していても、していないように見せるメイクでなければなりません。

(うーん><難しい!!)


とおさらいはここまでにして!

↓↓受講生さんの実習風景です

expert2 expert3 expert4




骨格を強調しすぎないないように、かつナチュラルに。




どの角度から光があたっても立体的に、キレイに魅せる。




これが鉄則




なんだか先生の説明を聞けば聞くほど難しく聞こえてきます><

プロってすごいなぁとつくづく思いました。
だってこんな風に光なんて当てなくてもシェーディングゾーンわかるんだもんね・・・
私は約30年この顔を毎日見ていますが、自分のシェーディングゾーンすらわかりません。


受講生の皆さんも苦戦していた様子でしたが、
先生にアドバイスをもらいながら完成させていました。



 


aakag200 at 11:00│ Comments(0)TrackBack(0)