ヒューマンアカデミー熊本校は、ネイル、メイク、ブライダル、WEB、CADなどが学べるスクールです。

ヒューマンアカデミー熊本校


あなたが目指す未来を確実に実現
お問い合わせは今すぐこちらまで資料請求(無料)はこちらヒューマンアカデミー熊本校は、パルコや鶴屋のある通町筋電停そば。夜の受付も行ってますので、買い物帰りやお仕事帰りでも気軽にご来校ください。

2017年8月26日

【日本語教師養成総合講座】海外で活躍する修了生によるトークセミナーを開催しました!

先日、日本語教師養成総合講座
修了生さん達が熊本校校舎にお越しになって、
授業中のクラスに入っていろいろお話してもらった
――という投稿をしましたが。

後日、また別の修了生さんにも
トークセミナーをしていただいてたのです。



今回お話してくださったのは、
永村洋藤さん
1年4ヶ月前から
ハノイ(ベトナム)で日本語教師をされています。

夏休みで一時帰国された際に、校舎にお越しになってくださいました。(^ω^)



永村さんは元々は某公務員。
定年後の第二の人生として日本語教師を目指すべく、
ここ熊本校に通学されていました。

今から約2年前に当講座をご修了、
その後熊本市内の某学校の日本語科で日本語教師に就かれたのち、
ベトナムで日本語教師をするために渡航され、現在に至ります。



60代ながら、海外で精力的に活動されていますよ。(・∀・)

ハノイでの日本語教師の仕事内容や
現地での暮らし(滞在先の家や休日、食事について など)、
それから海外で日本語教師をするにあたって
所属団体?企業?(曖昧ですみません…)の話など、
超リアルな体験談を聞かせてくださいました。

勉強熱心な学生が多く、永村さんをとても慕ってくれる生徒さんもいて
「学生の子たちはみんな可愛い」と仰ってました。

他の面ではいろいろご苦労があったり、憤りを感じることもあるみたいです。

ですが、日本語教師ライフを語る永村さんはイキイキとされていて
日々充実していらっしゃるようですねぇ。(*´ω`*)



にほんでの夏休みは色々とお忙しかったようですよ。
(特にお孫さんとのひと時を楽しまれたとか。)
そんな貴重な夏休み、
当校の為にお時間を割いていただき、ありがとうございました!

次のご帰国の際に、またお会いできるといいなーと思います。(^∀^)




日本語を学ぶ外国人が増えるにつれ、日本語教師の需要も急増!
熊本で学んだ修了生は、その後どんな活動をしているの?
県内で就職?県外に出た?それとも海外で仕事してる?

詳しく話を聞きてみたい方は、熊本校の相談会にご参加ください。

個別相談会や講座説明会などを随時開催しております。
事前予約必須ですが授業見学もできますよ! (・∀・)b

下のボタンから、Web上で参加お申し込みもできるページがご覧いただけます。



お問い合わせ、ご相談もお気軽にどうぞ!お電話でも承ります。

ヒューマンアカデミー熊本校
0120-15-4149(通話料無料)


aakum200 at 14:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年8月17日

【日本語教師養成総合講座】たまたま修了生さんが3人も揃いましたので。

先日、日本語教師養成総合講座の修了生さん達が
所用で熊本校校舎にいらっしゃいまして。

修了生は緒方さんと花山さんと松本さんの3人。
3人も来てくださったのですが、3人もお揃いなのは実は偶然。
ちょうど同じタイミングで校舎にいらしたのです。

それでこの時、日本語教師養成講座が授業中でしたので
急遽 教室に入ってお話ししてもらうことになりました。

こんな機会、逃すわけないじゃないですか。(゚∀゚)♪



緒方さんと花山さんは、以前の記事にも登場しています。
今年ご修了、修了後すぐに熊本市内の某日本語教室などで
日本語教師としてお仕事されています。



現在のお仕事内容や職場のことなどをお話しいただきました。
受講生さん達からも実習のことや給与のことなど質問があり、
もちろんそれにも答えてくださいました。(^ω^)



松本さんも今春ご修了。
日本語教師の職には就かれていないものの、
現在お勤めの職場には外国人の方もいるそうで
その方とのコミュニケーションに
日本語教師の知識が生かされているようです。

こうして先輩から、修了後のお話を直接聞けるのも有難いですよね!

貴重なお時間、ありがとうございました!!(^∀^)


それはそうと
授業日に当校に来た修了生さんは
もれなくクラスインしてお話しする羽目になるという
このパターン…なんか当講座の恒例になってきてるんですが。
いや、怖がらずお気軽に顔出してくださいよ修了生の皆さん!





日本語を学ぶ外国人が増えるにつれ、日本語教師の需要も急増!
熊本で学んだ修了生は、その後どんな活動をしているの?
県内で就職?県外に出た?それとも海外で仕事してる?

詳しく話を聞きてみたい方は、熊本校の相談会にご参加ください。

個別相談会や講座説明会などを随時開催しております。
事前予約必須ですが授業見学もできますよ! (・∀・)b

下のボタンから、Web上で参加お申し込みもできるページがご覧いただけます。



お問い合わせ、ご相談もお気軽にどうぞ!お電話でも承ります。

ヒューマンアカデミー熊本校
0120-15-4149(通話料無料)

aakum200 at 14:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年8月7日

【日本語教師養成講座】水曜夜クラスの授業風景。

お盆休みとその前後、
熊本校の日本語教師養成講座は授業がお休みになる日が続きます。

お盆休み前の、水曜夜クラスの様子をちょっとご紹介。



ごくごく普通の授業風景なので、特筆することが…うーん、無い。



この授業の科目は「文法」です。
5月から始まった科目がお盆前も続いています。
前の記事でも申しましたが「文法」は教程数が多いんです。)

ホワイトボードを見たまんまですが
「名詞修飾節」ついて勉強しているようです。


日本語教師養成講座は、
授業の科目が切り替わるときが、新入生が授業スタートするタイミング。
こちらの水曜夜クラスは、現在授業中の「文法」が8月中に終わり、
9月6日から別の科目が授業スタート予定。

平日夜に受講したい方、今が入学しやすい絶好の機会ですよ!
ぜひぜひ熊本校にお問い合わせどーぞー。




日本語を学ぶ外国人が増えるにつれ、日本語教師の需要も急増!
日本語教師になるための勉強はしたいけど、
今現在のお仕事は辞めずに無理なく通学したい…という方。

平日(水曜)夜に通える熊本校の「日本語教師養成講座」なら
お仕事帰りに通学できますよ!
土日にも授業あるから、休日も通学できますよ!

個別相談会や講座説明会などを随時開催しております。
事前予約必須ですが授業見学もできますよ! (・∀・)b

下のボタンから、Web上で参加お申し込みもできるページがご覧いただけます。



お問い合わせ、ご相談もお気軽にどうぞ!お電話でも承ります。

ヒューマンアカデミー熊本校
0120-15-4149(通話料無料)

aakum200 at 14:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年7月23日

【日本語教師養成講座】ご修了おめでとうございます!

熊本校の日本語教師養成講座から、
またお一人修了生を輩出しましたよ。

7月上旬に当講座の修了日を迎えたのは、大曲正延さん



與繩友子先生から、
修了証書科目履修証明書が授与されました。

大曲さんは、420時間カリキュラムをほぼ欠席なしで履修されました。

因みにこの「420時間カリキュラム」は、文化庁の指針に基づいたカリキュラム。
日本語教師の求人では条件のひとつとして必ず挙げられており
日本語教師を目指すにあたって420時間カリキュラムで学べる講座は
絶対に受講しておいた方が有利なんです。

そして、すべての科目を履修するのはハッキリ言って大変ですよ。
大抵の方は、週2回のご通学でも約1年はかかります。

だからこそ、修了証書と履修証明書は待ち望んでいた証書なのです。



頑張って履修した証である修了証書と履修証明書を授与され、
満面の笑みを浮かべています!

大曲さんの視線の先には、まだまだ受講の続く仲間たちが居ます。
「良いなー自分も早く欲しい!(゚∀゚) 」と羨ましがられていました。



大曲さんの後ろでは、当校スタッフの田中さんも拍手していたという。



大曲さんにとって最後となった授業日。
授業終了後も居残ってくれていた受講生さん達+與縄先生とで記念撮影☆

ご修了おめでとうございます!\(^□^)/



▲おめでとうを過剰に演出。夏バージョン。




日本語を学ぶ外国人が増えるにつれ、日本語教師の需要も急増!
日本語教師の需要は今、かなり高まっています。

けど、一体どうやったら日本語教師になれるの???
――その答えは、個別相談会にて!!

熊本校では個別相談会や講座説明会などを随時開催しております。

下のボタンから、ネットから参加お申し込みもできるページがご覧いただけます。



お問い合わせ、ご相談もお気軽にどうぞ!お電話でも承ります。

ヒューマンアカデミー熊本校
0120-15-4149(通話料無料)

aakum200 at 14:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年7月1日

【日本語教師養成講座】待望の平日夜クラス、スタートしております。

毎度おなじみ・・・になってるといいなぁ・・・
熊本校の日本語教師養成講座

実は今年5月から、しれっとクラスが増えてるんです。

もともとは土曜〈朝・昼〉と日曜〈朝〉だけでした。
それが昨年、月曜〈朝・昼〉と火曜〈昼〉にもクラスが増えまして。
そして今年、さらに水曜〈夜〉にもクラスが増えたというワケなんです!!

そう、待望のクラス!!!!!

お仕事帰りにも授業に出席できるようになったのです!!!!!
(そりゃあ語尾に!マークを並べたくもなりますよ!)



水曜クラスの授業風景、初披露! (因みに6月最終週の写真よ。)



別の角度からもう1枚!
記念すべき水曜クラス最初の科目は「文法」です。
現在もこの「文法」の真っ最中。
(「文法」は教程数が多い科目なので、5月からまだ続いてるんです。)



水曜クラスの担任講師は田中有美先生

クラス増設に伴い新たに熊本校の仲間になってくださった先生ですよ。
現役の日本語教師でもあります。(・∀・)
いろんな国(確か…優に20ヶ国以上)の外国人に
日本語を教えていらっしゃいますよ。


夜にもクラスが増えて、ますます通学しやすくなった当講座。
「日本語教師」というお仕事にご興味のある方は、
ぜひぜひ一度熊本校にお問い合わせください。




日本語を学ぶ外国人が増えるにつれ、日本語教師の需要も急増!
日本語教師になるための勉強はしたいけど、
今現在のお仕事は辞めずに無理なく通学したい…という方。

ほら!熊本校の「日本語教師養成講座」はだいぶ受講しやすくなっていますよ!

個別相談会や講座説明会などを随時開催しております。
事前予約必須ですが授業見学もできますよ! (・∀・)b

下のボタンから、Web上で参加お申し込みもできるページがご覧いただけます。



お問い合わせ、ご相談もお気軽にどうぞ!お電話でも承ります。

ヒューマンアカデミー熊本校
0120-15-4149(通話料無料)

aakum200 at 14:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年6月1日

【日本語教師養成講座】「音声学」の授業風景。

こちら、熊本校の日本語教師養成講座の授業風景。

「音声学」という科目の授業です。



講師は増田正彦先生



おや、何か映像を見ているようですよ。



口蓋や歯のレントゲンです!
話す言葉によって変化する様を見ているようです。

このレントゲン、実は動画だったんですよ!
写真で見ても伝わりませんね!!!



この「音声学」では、
母音や子音、音声記号、五十音図とその発音、特殊音素、環境による音声変化、
アクセントやイントネーション・・・などの内容を学びます。

小難しそうですけど、面白そうですねぇ。
「面白そうって何よ!他人事だと思って!こっちは勉強大変なのに!」
 ――って受講生さん達に言われそう。(゚ε゚)






日本語を学ぶ外国人が増えるにつれ、日本語教師の需要も急増!
海外での日本語教師募集は勿論のこと。
国内・九州・熊本での需要も、ここ数年だいぶ増えてきているようですよ。

日本語教師養成講座にご興味のある方は熊本校までご一報ください。

個別相談会や講座説明会などを随時開催しております。
事前予約必須ですが授業見学もできますよ! (・∀・)b

下のボタンから、Web上で参加お申し込みもできるページがご覧いただけます。



お問い合わせ、ご相談もお気軽にどうぞ!お電話でも承ります。

ヒューマンアカデミー熊本校
0120-15-4149(通話料無料)

aakum200 at 14:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年5月17日

【日本語講師養成講座】海外で日本語教師の職に就いた、修了生さんご紹介!

日本語教師養成講座の修了生
瀬口未希さん高木望さんが、
熊本校校舎にいらっしゃいました。



お二人は学生のうちから当講座を受講されていましてねぇ。
大学と両立させながらのご通学を経て、今年ご修了となりました。

そして現在、日本語教師として就職されています。
希望のお仕事に就けて、良かったですねぇ。(^∀^)

折角なので、お話もお聞きしましたよ!(・∀・)b



ピンク色は瀬口さんの、オレンジ色は高木さんのコメントです。

―― 日本語教師を目指すきっかけは何だったのですか?

外国人の友達に日本語を教えたことがあり、
もっと本格的に勉強して仕事にしたいと思いました。


―― ヒューマンアカデミーに決めた理由は何でしょう?

ネットで口コミを見たら一番有名で名の知れた学校だったので、
資料請求をしました。
するとすぐに連絡をくださったので、すぐ登録しました。


平日クラスと土日クラスが開講されており、
私の場合、当時は大学に通いながらの通学だったため通いやすかったからです。


―― 資格取得までの体験談を聞かせてください!

同じ夢や目標を持っている人たちと一緒に
お互い高め合いながら頑張ることができました。
特に実習のときは授業のない日まで来てみんなで意見交換しながら
乗り切ることができました。


―― 今、どんなお仕事をされているんですか?

韓国の日本語学院に勤務しています。
日本人会話の授業で、韓国人と会話しながら単語や文法を教えています。
準備は大変だけど、授業中は生徒とお話ししたりして本当に楽しいです。
「授業がストレス発散になります」と言われた時は、
この仕事をして良かったと思いました。


インドネシアで、2017年夏から日本語教師として働くことが決まっています。
大好きなインドネシアで、お仕事するのが夢でした!!


―― 皆様へのアドバイスやメッセージを!

何でも挑戦してみることが大事だと思います。
まず、してみて考えることが良いと思います。




海外で活躍する若者を2人も輩出することができ、
当校も誇らしい気持ちでいっぱいです。

「良い人材を育成していて、ほんと熊本校ってスゴイねっ!」
誰も褒めてくれんし、だったら自画自賛でもしておこうかしら。
――うそうそ、ごめんごめん、ちょっと調子に乗りました。

瀬口さん!高木さん!
「日本」と海外を結ぶ懸け橋として、
これからのご活躍を応援しております!

では最後に一言、遅ればせながら。
ご修了&ご就職、
おめでとうございます!\(^□^)/





日本語を学ぶ外国人が増えるにつれ、日本語教師の需要も急増!
海外での日本語教師募集は勿論のこと。
国内・九州・熊本での需要も増えてきているそうですよ。

日本語教師養成講座にご興味のある方は熊本校までご一報ください。

個別相談会や講座説明会などを随時開催しております。
事前予約必須ですが授業見学もできますよ! (・∀・)b

下のボタンから、Web上で参加お申し込みもできるページがご覧いただけます。



お問い合わせ、ご相談もお気軽にどうぞ!お電話でも承ります。

ヒューマンアカデミー熊本校
0120-15-4149(通話料無料)

aakum200 at 14:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年4月30日

【日本語教師養成講座】修了生さんが校舎にいらっしゃいまいした。

4月下旬、
熊本校の日本語教師養成講座を修了されたばかりの
お二人が校舎にお立ち寄りになられましてね。

せっかくだけん、写真ば撮らせてもらったとですよ。



写真左が緒方さん、右が花山さん
スッチー(と言ったら若者は意味わからんかもなぁ…)、もとい CA風の立ち姿。

お二人とも、今年3月に修了されたばかりなのですが、
翌月(つまり4月つまり現在)には、熊本市内の某日本語教室にて
日本語教師として忙しい日々を送っているそうです。

なんと偶然にも同じ日本語学校にお勤めなんですってよ!まぁまぁ!

こうして笑顔で写っていらっしゃいますが。
この後、家に帰ってからもまだまだ授業の準備に追われる予定だそうで。

ほんと、お疲れ様です。(´∀`)

お仕事に余裕が出てきたら、是非また校舎にお越しくださいねー♪




日本語を学ぶ外国人が増えるにつれ、日本語教師の需要も急増!
海外での日本語教師募集は勿論のこと。
国内・九州・熊本での需要も、ここ数年だいぶ増えてきているようですよ。

日本語教師養成講座にご興味のある方は熊本校までご一報ください。

個別相談会や講座説明会などを随時開催しております。
事前予約必須ですが授業見学もできますよ! (・∀・)b

下のボタンから、Web上で参加お申し込みもできるページがご覧いただけます。



お問い合わせ、ご相談もお気軽にどうぞ!お電話でも承ります。

ヒューマンアカデミー熊本校
0120-15-4149(通話料無料)

aakum200 at 18:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年4月13日

【日本語教師養成講座】「初級実習」の授業風景。<後編>

3月下旬、熊本校の日本語教師養成講座で、
外国人の日本語学習者をモデルスチューデントとしてお招きし、
受講生が講師として日本語の授業をする「教育実習」が行われました。

――という記事が前回ありましたが。今回はその続きです。

土曜日クラス実習日の、後半です。
後半も同じく、日本語が初級レベルの学習者を対象とした「初級実習」です。

授業をするの受講生さんは2名。では早速ご紹介。
※4分割・2分割写真は、クリックで拡大しますよ。



まずはお一人目。



抽選箱が登場しました。
箱の中には何かが書かれた紙が・・・。



学習者の中から2人が選ばれ、片方が物を持っています。

「〜をあげました」「〜をもらいました」「〜をくれました」
の使い方を、動作も交えて学ぶようです。

先程のクジは、二人組と受け渡しする物を決めるためのものだったみたいですね。



「私は●●さんに、花をもらいました」「私は■■さんに、紅茶をあげました」
などの文例を実演しています。

学習者全員、実演してますよ。



お顔は隠していますが、みんな始終笑い顔で参加されていました。



続いて、お二人目。



条件表現「〜たら」の作り方、使い方についての授業です。



「暑いです ⇒ 暑かったら」「好きです ⇒ 好きだったら」と「〜たら」の形に変え、
「雨が降ったら、出掛けません」「安かったら、パソコンを買います」といった文章を作ります。



見やすく作られた文字カードを何枚も用意されていますよ。
例文もたくさん作られていますよ。

もうこれで「〜たら」の使い方はバッチリなんじゃないでしょうかねぇ。(・∀・)



残るお二人も、滞りなく授業を進められていました。
これも、日頃の勉強の賜物でしょうねぇ。

講師(受講生)が各々違ったアイデアで授業を行っていて、
ちょこっと拝見させてもらっただけでも楽しかったです。
(受講生さん方は大変だったろうと思いますが。)
モデルスチューデント(学習者)の皆さんも楽しそうで何よりでした。(^ω^)


教育実習、お疲れ様でした。
他の科目の勉強も、引き続き頑張ってくださいね。
ああっ、初級の教育実習はこの日以外にも行われているんですよ。
ですから5名以外にも実習された受講生さんはもっといるんですよ。
この日の5名以外の皆様も、お疲れ様でした。

何故誰も緊張しない!? そう見えなかっただけ!?
一人くらい慌てふためいてもいいんじゃないの!?
――とか密かに思って、すみません。(´Д`;)




日本語を学ぶ外国人が増えるにつれ、日本語教師の需要も急増!
海外での日本語教師募集は勿論のこと。
国内・九州・熊本での需要も、ここ数年だいぶ増えてきているようですよ。

日本語教師養成講座にご興味のある方は熊本校までご一報ください。

個別相談会や講座説明会などを随時開催しております。
事前予約必須ですが授業見学もできますよ! (・∀・)b

下のボタンから、Web上で参加お申し込みもできるページがご覧いただけます。



お問い合わせ、ご相談もお気軽にどうぞ!お電話でも承ります。

ヒューマンアカデミー熊本校
0120-15-4149(通話料無料)

aakum200 at 18:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年4月12日

【日本語教師養成講座】「初級実習」の授業風景。<前編>

3月下旬、熊本校の日本語教師養成講座で、
外国人の日本語学習者をモデルスチューデントとしてお招きし、
受講生が講師として日本語の授業をする「教育実習」が行われました。

この日は土曜日。土曜クラスは午前中と午後の両方に授業が行われます。

でもってこちらのクラスでこれから行われるのが、
日本語が初級レベルの学習者を対象とした「初級実習」です。

実習日前半、授業をするの受講生さんは3名。皆さんの実習をちょっとだけご紹介。
※4分割写真は、クリックで拡大しますよ。



まずはお一人目。



「動詞(テ形)+おきます」についての授業です。

「予約します」「予約しておきます」「予約しておいてください」のような
さまざまな文例をあげて説明しています。

イラストも多用して、文例をよりイメージしやすくされていますね。



こちらの受講生さん、長年教壇に立っている“学校の先生”だそうで、
聞き取りやすい声の音量や話し方は「さすが!」ってやはり素人じゃない感じでした。

けどご本人曰く
「学校では大きな黒板、しかしここではさほど大きくはないホワイトボード。
だからこまめに教材を貼ったり外したりしなくてはいけないのが大変だった」
のだそうです。
黒板とホワイトボードの違い・・・! それは盲点でした。
授業には慣れていても、教室の環境が違うとまた一苦労なのですねぇ。



人口密度がちょっと高めの教室内。



続いて、お二人目。



「Vマス+ながら」についての授業です。

「音楽をきき ながら 走っています。」というような、
2つの動作が同時に行われることを表す形を習っています。

教材として用意したイラストを見て、その絵の状況を表す
「■■■ながら◆◆◆」の文章を、学習者の方たちに作ってもらいます。



ゆっくりハッキリ聞き取りやすい話し方をされていて、
とても落ち着いた授業をされているようにお見受けしました。
緊張とかしないの!?本番に強いタイプ!?



ではでは、お三人目。



「V て形+しまいました」についての授業です。

「全部 読んで しまいました。」のような文のことです。

イラストと穴あき状態の文例を見せ、空欄に言葉を入れて文を完成したり、
用意したイラストを見せながら、学習者の方たちに文章を作ってもらっています。



実習直前に怪我をされてしまった受講生さん。
松葉杖ありだから移動したり教材扱うときなどは大変そうでしたが、
授業自体は順調に進められていました。



いやぁ、お三人とも実にスムーズな授業を行っていらっしゃいました。
事前の授業計画や教材の準備をしっかりされていたのでしょうね。
――それにしても皆さん、あがったりしないんですかね!? (・△・)


後半の実習風景は、後日また記事にします。しばしお待ちを。(・ω・)ノ




日本で働きたい、自国にある日本企業で働きたい、日本の文化をもっと知りたい。
日本語を習得したい外国人は年々増える一方。
東京オリンピック開催も近くなり、日本語教師の需要も急増中!
熊本での求人も、ここ数年だいぶ増えてきているようですよ。

日本語教師養成講座にご興味のある方は熊本校までご一報ください。

個別相談会や講座説明会などを随時開催しております。
事前予約必須ですが授業見学もできますよ! (・∀・)b

下のボタンから、Web上で参加お申し込みもできるページがご覧いただけます。



お問い合わせ、ご相談もお気軽にどうぞ!お電話でも承ります。

ヒューマンアカデミー熊本校
0120-15-4149(通話料無料)

aakum200 at 18:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年3月11日

【日本語教師養成講座】「中上級実習」の授業風景。

ただいま熊本校の日本語教師養成講座では、
外国人の日本語学習者をモデルスチューデントとしてお招きし、
受講生が講師として日本語の授業をする「実習」が行われている最中。

日本語が初級レベルの学習者を対象とした「初級実習」と、
中級レベルの学習者を対象とした「中上級実習」とがありまして。
ちょうどこの同じ時期(授業曜日は別)に、両方の実習が行われています。
※因みに、現在の授業日は月・火・土・日曜日。

実習前の数日間は、段取り決めやら教材の準備やらで
受講生さん達は「もう大変っ(;>_<;)」と大忙し。
けどこの実習、
日本語教師を目指す者として避けては通れない道なのですよ。ふふ。



こちら3月上旬、と言いますかつい先日の授業風景。
「中上級実習」が行われていましたので、ちょいと拝見しましたよ。

序盤では、先生(受講生さんのことね)が
「皆さん、春はお好きですか?」と学習者の方達に尋ね、
そこから会話を広げてコミュニケーションをはかります。



授業テーマは「日本の伝統芸能」のようです。
能や狂言、歌舞伎、文楽といった伝統芸能や
桶、茶碗、掛け軸などの小物などを写真付きで紹介し、
そこにまつわる言葉も教えていきます。



学習者であるモデルスチューデントさん達も
要所要所でいろいろ質問したり発言したりと積極的で、
授業は盛り上がりを見せていました。



一言一言ハッキリかつ穏やかに話されていて、
聞き取りやすい話し方も心掛けているんだろうなぁという印象の授業でした。


別のクラスで行われている「初級実習」の方も紹介できたらいいなー、
なー、なー…。




日本で働きたい、自国にある日本企業で働きたい、日本の文化をもっと知りたい。
日本語を習得したい外国人は年々増える一方。
東京オリンピック開催も近くなり、日本語教師の需要も急増中!
熊本での求人も、ここ数年だいぶ増えてきているようですよ。

日本語教師養成講座にご興味のある方は熊本校までご一報ください。

個別相談会や講座説明会などを随時開催しております。
事前予約必須ですが授業見学もできますよ! (・∀・)b

下のボタンから、Web上で参加お申し込みもできるページがご覧いただけます。



お問い合わせ、ご相談もお気軽にどうぞ!お電話でも承ります。

ヒューマンアカデミー熊本校
0120-15-4149(通話料無料)

aakum200 at 18:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年2月23日

【日本語教師養成講座】修了生さんご来校+近況ご報告。

2月中旬、
日本語教師養成講座の修了生、
坂本幸子さんがひっさしぶりに校舎に来てくださいました!(・∀・)♪
(サチコさんじゃないよ、ユキコさんだよ。)

1年以上は前になりますかねぇ。
まだ当講座の授業が土日にしかなかった頃にご通学→ご修了だったので。
でもまだ2年は経ってませんかねぇ。


熊本市国際交流会館で週1回、
日本語教師として活動されることが決まったそうです。

ちょうど日本語教師養成講座の授業をやっているこの日、
先生にそのご報告をする為にいらっしゃったのです。(^ω^)



授業中ということで、現受講生さん達のいる教室にも入っていただきました。
いろいろお話を聞かせてくださいましたよ。

熊本市国際交流会館は、いろんな国の外国人が利用されています。
ここでは外国人をサポートするさまざまな活動をされています。
そして坂本さんもボランティアとして日本語を教えることになりました。



坂本さんは今、インド在住のインド人にも日本語を教えているんですって。

知り合ったきっかけはFacebook うわー、いかにも今の時代だー。
そして、レッスン手段はSkype。 うわー、いかにも今の時代だー。(再)

お相手は英語、坂本さんも英語OKなのでFacebook上で友達になったそうで。
その方は日本語を学んでいる最中でもっと勉強したいとのことで、
坂本さんが個人レッスンをしてあげることになったのだとか。

「漢字」というものに馴染みがないインド人。
なんだか記号に見えてしまう漢字には特に苦戦しているそうです。
(そのインド人の方、頭はすごーく良いそうなのですが、
 日本語習得はまた別の話になるようで、かなり難儀しているみたい。)

熊本校での授業でも使ったテキストをあちらもお持ちだったので、
その点ではいくぶん教えやすいそうです。



国際交流会館でのレッスンも、Skypeでの個別レッスンも
今はまだボランティアとしての活動になりますが、
「日本語教師を仕事にするための経験が積める!」 p(`・ω・´)q
と張り切ってますよ。

熊本にいながらでも、
外国人と交流したり日本語を教えたりする立場になる方法は
日本語学校以外の場でもいろいろあるんですねぇ。



坂本幸子さん〈左〉と、與繩友子先生〈右〉。

国際交流会館は当校校舎の近くですし、いつでもお待ちしてますー!
またお話聞かせてくださいねー!(・∀・)/





日本で働きたい、自国にある日本企業で働きたい、日本の文化をもっと知りたい。
日本語を習得したい外国人は年々増える一方。
東京オリンピック開催も近くなり、日本語教師の需要も急増中!

坂本さんのように、日本語学校以外の場でも
日本にいながら日本語教師として国際交流ができるんですよ。
外国人に日本語を教える機会は、多様化しています。

日本語教師養成講座にご興味のある方は熊本校までご一報ください。

個別相談会や講座説明会などを随時開催しております。
事前予約必須ですが授業見学もできますよ! (・∀・)b

下のボタンから、Web上で参加お申し込みもできるページがご覧いただけます。



お問い合わせ、ご相談もお気軽にどうぞ!お電話でも承ります。

ヒューマンアカデミー熊本校
0120-15-4149(通話料無料)

aakum200 at 18:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年2月21日

【日本語教師養成講座】「評価法6」の授業風景。

熊本校の日本語教師養成講座は現在、

 ◆ 土曜日 10:00〜17:00
 ◆ 日曜日 10:00〜13:00
 ◆ 月曜日 10:00〜17:00
 ◆ 火曜日 14:00〜17:00


…に授業を行っています。今年4月からは

 ◆ 水曜日 18:30〜21:30

…にも授業日が設けられるんですって!
(すべての曜日に出席する必要はありませんよ。)

受講生は20代から60代と年齢層の幅が広く、男女比もほぼ半々
(いや、今は若干女性の方が多めかしら?)
老若男女問わず、クラスメイトとしてひとつの教室で一緒に授業を受け、
時にはグループワークしたり、実習前や試験前には助け合ったりしています。



さてさて、こちら。2月中旬、土曜日午前中の授業風景です。
このときは『評価法6』という授業内容でした。

土曜日の担当講師は與繩友子先生



どうやらデータ分析に関する内容かしら?
ホワイトボードを見るに
「測定尺度」「S‐P表」について学習されているようです。



因みに「S‐P表」とは、Student-Problem Score Table のこと。
テスト結果の分析に使われる正誤パターン表です。

縦軸が学習者横軸がテストの各問題
学習者の各問題に対する答えが○(正答) ならば「1」、×(誤答)ならば「0」と表します。

そして、データを学習者の得点(Student Score)の高い順
問題の正答数(Problem Score)の多い順に並べ替えます。
つまり左上に1(正答)、右下に0(誤答)が集中した表に。

この状態にしてから、S曲線P曲線という線を引いて分析します。


▲クリックorタップで、ちょっと拡大するよ!

この分析で
◇ テストの内容が適切でない
◇ 指導の効果が不十分
◇ 学習者の学力にバラつきがある

などの傾向が示され、各学習者の学習状態や各問題の良否も示唆されます。


――ん? え? なに? よくわからないって?
ああぁぁぁ、ググった方が早いよ!(説明放棄) (ノ ゜Д゜)ノ~┻┻




4月からは授業日も増えて、以前に比べるとぐんと通学しやすくなった当講座。
春スタートコースに向けての講座説明会も開催中です。

日本語教師というお仕事が何となく気になりだした方、下記もぜひご一読を!!!




日本で働きたい、自国にある日本企業で働きたい、日本の文化をもっと知りたい。
日本語を習得したい外国人は年々増える一方。
東京オリンピック開催も近くなり、日本語教師の需要も急増中!
熊本での求人も、ここ数年だいぶ増えてきているようですよ。

日本語教師養成講座にご興味のある方は熊本校までご一報ください。

個別相談会や講座説明会などを随時開催しております。
事前予約必須ですが授業見学もできますよ! (・∀・)b

下のボタンから、Web上で参加お申し込みもできるページがご覧いただけます。



お問い合わせ、ご相談もお気軽にどうぞ!お電話でも承ります。

ヒューマンアカデミー熊本校
0120-15-4149(通話料無料)

aakum200 at 18:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年12月6日

【日本語教師養成講座】特別セミナー『日本語教師養成講座修了生のその後の活躍』開催しました!

11月下旬。
日本語教師養成講座の特別セミナーが開催されました。


『日本語教師養成講座
  修了生のその後の活躍』



日本語教師養成講座を受講していた人たちって、
今どうしてるの? どんな仕事や活動をしているの?
やっぱり気になりますよね。
このセミナーでは熊本校修了生2名をお招きし、さまざまなお話をお伺いしました。



お招きした修了生は新道かおりさん佐藤友子さん
お二人とも熊本市内の某日本語学校(それぞれ別の学校ですよ)にお勤めです。

セミナーには日本語教師を目指して現在学習中の受講生の方々、
これから日本語教師になるための勉強&資格取得を始める予定の方が
参加されています。

当講座担任講師のひとり、與繩友子先生もご一緒です。



修了生のお二人には、

◆採用までの流れ
◆一日の勤務の流れ
◆日本語教師の喜び
◆日本語教師の苦労
◆日本語教師を目指す人へ伝えたいこと


というテーマを中心にお話しいただきました。



新道さんは常勤講師として日本語教師をされています。

日本語学校に採用されるまでのいきさつ、
学校にはどんな生徒さん(学習者)がいるのか、
勤務時間や授業の進め方、授業以外の業務、
先輩講師や生徒さんとのコミュニケーション
――など、具体的にいろいろ教えてくださいました!

現役日本語教師としての一日の流れ(スケジュール)や実際の仕事内容など
教師本人から直接聴かせてもらえる話は、興味深いものばかりでした。



佐藤さんは元々他にもお仕事をお持ちですので、
日本語学校へは非常勤講師として勤務されています。

上記のテーマの内容は勿論のこと。
就活ではヒューマンアカデミーの支援(選考書類の添削など)を利用したこと、
求人応募や面接の際に準備したもの(履歴書・職務経歴書以外)、
修了後も交流のある修了生さんからも情報をもらったことがきっかけで
現在の職場に勤めることができたことなど、
就職活動のエピソードは近い将来自分も就活することになる受講生さん達にとって
かなり参考になりそうです。

また、常勤講師とは違う「非常勤」としての働き方や
やっぱり気になる給与のことも教えていただきましたよ。


余談ですが日本語教師は非常勤としての求人も多く、
ですので子育てがひと段落した主婦が
「新しいことにチャレンジしたい」と思って就く仕事として
ちょうど良いらしいですよ。
しかも人生経験からくる話も外国人学習者にとって為になるので
学生・社会人・子育て時代と話題豊富な主婦は良い先生になれるんですって!




参加者の皆さんからの質問タイムもありましたよー。

はじめは遠慮がちに、先生に促されて一人二人が質問されてましたが、
だんだんと質問する人も増えていき(というか参加者全員)、
皆さんいろんなことをあれやこれやとお聞きになっていました。



「ヒューマンアカデミーに通って得したことは?」という問いに…

――顔を見合わせ笑う二人。ちょ、ちょっと!? その反応は何!? ( ゜Д ゜)




終盤では、先生がご用意した就職活動(勿論、日本語教師向けよ)に関する
記事の紹介などもありました。

受講生も皆さん熱心な方ばかりで、メモを取りながら真剣に聞かれていましたねぇ。
このセミナーで聞いた話もきっと今後に活かしてくださると思います。

新道さん、佐藤さん、
貴重なお話と有意義なお時間をありがとうございました!(^∀^)






日本語教師養成講座にご興味のある方は熊本校までご一報ください。

個別相談会や講座説明会などを随時開催しております。
今なら授業見学もできますよ! (・∀・)b

下のボタンから、Web上で参加お申し込みもできるページがご覧いただけます。



aakum200 at 18:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年10月15日

【日本語教師養成講座】海外の日本語学校で実習したい修了生・受講生に。『海外実習プログラム』

ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座
修了生・受講生の皆様へ



日本語教師を目指して学習中の皆さん、
現地での国際交流を通じて“リアル”を体験したい皆さん、
日本語学習者が急増するアジアにある日本語学校で、
日本語教師を体験してみませんか?

ヒューマンアカデミーには、
当校の修了生および受講生のみが参加できる
「日本語海外実習プログラム」があるんですよ!

以下のアジア諸国の日本語学校で、実習体験ができます。

★インド
  理工系に強い世界屈指のI T人材供給国での実習体験

★インドネシア
  素直で情に厚い世界最大の親日国での実習体験

★タイ
  “微笑みの国”温厚で礼儀正しい親日国での実習体験

★台湾
  情に厚く日本と固い絆で結ばれた友好国での実習体験


参加条件
●日本語教師の資格は無くても参加できます。
●ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座を3ヶ月以上受講の方(科目は不問)
●ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座修了生の方

※他の学校で学習された方もご相談ください。

こんな方にオススメ
◆将来、日本語教師になりたい
◆海外での指導経験を通じて日本語教師としての幅を広げたい
◆日本語教師の学習経験を現地で試してみたい
◆海外でインターンシップやボランティアをしたい
◆日本人としてのスキルを活かした文化交流を体験したい




熊本校には「日本語海外実習プログラム」のパンフレットも設置してあります。
校舎に立ち寄れる方はお持ち帰りを、
なかなか校舎に来れない方はお取り寄せくださいませ。

受講料は、ヒューマンアカデミーの
修了生・受講生が対象だからこそ実現できる特別価格
となっております。

受講期間はおおよそ7〜9日間。
長期休暇や有給休暇を使っての参加が可能です!

日本語教師としてのキャリアアップをはかりたい方、
是非この「日本語海外実習プログラム」をご利用ください。

事前準備や具体的な出国日時、スケジュールなど、
詳しくは、熊本校までお問い合わせください。(^-^)
実習プログラムの詳細をご案内できる受講説明会も開催中です。


ヒューマンアカデミー熊本校
0120-15-4149(フリーコール)

aakum200 at 18:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年4月14日

日本語教師養成講座修了★

こんにちは!
ヒューマンアカデミー熊本校の入佐です

もう桜もちってしまい、新年度スタートしましたね!


熊本城の桜、と〜ってもキレイでしたね〜





先日、【日本語教師養成講座】名の生徒様が無事に
420時間のカリキュラムを修了されましたヽ(^o^)丿

一年間、本当にお疲れ様でした♪



みなさんとっても良い笑顔〜(*^_^*)



そして本日、日本語修了生のNさんが遊びに来てくださいました

日本語教師養成講座を修了されてから、熊本の企業で
日本語教師非常勤講師として勤務されておりました!

なんと、明後日からベトナムハノイにて日本語教師として勤務されるそうです!

Nさん、明後日から行くと思うと眠れないと言われておりましたが
『プレッシャーも楽しむようにしてる!』
と笑顔でおっしゃっておられました(^−^)

今後の活躍、楽しみにしております!!





日本語教師にご興味があられる方、
ぜひ一度校舎へ無料の説明会にお越しくださいませ。






ヒューマンアカデミー熊本校
TEL:0120-15-4149


aakum200 at 15:40|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年2月23日

日本語教師養成講座 授業風景♪



んにちは


熊本校の入佐です



今日は日本語教師養成講座の授業風景をお届け致します


この日の授業は
「学習者の問題を実際に作ってみる」というグループワークが行われていました。
撮影時は、下記の文型を学ぶ問題を作っている最中でした!























aakum200 at 11:40|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年2月4日

日本語教師養成講座★


日本語教師養成講座

ヒューマンアカデミー熊本校の
日本語教師養成講座は…

こんな方におすすめです! 

日本語教師を目指している方
海外での就職を希望している方
国際交流にご興味がある方
外国人に日本語を教えるボランティアがしたい方
定年退職後、新しいことにチャレンジしたい方
ご家族の転勤等で、海外に行かれる方

熊本校での日本語教師養成講座 授業風景です


初学者からでも「教壇にすぐ立てる力」が身にくよう文化庁指針の
「420時間カリキュラム」をベースに、最近の日本語教育能力検定試験対策も
盛り込んだカリキュラムを実施。
受講生から大人気の教育実習では、
外国人を生徒に行い迅速かつ的確な判断力、
実践力を養いすぐに現場に立てるスキルを身につけます。
他にも模擬授業やケーススタディ、ワークショップを豊富に実施。
ノウハウを覚えるのではなく、自ら考え行動できる教師を育てます。
だから、どんな現場でも対応できる能力が身につきます。


熊本校の日本語教師養成講座は授業見学もできます!
日本語教師になるための勉強にご興味のある方は、
事前にご予約のうえ、ぜひ一度その目で直接ご覧になってください。

▼日本語教師養成講座に関するお問い合わせはお電話からどうぞ▼
  フリーコール  0120-15-4149



aakum200 at 13:02|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年10月27日

日本語教師になる為の方法







今回は日本語教師になる為の方法をお伝え致します。

日本語教師として仕事を行う場合、ほとんどの教育機関で

■ 日本語教育能力検定試験合格者

■ 日本語教師養成講座420時間コース修了者

■ 4年制大学(短期大学を除く)において
  日本語教育に関する主専攻を修了し卒業する。
  または、日本語教育科目を26単位以上修得し卒業する 

上記3点が日本語教師になる為には重要となります。

社会人の方が「大学」を選択されるのは稀なケースですので多くの方が
民間の教育機関にて420時間コースを修了されるか、
日本語教育能力検定試験合格を目指しているのです。

日本語教育能力検定試験は合格率が20%前後と決して簡単な試験ではございません。ですので、まずは420時間コースを学びながら試験合格を目指すのが通常なのです

1年弱と長い期間が必要ですが、これらを突破すると
憧れの日本語教師まであと一歩です

日本語教師のお仕事は
韓国、中国、オーストラリア、アメリカなど
体ひとつで何処でも仕事が出来ます。 
これってもの凄いことだと思いませんか?
「日本で仕事がしたい!日本が好き」という外国の方に
日本語を教えながら日本の文化や日本の良い所を世界中に伝えられる方が
一人でも多く新潟から出る事を心から願う今日この頃です。

ただいまヒューマンアカデミー熊本校では◆ 個別説明会実施中 ◆ 
「聞いてみたい!」と思いの方はまずは校舎へお問い合わせ下さい!


--------------------------------------

お問い合わせはコチラまで
ヒューマンアカデミー熊本校

お電話
0120-15-4149(通話料無料)

メール
kumamoto.athuman@gmail.com

--------------------------------------

aakum200 at 14:14|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年9月19日

修了おめでとうございます♪


こんにちは!

入佐です(^_^)/




本日、ヒューマンアカデミー熊本校では
【日本語教師養成講座】を修了された方が
8名いらっしゃいました!


420時間という長いプログラムを無事に終了されました。

與縄講師が修了証をお渡ししているお写真です☆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓







修了される生徒さんが先週おっしゃっておられました。


「あ〜。ついに終わりか〜。」
「初めて授業に来た日はこんなにも難しいか〜。と肩を落として帰ったよ。。。」

と言われていました。

しかし、今日修了証を手にした生徒の皆様はとっても素敵な笑顔、
達成感に満ちあふれたお顔でした。
私はとても感動しました!元気をもらいました!


修了された皆さんと與縄講師、担当の松井さんです♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

修了された皆さんと日本語教師養成講座の皆さん、與縄講師と♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

日本語教師養成講座の皆さんは、本当に仲が良くて
いつも休憩時間には笑い声がたえません♪♪♪



修了された皆さん本当にお疲れ様でございました!


これからのご活躍を楽しみにしています!!





【日本語教師養成講座】
10月開講します、秋期生まだ募集しております。
残席残り3席となっております。
気になっている方はお早めにお問い合わせください☆

9月30日(水)までに校舎説明会に来られた方には
来校プレゼントを差し上げておりますヽ(^。^)ノ

気軽にお電話くださいませ♪

フリーコール : 0120-15-4149 (松井・齊藤まで)
メール : kumamoto.athuman@gmail.com







aakum200 at 18:25|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年9月10日

日本語教師セミナー開催!『今から始める日本語教師セミナー』

国際的なお仕事に興味がある方、必見必聴!
9月中旬に、熊本校で日本語教師特別セミナーを開催します!



今から始める
日本語教師セミナー




【日時】2015年9月19日(土)14:00〜15:30
【講師】與縄 友子
【参加費】無料




日本語教師になる為にはどうしたらいいの?年齢は?収入は?
――全部お答えします!

今回は、ヒューマンアカデミー熊本校の日本語教師養成講座の
担任でもある與縄友子先生より、【日本語教師】のお仕事について
体験談も交えながらお話しいただきます。

※参加希望の方は必ず事前にご予約ください。
※セミナー実施最少遂行人数(3名)を下回った場合は、開催中止といたします。
 予めご了承ください。



ご予約はお気軽に、下記お電話からどうぞ!

▼日本語教師セミナーへのお問い合わせ、ご予約はこちら▼
  フリーコール 0150-15-4149


aakum200 at 12:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年7月26日

【日本語教師養成講座】中上級実習はいろんな授業が見られます。

7月下旬から8月上旬にかけて、
日本語教師養成講座「中上級実習」を行っています。


学習者役に外国の方をモデルスチューデントとしてお招きして、
受講生の皆さんは日本語教師となって、模擬授業をやるんです。

中上級とは、学習者の日本語レベルが中級〜上級、
つまり、すでに日本語をある程度勉強されている方を対象とした授業内容です。



こちら模擬授業の様子。
前列には学習者(モデルスチューデント)が座っています。



増本さんの授業テーマ「日本人と宗教」

こどもの頃はお宮参り(神道)
結婚時には教会で挙式(キリスト教)
最期はお寺でお葬式(仏教)
――という、多宗教の日本についての話をしています。



佐藤さんの授業テーマ「日本の地理」
日本各地の祭りや名物などの話です。

松本さんの授業テーマ「日本の便利な店」
コンビニなど、日本にある便利なお店の話です。

徳冨さんの授業テーマ「日本の食べ物」
寿司(回転寿司)、お好み焼き、ラーメンなど、日本の食べ物の話です。

今村さんの授業テーマ「日本のスポーツ」
日本の武道についてや、先輩・後輩の考え方などの話もありました。



他の受講生の方々も、クラスメイトの授業をしっかり聞いていますよ。
これから自分の番って方は、すごい緊張されているかも。



坂西さんの授業テーマ「日本の伝統芸能」
狂言などの伝統芸能についての話です。

中山さんの授業テーマ「日本のテクノロジー」
人とロボットについての話です。ドラ●もんも日本のロボットですね(笑)。

高沢さんの授業テーマ「日本語のスピーチスタイル」
「実は〜なんです」「すみませんが、〜」口語表現などの話です。
学習者同士の会話をiPadで記録したりもしていました。



寺岡さんの授業テーマ「日本の伝統工芸」
和紙や折り紙などの伝統工芸の話です。
なんと、巨大折り紙登場!折り方も教えてくれましたよ。


それぞれオリジナルの教材をご準備しながら、工夫を凝らした授業が展開されています。
それから今回の中上級実習では、
各自テーマに合わせた会話が収録されている音声教材も使用していました。
(ラジカセやiPadで再生。)

創意工夫された授業は、とても興味深いですね。
次から次にいろんな授業が見学できて面白かったです。(^ω^)



熊本校の日本語教師養成講座は授業見学もできます!
日本語教師になるための勉強にご興味のある方は、
事前にご予約のうえ、ぜひ一度その目で直接ご覧になってくださいな。



▼日本語教師養成講座に関するお問い合わせはお電話からどうぞ▼
  フリーコール  0120-15-4149


aakum200 at 17:26|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年7月13日

【日本語教師養成講座】いつもの授業風景。

7月某日、日本語教師養成講座の授業を覗いてみました。


▲廊下の窓から覗いた授業風景。

この日は「日本語教育の5区分」というカリキュラムを履修されていました。

※5区分:社会・文化・地域/言語と社会/言語と心理/言語と教育/言語一般

この講座は、受講生の年齢層が幅広いうえに性別問わずなので、
いろんな方がいらっしゃいますよ。


▲講義中の與縄先生。

担任の與縄友子先生、熱弁中。
どんな内容を話しているかまでは分かりませんでした。残念。(´Д`;)



日本語教師養成講座は授業見学を実施中。
日本語教師になるためには一体どんな勉強が必要なのか――や、
この講座の受講を検討しているけど、教室の雰囲気を知りたい――など
お考えの方は、百聞は一見にしかずで直接授業をご覧になってみてください。




▼日本語教師養成講座に関するお問い合わせはお電話からもどうぞ▼
  フリーコール  0120-15-4149


aakum200 at 17:13|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年3月21日

【日本語教師養成講座】模擬授業で実践!初級実習

熊本校の日本語教師養成講座では、
2月〜3月に「初級実習」というカリキュラムに入りました。
外国の方々をモデルスチューデント(学習者役)としてお呼びして、
受講生は日本語教師(先生役)になって模擬授業を行う実習です。

この“初級”というのは、日本語レベルが初級の外国人が対象ということ。
つまり、「初級実習」というのは、まだ日本語に不慣れな学習者向けの授業を
行うというわけです。

数名の受講生さんの授業を見学させていただきました。
それぞれの授業の一部分をご紹介します!

↓↓以下、“先生”は模擬授業中の受講生さんのこと↓↓



 ▼嶋松正子さんの授業▼

テーマ:「て形」(“て”で終わる形の動詞)
例文:119番に電話をかけています。

動詞は活用の仕方によって3種類(3つのグループ)に分けられます。
※どんなふうに分けられているかは…Googleさんに頼ろう。

2グループ 例: 見ます ⇒ 見て  食べます ⇒ 食べて 
3グループ 例: します ⇒ して  来ます ⇒ 来て

ます”を取って“”をつければ「て形」になります。

1グループ 
例: 書きます ⇒ 書いて  読みます ⇒ 読んで  待ちます ⇒ 待って


1グループは、2・3グループのように“ます”を取って“て”をつけるだけとは
いかないようです。



先生の用意したイラストを見ながら、「て形」を使ってみました。

会話形式の文章を作って、学習者同士で会話します。
「何をしているのですか?」 「バスを待っています。」

さまざまな文章を作って、練習をしました。



最後に、『て形の歌』という、知る人ぞ知る歌もみんなで歌いました。
「て形」を歌のリズムに合わせて覚える方法のようです。
因みに『サンタが町にやってくる』の替え歌でした。
※て形の歌は、いろんな歌のバージョンで作られてるみたいですよ。

「て形」を覚えるといろんな文章に使えます。基本です。



 ▼佐藤友子さんの授業▼

テーマ:「あげます」「もらいます」

ホワイトボードに貼られた文章や用意されたイラストを見ながら、
「私は〜に、〜をあげました。」「わたしは〜に、〜をもらいました。」
という日本語を練習します。

「先生に本をあげます。」 「先生に本をもらいます。」
「友達にピザをあげます。」 「友達にピザをもらいます。」
「△△に本をあげます。」 「◇◇にピザをもらいます。」
(△△、◇◇は学習者の名前)

準備されたイラストボードには、アイテムが動く仕掛けまであったり。
下の写真だと、「あげます→もらいます」に合わせて赤い傘が移動してるんですよ。



学習者の実体験をもとに文章を作ります。
「△△さんは去年、友達の誕生日に★★をあげました。」

イラストに描かれているシチュエーションを見ながら、
会話の中での“あげます”“もらいます”を学びます。
Aさん「その時計、素敵ですね!」
Bさん「ありがとうございます。去年、父にもらいました。」
Aさん「いいですね!」
それから学習者がAさん役・Bさん役になって、このセリフを復唱しました。



最後に、もう一度“あげます”“もらいます”の例文を全員で復唱しました。



 ▼神田麻衣さんの授業▼

テーマ:「〜てください」
例文:写真をとってください。

「どうぞ、〜てください」の練習。

イラストを見ながらいろいろ文章を作り、その文章を練習します。
全員で復唱した後、学習者一人一人が声に出して言います。
「どうぞ、入ってください。」 「どうぞ、座ってください。」 「どうぞ、飲んでください。」



「すみません、〜てください」の練習。

Aさん「すみませーん!」 Bさん「はい。」
Aさん「すみませんが、ノートを見せてください。」 Bさん「はい、どうぞ。」

学習者がそれぞれAさん役またはBさん役になり、セリフを復唱します。

この後もセリフの中身を変えて、「すみません、〜てください」を練習しました。



「〜てください」は、人にお願いをするときによく使う言葉です。



 ▼永村洋藤さんの授業▼

テーマ:「〜てもいいですか」
例文:椅子に座ってもいいですか?

相手に尋ねる(許可を求める)ときに使う言葉です。

「〜てもいいですか?」と聞かれて、
いいときは「ええ、いいですよ。どうぞ。」
ダメなときは「すみません、ちょっと…。」と断ります。

ホワイトボード(動詞やイラストが掲示されている)を見ながら、
「〜てもいいですか?」の文章をいくつも作って練習します。
学習者の一人が言う→全員で復唱 という形でも練習しました。



ケーキ・ペン・電話のイラストを見て
「ケーキを食べます」 「ペンを借ります」 「電話をかけます」
という文章を作り、これを「〜してもいいですか?」に変えます。
「ケーキを食べてもいいですか?」 「ペンを借りてもいいですか?」
「電話をかけてもいいですか?」

会話文も練習します。
「ちょっとすみません。」 「はい。」 「このカタログをもらってもいいですか?」
「ええ、どうぞ。」 「どうも、ありがとう。」
「ちょっとすみません。」 「はい」 「煙草を吸ってもいいですか?」
「すみません、ちょっと…。」

学習者同士がペアになって、会話形式の例文を練習します。



因みに、教材として用意したイラストは、先生の娘さんに描いてもらったそうです。
う、うまい…!(・∀・)



 ▼森安眞津子さんの授業▼

テーマ:「〜ないでください」
例文:写真を撮らないでください。

「大きな声を出さないでください。」 「海の近くに行かないでください。」
「たばこを吸わないでください。」・・・などなど、文章をいくつも作りました。



それから、「ます形」から「ない形」への変換も行います。
例: ます形 「行きます」 「食べます」 ⇒ ない形 「行かない」 「食べない」

単語(動詞)を見せて、「〜ないでください」に変えたりもします。
例: 帰ります ⇒ 帰らないでください

さまざまな場面での「〜ないでください」を作って練習しました。





受講生一人ひとり、作成した教材や授業のやり方は実に様々でした。
皆さんそれぞれ凝った教材を準備されていましたよ。
教壇に立ってみて初めて分かることも多々あったと思います。

とある受講生さんは、
「もっと学習者に、質問するなどコミュニケーションをとればよかった〜」と
実習を振り返って内省していらっしゃいました。

今後行われる「中上級実習」や、模擬じゃない本番(日本語教師になってから)の
授業に、きっとこの日の経験も活かされるはずです。
「教壇に立てる力」を養うのは並大抵のことではないと思いますが、熊本校で
存分に学んくださいね。



ブログの左側にある「カテゴリ」から「講座説明会&授業体験会」⇒「日本語教師」を
クリックすると、日本語教師養成講座に関する案内記事がご覧いただけます。

▼日本語教師養成講座に関するお問い合わせはこちら▼
    フリーコール  0120-15-4149

aakum200 at 13:21|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年12月15日

Smile Human Project <日本語教師養成講座 編>&修了生が来てくれました!

とある日の日本語教師養成講座の授業に、修了生の丸山裕美さん
いらっしゃいました。

今年9月に当講座を修了された丸山さん。
日本語教師になるという夢を叶え、現在 熊本市内の某日本語学校にお勤めです。



日本語学校でのお仕事内容や、生徒である外国人留学生のこと――などなど、
いろんなお話を聞かせてくださいました。

丸山さんの職場であるその学校は、ベトナムからの留学生が多いんですって。
これから行く行くは自分の国に貢献したい、自国を豊かにしたいと考える若者が
日本に来て勉強しているのだとか。

日本語を教えるだけでなく、母国と日本の違いや日本の生活習慣を教えることも、
日本語教師としてのお仕事のメインになっているそうです。



現受講生さんからもあれこれ質問が飛び出していましたよ。
現役日本語教師(しかもつい先日までクラスメイト)の経験談はとりわけ興味深いです。


▲丸山さん《左》と、與縄先生《右》。

授業修了後も、担任の
與縄友子先生と仕事についてお話をされていました。
これからは日本語教師の先輩後輩にもなりますね。

丸山さん、またいつでも校舎にいらしてくださーい!!! (^ω^)ノ"





せっかくなので、これ幸いにと
ただいま進行中の「Smile Human Project」にも参加していただきました。ふふっ

丸山さんの「ヒューマンアカデミーで笑顔になった瞬間」は・・・
日本語教師 叶いました



まぁなんて超いい笑顔。(*・∀・*) 



Smile Human プロジェクト
全国から集まった笑顔のメッセージがいっぱい! ぜひご覧ください!!
http://event.athuman.com/smile/




日本語教師というお仕事や、海外でのお仕事にご興味のある方は、
お気軽に熊本校までご相談ください。授業見学も実施してますよ!

▼日本語教師に関するお問い合わせはこちら▼
  フリーコール  0120-15-4149

aakum200 at 11:25|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年8月8日

【日本語教師養成講座】ご修了おめでとうございます!

この日の日本語教師養成講座の授業をもって
修了日を迎えた受講生さんがいらっしゃいました。

この度、晴れてご修了となるのは齊藤恵理さん



担任の與縄友子先生から、修了証が授与されます。



ご修了、おめでとうございます!\(^□^)/

齊藤さんは、特別に時期外れの途中入講をされてましたので、
なんと3クラスを跨いでの受講となっていたそうです。
クラスメイトも3クラス分。仲間がいっぱいでしたねー。



現在のクラスメイトの皆さんからも、プレゼントが贈られました。

その後、もうすぐお別れとなる仲間達の前で
これまでのこと、これからのことをお話していただきました。

齊藤さんは、、近々渡米される予定とのことです。
「アメリカでも何か日本語を教えるような仕事に携われたらいいな」
と仰っていました。
アメリカでは是非、日本と日本語の良さをお伝えくださいね!


▲與縄先生《左》と、齊藤さん《右》。

長い期間、お疲れ様でした。
機会がございましたら、いつでも校舎にお立ち寄りくださいね!





ヒューマンアカデミー熊本校の日本語教師養成講座では、
受講相談会や授業見学会を実施しております。

このブログの左側にある「カテゴリ」から
「講座説明会&授業体験会」⇒「日本語教師」をクリックで、
日本語教師養成講座に関する案内記事がご覧いただけます。

▼日本語教師養成講座に関するお問い合わせはこちら▼
    フリーコール 0120-15-4149

aakum200 at 17:22|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年4月1日

【日本語教師】一年間お疲れ様。ご修了おめでとう!

3月下旬の木曜日に行われた日本語教師養成講座
授業をもってご修了される受講生さんが、2名いらっしゃいました。

井 博司さんと、新道かおりさんです。

授業終了後、担任の與縄友子先生から修了証書が授与されました。



井さん、ご修了おめでとうございます!



新道さん、ご修了おめでとうございます!



井さんから、最後のご挨拶。
授業の思い出や皆さんへのメッセージを語っていただきました。
教室から響いてくる爆笑。一体どんな話してたの!?




新道さんからも、最後のご挨拶。
授業の思い出や皆さんへのメッセージを語っていただきました。
仲の良かったクラスメイトなので尚更、別れは寂しくなりますね。



これから先、日本語教師としてたくさんの外国人の方に
日本語の良さと日本の良さを伝えてくださいね。



約一年間ほぼ毎週ご通学されていたお二人ですが、
ついに授業最後の日を迎えてしまいましたよ。

さびしいねー。・゚・(ノε`)・゚・。



とはいえ――

ご修了、おめでとうございます!\(^□^)/


次回の授業から、日本語教師養成講座は新入生を迎えます。
新しい出会いですね。





ヒューマンアカデミー熊本校の日本語教師養成講座では、
受講相談会や授業見学会を実施しております。

このブログの左側にある「カテゴリ」から
「講座説明会&授業体験会」⇒「日本語教師」をクリックで、
日本語教師養成講座に関する案内記事がご覧いただけます。

▼日本語教師養成講座に関するお問い合わせはこちら▼
    フリーコール 
0120-15-4149


【補足】
 日本語教師養成講座は、毎週土曜日の日中が授業日なのですが、
 受講生の人数が多いため、実習カリキュラムの時だけ土曜日と木曜日に
 分けられてました。で、この日も実習でした。
 なのでいつもは土曜日ですよ。木曜日なのは例外ですよっ。


aakum200 at 03:28|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年3月21日

【日本語教師養成講座】ご就職おめでとうございます!

日本語教師養成講座のご修了を目前に控えている
受講生・新道かおりさんのご就職が決定しました!


▲今回の主役、日本語教師養成講座受講生・新道かおりさん。

ご就職先は「九州測量専門学校」。

この学校にて約4年前に開設された「日本語科」で、
日本語教師としてお仕事されます。

まずは先輩方の授業のお手伝いという形でスタートし、
慣れてきたらクラスを受け持ち授業を行う予定だそうです。


▲担任の與縄友子先生《左》と、新道さん《右》。

新道さんはこどもの頃にご自身が習っていた英会話の外国人教師に
憧れて「私も海外の人に母語を教えてみたい」と思うようになったのが
最初のきっかけ。
その後、大学での国際交流の経験を経て、日本語教師を本格的に
目指されました。

日本語教師は日本語を教えるのは勿論のこと、
日本に住む外国人の生活のサポートもするお仕事。

学習者が日本に来てからの成長を間近で見られることに、
新道さんもとてもやりがいを感じていらっしゃいます。

ご就職、おめでとうございます!\(^□^)/

新道さんの将来の夢は
「国内・海外に限らず日本語教師として活躍すること」です。
その夢なら叶う日はそう遠くないんじゃないかなーっと思います。





このブログの左側にある「カテゴリ」から
「講座説明会&授業体験会」⇒「日本語教師」をクリックで、
日本語教師養成講座に関する案内記事がご覧いただけます。

▼日本語教師養成講座に関するお問い合わせはこちら▼
    フリーコール 0120-15-4149

aakum200 at 03:21|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2013年12月9日

【日本語教師養成講座】日本語教師のお姉様がお見えになりました。

11月も終わりとなる日。
日本語教師養成講座
の修了生・古財朝子さん
久し振りに校舎にいらっしゃいました。



数年前の日本語教師養成講座修了生・古財さん。
数年前と言ってもそんなに前じゃあないですよ。

古財さんは講座をご修了された後、日本語教師として活躍中。

現在は、韓国の釜山大学前にある「あさひ日本語学院」という
日本語学校で講師をしていらっしゃいます。

毎週土曜日は日本語教師養成講座の授業日。
ご来校されたこの日も土曜日でしたので、授業中のクラスに入り
韓国での体験談をお話しいただいたそうです。



現在の、日本語教師養成講座のパンフレットをご覧になってます。
古財さんが受講中の頃と内容が変わっていたりしますかねぇ?




古財さんと、現在の日本語教師養成講座担当スタッフの松井さん。
古財さんが受講中の頃と担当は変わっています。なので初対面?


古財さんは丁寧な物腰と清楚な雰囲気の、素敵な女性でした。
きっと日本語教師のお仕事でも素敵な先生として
生徒さん達に慕われているんだろうなーと思います。(*^^*)





ヒューマンアカデミー熊本校の日本語教師養成講座では、
受講相談会や授業見学会を実施しております。

このブログの左側にある「カテゴリ」から
「講座説明会&授業体験会」⇒「日本語教師」をクリックで、
日本語教師養成講座に関する案内記事がご覧いただけます。

▼日本語教師養成講座に関するお問い合わせはこちら▼
    フリーコール 0120-15-4149

aakum200 at 10:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2013年10月15日

【日本語教師養成講座】実習お疲れ様→ちょっとお休み

ヒューマンアカデミー熊本校の日本語教師養成講座

前回の記事の日。実はこの日で授業がいったん一区切りでした。



担任の與縄友子先生からも、これまでの授業の感想や
日本語教師というお仕事についてのお話をされました。



受講生、先生、モデルスチューデントの皆さん揃って記念撮影!
良い笑顔ですよー (^ω^)

皆さん、お疲れ様でした!

間にお休みを数週はさみ、
次回からは10月スタート生(新入生)を迎えて授業再開です。

新しい仲間達とともに、日本語教師を目指して頑張りましょうね!





ヒューマンアカデミー熊本校の日本語教師養成講座では、
受講相談会や授業見学会を実施しております。

このブログの左側にある「カテゴリ」から
「講座説明会&授業体験会」⇒「日本語教師」をクリックで、
日本語教師養成講座に関する案内記事がご覧いただけます。

▼日本語教師養成講座に関するお問い合わせはこちら▼
    フリーコール 0120-15-4149

aakum200 at 09:27|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2013年10月7日

【日本語教師養成講座】中上級実習 「いう」

 ヒューマンアカデミー熊本校の
 
日本語教師養成講座

 前回もご紹介した
 「中上級実習の模擬授業。
 その翌週も同じく実習でしたので、
 またもや見学してきました!


 実習を見ている側の受講生や
 担任の與縄友子先生も超真剣。

 仲間の受講生が行う授業を見るのも
 勉強になりますものね。

 え? やだなぁー
 ワタシ邪魔ナンテシテマセンヨ。

 ほら、ちゃんと聞く気も満々。
 しっかりメモる準備も万端。


 ていうか君は誰なのかって?
 
 ――あっ、もう実習が
 始まっちゃっいましたよっ!




講座受講生を先生役、モデルスチューデントとしてお呼びしている
外国の方々を学習者役として、模擬授業を行います。

今回は、井 博司さんの実習を見学させていただきました。



▼以下、“先生”=井さんのこと▼

まず、学習者に「いやな言葉は何ですか?」などの質問を、
個々に問いかけます。
学習者一人一人が答え、先生はその都度一人一人に応じます。

こうして軽くコミュニケーションを図ってから、授業テーマに入ります。

「今から読む文章の中で2つ、一緒に勉強したい言葉があります。」



いうというテーマで授業が行われるようです。

このテーマの文章(プリント)が予め配布されています。



【〜つもりで】

「・・・つもりで・・・」 という言葉で、例文を作ってみましょう。



《例文1》

「ハイキングに行ったつもりで歩いて行った。」

例文を作った後、具体的にどういう状況なのかも先生は説明します。

例えば、「街でお酒を飲んで車を運転できなくなったので 
長距離を歩いて帰らなくては行けない時など」――というふうに。



《例文2》

「死んだつもりで勉強した。」

実はこの例文。
はじめは「死んだつもり」が一体どういうことなのか
なかなかピンと来ず、どう意味を伝えればいいのかも難しく、
先生も戸惑っていたようでした。

しかし、例文に対して学習者からの質問があり、
その質問に応じて何度か受け答えしていくうちに、
つまりは「一所懸命にやる」といった意味であると伝わったのです。

先生が学習者と一緒になって文章の意味を理解していく様を
間近で見られて、密かに感動したとかしないとか。
(ぃゃ、したんですってば。)



次に、この言葉を勉強します。

【〜させられる】

「・・・させられる」 という言葉で、例文を作ってみましょう。

《例文》

「タバコをやめさせられる。」

「まだ下手なのに日本語で説明させられた。」


――などなど。



予め配布されたプリントの文章を読んで、質問に答えてもらいます。

《質問A》 読みながら考える。

《質問B》 読んだ感想を言う。


まず一人で、声に出さないで読んでみましょう。
読みながら、《質問A》の答えを考えてみて下さい。

※どうやら、配布プリントには文章と、
 その文章に対する質問A・Bの問題文が書いてあるようです。

《質問Aの例題》

「電車のアナウンスはどんな感じがすると言っていますか?」

「若いお母さんはどんな投書をしましたか?」

答えを考えた後、学習者お隣同士で答えを確認し合います。

《質問B》には
「人に何かを伝えるとき、一番大切なのは何ですか?」
という内容があったのですが。

この答えは、文章に書かれている内容から読み取るのではなく、
学習者自身が何だと思うのかを各々答えてもらいました。

学習者の皆さんは、お一人ずつ思い思いに答えます。


▲先生が影分身の術を使ってます。嘘です。

こうして、約25分間の模擬授業は無事終わりました。



井さんは、学習者一人一人に問いかける場面が多く見られ、
双方向コミュニケーションを心掛けていらっしゃるんだろうなー
という印象でした。

 学習者の皆さんへフレンドリーに
 明るく話しかける様子はまるで
 教育テレビのお兄さんのようです。

 ――なんてことを一度考えたら
 井さんへのEテレ的イメージが
 払拭できなくなったんですけど
 どうしましょう。





ヒューマンアカデミー熊本校の日本語教師養成講座では、
受講相談会や授業見学会を実施しております。

このブログの左側にある「カテゴリ」から
「講座説明会&授業体験会」⇒「日本語教師」をクリックで、
日本語教師養成講座に関する案内記事がご覧いただけます。

▼日本語教師養成講座に関するお問い合わせはこちら▼
    フリーコール 0120-15-4149

aakum200 at 09:27|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2013年10月6日

【日本語教師養成講座】中上級実習「たべる」

ヒューマンアカデミー熊本校の日本語教師養成講座
今年9月、やってきました実習授業。
只今中上級実習というカリキュラムに入っています。 

講座受講生を先生役、モデルスチューデントとしてお呼びしている
外国の方々を学習者役として、模擬授業を行います。

今回は、高田由美子さんの実習を見学させていただきました。



▼以下、“先生”=高田さんのこと▼

まず、「○○さんも□□さんも元気ですか?」と
学習者に明るく声を掛けてから、授業をスタートしました。



たべるというテーマで授業が行われるようです。

“食べる”イメージが湧きやすいように、ホワイトボードには
女子会や一家団欒シーンの画像が貼ってあります。



【「たべる」の中に出てくる“新しい言葉”】

“食べる”というシチュエーションで出てくる言葉を学びます。

《例題》

〈1〉 「すっかり」 例:料理の手はすっかり止まってしまった。

〈2〉 「結局」 例:こんなことで結局この騒ぎは終わった。

〈3〉 「口にしてみる」 例:口にしてみると、思ったより美味しい。


――などなど。



【「どうしたら・・・か」の言い方を練習】

「どうしたら・・・か」という言葉の使い方を練習します。
先生が予め配布されたレジュメに、
一部を穴あきにした例文があるので、それを基に練習します。

《例題》

〈1〉 医者に、どうしたら〔   〕かと聞いてみると
     〔   〕と答えが返ってきた。

〈2〉 タバコをやめた人に、どうしたら〔   〕かと聞いてみると
     〔   〕と答えが返ってきた。

――などなど。
学習者は穴あき部分〔 〕に言葉を入れて、本文を読みます。





【物語を読んだ後、質問に答える】

“食べる”に関する場面のある短い物語を先生が音読します。
その間、学習者は黙読します。

読み終えた後で、物語の内容について質問されるので、
学習者に答えてもらいます。

《例題》

〈1〉 どうして料理の手はすっかり止まってしまったのですか?

〈2〉 みんなで話して結局どうなりましたか?

〈3〉 友達を作るには何をすることが大切だと言っていますか?


――などなど。



【言葉を入れて本文をまとめる】

一部が穴あきになっている文章問題があり、
その穴あき部分に言葉を補って文章を完成させます。
問題を回答して全部の文章を完成させると、
どうやら先程読んだ物語がまとめられた内容になるようです。

《例題》

〈1〉 世界は広いのだから、トマトの皮をむく人もいれば
     〔   〕人もいる。

〈2〉 皮がついているか、いないかは〔   〕ではない。

〈3〉 それよりも〔   〕テーブルを囲んで
     飲み 食べ 〔   〕に笑うことが大切だ。


――問題は続く。でも省略。





【皆さんはどのようにして友達作りをしますか?】

“友達作り”の話題も出ましたので、先生から提案がありました。

「自分をアピールすることも大事だと思います。」
「アピールするために楽しい歌を作りました。」


予め準備しておいたピアノ伴奏(先生自身が弾いたもの)の
録音データを流しながら、
『大きな栗の木の下で』の替え歌をご披露してくれました。

「世界の真ん中で楽しく笑おう」という内容の歌詞で、
世界中の人と友達になりたいという気持ちを表すような歌です。



こうして、
約25分間の授業は先生の朗らかな替え歌で幕を閉じました。
25分ってアッという間なのね。



高田さんの授業で印象的だったのが、話し方。
ゆっくりと、そしてハッキリとした通る声で話す授業は
とーっても聴きやすかったのです。

授業後に知ったのですが、高田さんは元・保育士さん。

だからピアノ伴奏もご自身でできたのですねぇ。
話し方だけでなく、先程の明るい歌声も保育士さんっぽい。

うんうん、「以前は保母さんだった」と聞いて、超納得。(・∀・)
高田さんは常日頃から笑顔を絶やさない人なんですが、
園児達に囲まれてニコニコしている過去も容易に想像できます。
勝手に人様の過去を想像している点については目を瞑っていただきたい。

ご本人も「こんなところで(保育士の)経験が活かせるなんて」
顔を綻ばせていました。

これまでの人生経験がこんなふうに思わぬ形で活かせるのも、
「日本語教師」の大きな特徴ですね。



 実はこの時、実習を
 見学している子がいましたよ。

 一体何をしているのかって?
 っていうか一体何者かって?

 それはまた、別の話。
 (一度張ってみたかった伏線。)





ヒューマンアカデミー熊本校の日本語教師養成講座では、
受講相談会や授業見学会を実施しております。

このブログの左側にある「カテゴリ」から
「講座説明会&授業体験会」⇒「日本語教師」をクリックで、
日本語教師養成講座に関する案内記事がご覧いただけます。

▼日本語教師養成講座に関するお問い合わせはこちら▼
    フリーコール 0120-15-4149

aakum200 at 09:23|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2013年3月23日

【日本語教師養成講座】初級実習であげたりもらったり。

2013年3月某日。
ヒューマンアカデミー熊本校の
日本語教師養成講座では、
外国人の方をモデルスチューデントを(学習者として)招いて
初級実習が行われました。

持ち時間1人40分、受講生が教師となり模擬授業を行います。


こちらの実習を見学させていただきました。ヽ(*´∀`*)ノ


熊本校の日本語教師養成講座担当・與縄友子先生
後方の席から模擬授業をチェックしているのでありますよ。



▼以下、模擬授業での「先生」は受講生さんのこと▼



<あげます もらいます>
「あげます もらいます」の使い方を学習します。


【ホワイトボードを使って先生が教えます】
「バナナをあげます。バナナをもらいます。」
「はなこさんにあげます。たろうさんにもらいます。」
「はなこさんにバナナをあげます。たろうさんにバナナをもらいます。」

何をあげるのか何をもらうのか、誰にあげるのか誰からもらうのか、
ホワイトボードや手作り教材を活用しながら解りやすく教えています。


先生が用意している例題となる単語(バナナ等)を用いて、
さまざまな「あげます」「もらいます」の文章を声に出して練習します。

先生と学習者で、それから同じ学習者同士で練習します。

【先生と学習者とで練習】

「私はZさんにコーヒーをあげます。」「私は先生にコーヒーをもらいます。」
「私は先生にチョコレートをあげます。」「私はJさんにチョコレートをもらいます。」

【学習者同士で練習】
「私はSさんにパンをあげます。」「私はNさんにパンをもらいます。」

【相手の組のやりとりを見て】
「SさんはNさんにケーキをあげます。」「NさんはSさんにケーキをもらいます。」



続いて、違う言葉も学習しました。

嗚呼、はなこ嬢がどうやらすごく困っているのだよ。


<かします かります>
「貸します 借ります」の使い方を学習します。

【ホワイトボードを使って先生が教えます】

「カサを貸します。カサを借ります。」
「はなこさんに貸します。たろうさんに借ります。」
「はなこさんにカサを貸します。たろうさんにカサを借ります。」



【先生と学習者とで練習】
「私はNさんにノートを貸します。」「私は先生にノートを借ります。」
「私は先生に消しゴムを貸ます。」「私はSさんに消しゴムを借ります。」

【学習者同士で練習】
「私はZさんにハサミ貸します。」「私はJさんにハサミを借ります。」

【相手の組のやりとりを見て】
「ZさんはJさんにボールを貸します。」「JさんはZさんにボールを借ります。」

こんなふうに、いくつもの単語で用例文を作っては復唱しました。
実際は、上記以外の他にもいろんな単語で練習したんですよ。





授業(実習)時間も残り僅かになってきたところで、
先生の作った問題プリントが学習者に配られます。
※他の受講生&與縄先生にも配られています。


今習ったばかりの日本語の問題を解いています。
時には先生に助けてもらいつつも答えを書いています。


解いたら、学習者のみなさんから解答を発表していただきます。

具体例をたくさん出して繰り返し練習することで、
「あげます」「もらいます」「貸します」「借ります」の使い方が
覚えられた授業でした。



私、「あげます」とかっていつどうやって覚えたんだっけ?
こんなふうに丁寧に教わった記憶はないのだけれど。


日本語教師というお仕事についてや、日本語教師養成講座の
授業に興味のある方は、まずは授業見学してみませんか?






日本語教師養成講座 4月生開講間近となっています。
ただいま講座説明会を開催中です。ご希望の方はお急ぎ下さい。


▼日本語教師養成講座に関するお問い合わせはこちら▼
  フリーダイヤル 0120−15−4149


aakum200 at 21:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年10月20日

【日本語教師養成講座】また一人、二人、三人、四人旅立っていきます。

10月13日(土)に、ヒューマンアカデミー熊本校の日本語講師養成講座から、
4人の受講生さんが旅立ちました。


↑こちら、
西鶴淳一先生が手にされてますのは
様々なカリキュラムをこなして頑張って学ばれた方に贈られる修了証書。


先生の手から、受講生さん一人ひとりに修了証書が授与されました。









日本語教師になるには、420時間もの単位を取得しなくてはいけません。
そのうえ、「日本語教育能力検定」に合格する必要もあるんですよ。

修了された4名も、普段はお仕事しながら夜の僅かな時間や休日を利用して
通学しながら懸命に勉強されていました。

これまで受講生そしてこれから修了生となる皆さん、おめでとうございます!

今後、皆さんが日本語教師として活躍される日を楽しみにしています。


* * * * * * * * *  

ヒューマンアカデミー熊本校の日本語講師養成講座では、受講相談会や授業見学会を定期的に開催しています。
日本語教師を目指したい方も、まだ日本語教師という職業がよくわからない方も、ご興味があれば是非ご参加下さい。

このブログの左側にある「カテゴリ」から「講座説明会&授業体験会」の中の「日本語教師」をクリックすると、日本語教師養成講座に関する相談会や体験案内の記事がご覧いただけます。

▼日本語教師養成講座に関するお問い合わせはこちら▼
  フリーダイヤル  0120−15−4149

aakum200 at 09:20|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年8月1日

【日本語教師養成講座】中上級実習スタート

7月21日(土)、日本語教師養成講座では中上級の実習が始まりました。
この日は、6名の受講生さん達が1人15分の短い実習を行いました。

実習の為に、“学習者”役として外国の方(モデルスチューデント)にご協力いただいております。

4名(3人目から)の実習の様子をご紹介します。(最初2人目までは見学を逃してしまった…orz)

* * * * * * *

こちらは、すみません、○○を使わせていただいても、よろしいですか?という丁寧な日本語についての学習です。(○○には名詞が入ります。)

○○にいろんな名詞を入れて、『すみません、○○を・・・』と音読します。
そして言いながら実際に○○(ペンとかタオルとか電子辞書とかetc.)の貸し借りも行ってみます。
先生(受講生)が常に笑顔で優しく授業を行っていたのが印象的です。

「何かを使わせてもらいたい時には、『すみません、○○を使わせていただいても、よろしいですか?』と言うといいですよ。是非使ってみてください。」と先生(受講生)からの締めの一言で模擬授業が終わりました。

前々からの疑問なのですが。(・з・)
外国語にも日本の敬語みたいな丁寧な表現ってあるのでしょうか?
(吹替え版の映画とかで敬語を聞く度疑問に思うのです。敬語のない国の人だったら、日本語って相当難しいんだろうなー)

* * * * * * *

続きまして。
模擬授業が始まって早々、まさかのギター演奏が!

弾き語るはあの名曲『上を向いて歩こう』。しかも激ウマ。(・∀・)

演奏が終わると、『上を向いて歩こう』についての解説が。
「『上を向いて歩こう』はメロディもさることながら、歌詞もすばらしいです。」
そこから、『〈Aもさることながら、Bの使い方の講義に入っていきます。(〈A〉・〈B〉には名詞が入ります。)

〈A〉や〈B〉に名詞を入れていきながら、どんな場面、どんな場合に使うのかを説明します。
〈1〉ある1つのことについて良いところを2つ言う。
例:「この料理は味もさることながら、見た目すばらしいです。」
〈2〉目標に対して、必要なことを2つ言う。
例:「ダイエットを成功する為には食べる量を減らすこともさることながら、運動すること大切だ。」
話し言葉というより書き言葉で、日常会話よりもニュースで聞く言葉(とはいえ、会話で話すのに使ってもいい)という補足もつきました。

この後。
先生(受講生)から予め配布されていた『〈A〉もさることながら、〈B〉も』の例文を作る問題を学習者に答えてもらい、問題の一部分をお1人ずつ発表してもらいました。
残りの問題は宿題にして――授業は終了しました。

* * * * * * *

更に続きまして。
次の先生(受講生)は、なんと中国語での挨拶から入りました!
学習者の心をガッツリ掴んだところで、〜にひきかえという日本語の講義が始まります。

ホワイトボードの左側には、授業の例文に出てくる単語の中国語が掲示してあります。
『〈__〉にひきかえ、〈__〉。』の、〈__〉にはそれぞれどのような言葉が入るか、等の説明がされていきます。
例1:「おとなしい姉にひきかえ、妹は活発だ。」
例2:「兄は努力家なのにひきかえ、弟は怠け者だ。」
例3:「我が家では、父が頑固なのにひきかえ、母はとても考え方がやわらかい。」


その後、先生(受講生)から配布された問題を学習者に答えてもらいました。
とても丁寧で落ち着いた授業が進んでいました。
話し方等もかなりスムーズでしたので先生(受講生)に尋ねてみたところ、講師経験がおありだそうで。
さすが成程やっぱりー。(^□^)

* * * * * * *

更に更に続きまして。この日最後の模擬授業。
●●つつあるという日本語についての講義です。

例1:「景気は徐々に回復しつつある。」
例2:「日本の人口は徐々に減りつつある。」
例3:「洗濯物が乾きつつある。」

日本の少子化が進むと30年後には人口が2千万人減って1億人くらいになる。――と時事問題をまじえつつ、『●●つつある』について説明が続きます。
私も少子化を進めている1人。うぅ、耳が痛いぃ。(´Д`;)

●●には、動詞の変化形「マス形」の、マスを取ったものが入ります。
※マス形⇒「回復します」「減ります」「乾きます」
変化の最中を表し、「だんだん●●している」という意味を持ちます。

この後、先生(受講生)から配布された問題を学習者が答えていきます。
学習者がちょっと間違えていたら、先生(受講生)も一緒に正しい使い方を探していきます。

* * * * * * *

6名全員の模擬授業が終わった後。
先生(受講生)と学習者(モデルスチューデント)による質問会が行われました。

次回の実習では、時間も長い本格的な模擬授業に入るので、円滑に授業を進める為にモデルスチューデントとお話をしておくのです。

質問したり、逆に質問されたり。
ニックネームや趣味、日本に来た理由等を聞いて、そこから話を広げて、日本についてや中国についての話題で盛り上がりました。
例えば、バスケットボールの話が出たら「スラムダンク知ってる?」と聞いたり、乗馬が趣味という話が出たら「熊本では馬を食べるけど、他の都道府県では食べない」等々。

因みに、講師の西鶴淳一先生も馬は食べないそうです。
(馬刺しとか馬スジ煮込みとか美味しいのになぁ――と思う私は肥後の人。)

* * * * * * *

海外、特にアジアでは日本語学習者が増えています。
外国人に日本語を教える「日本語教師」というお仕事に興味のある方は、是非ヒューマンアカデミー熊本校までご相談下さい。
日本語教師としての指導技術や基礎理論の習得は勿論のこと、検定試験対策講座もあるヒューマンアカデミーですので、日本語教師の資格取得まで全力でサポート致します。

▼日本語教師養成講座に関するお問い合わせはこちら▼
  フリーダイヤル 0120−15−4149


aakum200 at 09:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年6月19日

【日本語教師養成講座】指導法、始動。

土曜日は朝から夕方まで日本語教師養成講座の授業が行われています。
6月2日(土)の14:20頃の授業の様子をちょっと覗いて来ました。

この日の授業から「中上級指導法」に突入しました。講師は
西鶴淳一先生先生です。
外国の方が「日本語能力試験」を受ける為の指導法を学んでいます。

さてさて。この「日本語能力試験」ですが。
この試験は、日本語を母語としない方がどのくらい日本語が使えるかを測定し、認定する試験です。ざっくり例えるなら、日本人が英検受けるようなものです。
この「日本語能力試験」を受ける外国人に対して、どういうふうに指導していくか――を学習します。
「日本語能力試験」にはレベルがあり、高い順から「N1,N2,N3,N4,N5」となっています。
初級レベルは「N3」(日本語学校等に通う方が基準)ですが、今回からの授業では「中上級」の指導法を学習しますので、「N2(中級)」「N1(上級)」の試験を受ける外国人が指導対象者となります。

未来の教え子達がどんな試験を受けるのかが解っていないといけません。
まずは日本語教師を目指す受講生達が、実際にこの「日本語能力試験」の問題を解いてみて、その後で指導法の講義に入りました。
この日は「N2」の問題をやりましたよ。


この写真撮影時は“「語」の教え方”という講義です。

例えば――
 彼女はとてもほがらかな人ですね。
――という文の中で、学習者が「ほがらか」という言葉の意味が解らないときに。
直説法」という指導法では学習者の母語で訳するのではなく、他の言葉(日本語)や例文を作って説明をします。
試験では、「元気」「やさしい」「明るい」「親切」「真面目」など、「ほがらか」に似た言葉4つの選択肢の中から、「ほがらか」に一番近い言葉(=答え)を選びます。

試験を受ける外国人の方が正しく解答出来るようになる為、その語彙の意味を説明したり、選択肢にある他の言葉の意味も教えることになります。

まずは自分ひとりで、指導する語彙の意味を調べます。

学生時代に必ず使ったあの分厚い辞書を使って調べる人もいれば

コンパクトな電子辞書を使う人もいます。

携帯電話を使ってWeb辞書で調べる人も。

授業中に勝手にケータイいじってるんじゃないんですよ。(確かにいじってはいますがね)
先生から「今の時代はケータイからでも調べられますよ」と紹介されて使ってるんですからねー。


一人ひとり、それぞれの方法で“語”の意味を調べていきます。

1人で調べていくと、どうしても行き詰ってしまいます。
ですので、今度は2人で話し合いながら言葉の意味を調べていきます。



1人ではイマイチ解らなかったことも、2人でなら解ることがあります。

こうして意味を調べた後は、調べた言葉の意味を各々で発表してもらいます。

あ、しまった。写真では誰が発表中なのか判らない。Σ( ̄⊥ ̄lll)

この際
〈1〉言葉の意味を紹介して、
〈2〉解りやすくなるよう例も交えて説明します。

1人発表する毎に、先生からのアドバイスがあります。
「ただ例文を使うのではなく、その例文の意味も教えてあげた方がいい…」等々。

ここで大変なところは。
言葉の意味を教える相手は“外国人”だというところ。
ただ辞書で調べれば意味なんて解りそう――と思いきや、その辞書に載っている説明文が外国の方には難しいので、辞書の内容をそのまま教えるわけにはいかないんですよねぇ。
ですので、例も交えて解りやすく教える必要があるんです。

こうして、「語彙」の指導法の講義は進んでいきました。


カメラを向けられて含羞む西鶴先生。
写真を撮られることがとても苦手な先生なのですが、超笑顔が撮れてますよ。

日頃自分では当たり前のように使っている日本語、まだうまく日本語が使えない外国人に教えるのは至難の業ですね。日本人相手の国語の授業とはまったく勝手が違います。

上述でさんざん連呼している「日本語能力試験」ですが。
外国の方が大学院に入学するには「日本語能力検定のN1に合格」が条件になっている場合もあり、外国人留学生にとっても非常に重要な試験なんですよ。

日本語能力試験」のサイトにはN1からN5までの試験問題例(受験者向け)がありますので、興味のある方は試してみて下さい!

* * * * * * *

約1時間後くらい?に、教室の前を通りすがったので撮影。


どうやら“文法項目(表現)の教え方”の授業に移っているようです。

通りすがりなので詳しい授業の内容までは聞きませんでした。(ォィ)

* * * * * * *


将来は海外で生活したいという夢をお持ちの方、海外で生活する為に「日本語教師」というお仕事のスキルを身に付けませんか?
諸外国では日本語教師に需要が年々増えてきていますよ。


▼日本語教師養成講座に関するお問い合わせはこちら▼
  フリーダイヤル 0120−15−4149

ヒューマンアカデミー熊本校 6月の授業スケジュールこちら

※えぇ、記事タイトルは駄洒落ですが。何か問題でも?

aakum200 at 16:07|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年3月28日

【日本語教師講座】教育実習2日目 & 見学会のご案内

ヒューマンアカデミー熊本校の日本語教師養成講座は、只今実習期間。
先週に引き続き、3月24日(土)の授業も実習です。

事前に受講生自ら作成した資料や計画進行表等を他の受講生や先生に配布し、それを基にまず先生から実習の流れ等の説明があった後、いよいよ模擬授業の開始です。

今回は、石嶋美佳さんの模擬授業を見学致しました。

自己紹介の後、テキストの内容に入ります。
この授業では、テキストの第36課を学習するようです。


内容は「可能形」
例えば「行きます」→「行けます」、「出ます」→「出られます」のように、動作・行為をすることが可能な状態にあるということを述べる形式の文法です。

可能形は 1(T)グループ、2(U)グループ、3(V)グループ とタイプが分かれているらしく。
例えば――
 1(T)グループ・・・「歩きます」→「歩けます」
 2(U)グループ・・・「食べます」→「食べられます」
 3(V)グループ・・・「来ます」→「来られます」
――といったグループ分けになります。正直、私には違いが解りません(キッパリ)。

前回同様、日本語初級レベルの外国人の方達にモデルスチューデント(生徒役)としてご協力いただいています。


「換えます」→「換えられます」、「休みます」→「休めます」、「会います」→「会えます」、「持ちます」→「持てます」、「話します」→「話せます」 etc.
復唱しながらいろんな動詞を可能形へ変換し、更にどのグループに属するのかを生徒さんに考えてもらう――という授業を行っています。


模擬授業中は、他の受講生さん達や先生は評価表に授業の感想等を記入します。
写真右の手前に写るのが講師の
久保沙依美先生。いつも後姿しか撮れてません(美人なのに勿体無い)。


「可能形」の学習はどんどん深くなっていきます。
「できないこと」を「できること」に変え、更に「・・・のようになります」という表現に変えていきます。
例:「食べられません」→「食べられます」→「食べられるようになります」

時には手描きイラストを用意し、より解りやすく伝える為の工夫がされていました。


いくつもの動詞が1枚1枚に書かれた手作りカードを用いて、実際に生徒さんにも、可能形への変換をやっていただきます。
いくつもの例文を出して、とことん可能形への変換の練習を行いました。練習の際には復唱を欠かしません。



最後に、生徒さん達に「自分のことを文章にしてみる」という課題を出します。
自分の「できること」と「できないこと」を書いてもらうのです。

生徒さん達、悩みながらもチャレンジしています。

文章を作り終わったら1人ずつ発表しました。

「普段の生活でも使ってみて下さい」という言葉で締め括り、模擬授業が終わりました。

ひたすら「可能形」についてみっちり学んだ50分間。
読めるだけでなく書けるだけでもなく話せるようにもなる為か、はたまた声に出すことでより頭に入りやすくする為か、学習する言葉は(生徒さん達も)必ず音読していたのが印象的でした。

次週3月31日(土)日本語教師養成講座も、引き続き実習です。

***** お知らせ *****

上記のような受講生さん達の実習を直接見られるチャンス到来!
只今、日本語教師養成講座では「
教育実習見学会
」も実施中です。

日時は3月31日(土)10:30からと、同じく3月31日(土)14:00から。

参加費は無料
ですが事前のご予約が必要ですので、参加希望の方は熊本校までご連絡下さい。
もしくは、
教育実習見学会のお知らせ」の記事からでも参加申し込みが可能です。

一体どういうお仕事なのか? この職業に就く為には何をどう学べばいいのか?
「日本語教師」というお仕事についての話を、現役の日本語教師や熊本校の講座担当スタッフに聞いてしまいましょう!
些細な疑問や思いつくままの質問なんてのは、直接ならばなんかもうその場の勢いで訊いてしまえますね。
実際の授業風景も確認できますので、キャリアスクールでの受講は初めてという方も、授業の雰囲気等を肌で感じていただけますよ。

日本語講座の“実習”見学は、今の時期を逃すと次の機会はずーっと先になってしまいます。この機会をお見逃しなく!
お申込みをお待ちしております。

▼日本語教師養成講座に関するお問い合わせはこちら▼
    フリーダイヤル 
0120−15−4149

aakum200 at 09:10|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年3月21日

【日本語教師講座】教育実習スタート & 見学会のご案内

ヒューマンアカデミー熊本校の日本語教師養成講座は、いよいよ実習段階に入りました。
実際に外国人の方をお迎えして、受講生さん達が「日本語講座」の模擬授業を行うのです。

3月17日(土)から実習カリキュラムが始まりました。


講義時間は約50分間(受講生1人あたり)。
生徒役として3名の外国人の方にご協力いただいています。

今回は受講生・下村瑞恵さんの模擬授業を見学致しましたので、その様子をご紹介します。

まず、自己紹介から入ります。板書の漢字にフリガナは必要不可欠。

続いて、生徒さん(外国人)のお名前を尋ねます。
その後続けて「お昼は何を食べましたか?」と日常会話のような話に入り、その会話をきっかけに自然な流れで『“〜とき”の使い方』の講義に入っていきました。


今回は、日本語初級レベルの方がモデルスチューデント役としてご参加中です。



とてもゆっくりと、そしてハッキリとした口調で一言一言を丁寧に話しながら授業を進めていたのが印象的です。
合間には「○○さん、わかりますか?」と声を掛けるなど、双方向コミュニケーションも欠かしません。


“普通形”や“辞書形”など、聞き慣れない文法用語も出てきます。


文章の説明の後には、皆で例文を口に出して復唱します。
時には、手作り教材をホワイトボードに貼って利用します。この教材の漢字もフリガナ付きです。

語りかける時は常に笑顔。
生徒さんに好きな文章を作ってもらって、うまく作れた時も笑顔と拍手で褒めます。褒められた生徒さんもとても嬉しそう。


他の受講生さん達は、どうやら模擬授業の評価や感想を記入しているようです。


日本語教師講座の担当講師・久保沙依美先生西鶴淳一先生もしっかり評価中です。

50分ちょいオーバーの模擬授業。
実習を終えた下村さんからは「緊張したー!!」と零して…と表現するには些か大きめの声が聞こえてきました。

これはあくまで私(この記事の書き手)の印象ですが。
「ゆっくりハッキリな口調」 「板書の漢字ひとつひとつに振り仮名」 「遠目からも判るくらいの笑顔」が、日本人相手の授業とはどこか違うなぁーと感じた点でした。

来週(3月24日)も実習です。
受講生の皆さんはさぞかし緊張していることでしょう。頑張って下さい!!(ひっそりこっそり隅っこの方で人知れず陰ながら、私如きも応援しています。)

***** お知らせ *****

3月24日(土)11:00から、「教育実習見学会」を実施します!

参加費は無料
ですが事前のご予約が必要ですので、参加希望の方は熊本校までご連絡下さい。
もしくは、
教育実習見学会のお知らせ」の記事
からでも参加申し込みが可能です。

日本語教師という職業に興味のある方は、まず手始めにこの「教育実習見学会」を利用して、ご自身の目で日本語教師養成講座の雰囲気だけでも確認してみてはいかがでしょう。

一体どういうお仕事なのか? この職業に就く為には何をどう学べばいいのか?
様々な疑問質問を、現役の日本語教師や熊本校の講座担当スタッフに直接投げかかることができますよ。
絶好の機会をお見逃しなく! お申込みをお待ちしております。

▼日本語教師養成講座に関するお問い合わせはこちらまで▼
   フリーダイヤル 
0120−15−4149


ヒューマンアカデミー熊本校 3月の授業スケジュールはこちら

aakum200 at 16:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年3月5日

【日本語教師養成講座】グループディスカッション

3月3日(土)の日本語教師養成講座の授業風景をご紹介します。
土曜日は午前10:00から午後17:00までと、日中みっちり学習します。
担当講師は大和撫子な久保沙依美先生です。

この日の主な授業内容
◆シラバス分析(テキスト『みんなの日本語(初級)』より)
◆動詞の活用形のテスト
◆類似表現の使い分け
◆テスト分析についての講義




「シラバス分析」「類似表現の使い分け」については・・・
 @まず1人で考えて
 A次にグループで話し合って
 B話し合った内容を発表して、クラス全体で考える
・・・という経緯での学習でした。





皆さん、それぞれグループごとに真剣に話し合っています。

近年、諸外国(特に中国)では日本語を学びたい外国人の方たちが益々増えてます。
それに伴い日本語教師の需要もどんどん増えているんですよ。

今、世界から求められている職業が「日本語教師」です。

ヒューマンアカデミー熊本校の日本語教師養成講座では、幅広い年齢層の受講生さんたちがお仕事と両立させながら日本語教師を目指すべく講座に通われています。

日本を飛び出し世界で働きたい、国際社会に貢献できるお仕事に興味をお持ちの方は、「日本語教師」を検討されてはいかがでしょうか?


▼日本語教師養成講座へのお問い合わせ、ご相談はこちらまで▼
  フリーダイヤル 0120−15−4249

ヒューマンアカデミー熊本校 3月の授業スケジュールはこちら

aakum200 at 09:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年2月1日

日本語教師の大ベテラン、コ永先生登場!



1月28日(土)の日本語教師養成講座の授業に、特別ゲストが登場しました。

江蘇省泰州師範高等専科学校の日本語教師、コ永誠也先生がいらっしゃったのです。
約3年前にはヒューマンアカデミーで日本語教師養成講座の講師としてもご活躍されていた先生です。
コ永先生には「中国における日本語教育」について、お話いただきました。

 

さて、その講談の内容はと言いますと…
●中国の日本語学習者数
●中国で日本語を教えている大学・高校・専門学校について
●中国人が日本語学習を始めたきっかけ
●中国人が日本語学習に求めるもの
●中国での日本語教師の待遇
●日本語教師の喜び
●教師たちの指導力の差

…などなど、中国での日本語教育の在り方を、先生の経験談を交えてお話し下さいました。

中国での日本語学習者は80万人を超えている、日本語を学びたい人がたくさんいるそうです。中国の大学や中国人の生徒についても詳しく話されていました。

また、日本語だけでなく日本の文化にも興味を持っているので、日本文化についての質問もあれこれ出てくるそうです。(この講談では「演歌って何?」という質問があった時についてのお話をされまして、先生いきなり歌い始めてちょっと吃驚しました。笑)

御年72歳の超ベテランな先輩であるコ永先生のお話は、現役の教師且つ長年の経験があるからこその非常に具体的な内容が盛り沢山でして、生徒さんは皆、頷きながら興味津々といった感じで真剣に聴いています。
 

最後に「
皆さん頑張って日本語教師に携わって下さい。素晴らしい仕事ですよ。」というお言葉で締めて講談はお開きと相成りました。

今回この有意義なお話を聴いた生徒さん達は皆、日本語教師になる!という夢にまた一歩近付いたのではないでしょうか。

コ永先生、有難うございました!!


aakum200 at 14:27|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2009年4月12日

★日本語教師講師紹介





日本語教師養成講座講師紹介は、久保講師です喜び顔文字素材

久保講師のHISTORY

20歳 ヒューマンアカデミーへ通学開始

 |    大学在学中に日本語教師になる
 |    夢をかなえるべく、通学
 |
21歳 日本語教育能力検定試験合格!  
 |    絶対に1度で合格したかった。
 |    
22歳 初めての教壇へ
 |    県内の大学で非常勤として働き始める
 |    
現在  日本語教師6年目に
 |    まだまだ毎日が小さな発見にあふれ
 |    勉強の日々です

  
先生より
 
       
久保先生

日本語教師を目指したきっかけは、

「大学在学中に外国人の方と接触する機会が多かったことと
 もともと国語や文学がすきだったこともあり、一気に
 自分の方向性が定まりました。」

修了生ということもあり、何に1番気をつけて教えたがいいか
ポイントをきっちり抑えた授業構成ですね。

現場で抑えておかないといけないポイントを伝えたいと思ってます。

日本語教師として現場で活躍する修了生が増えているので、
教授法は大事な科目ですね。しっかりマスターしたいところです。


講座担当・にわより

とても丁寧でしっかりされた先生。
日本語教師の現場の話から、日本語教育についてとても
幅広く相談のらせていただいております。



aakum200 at 09:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2009年3月1日

★日本語教師講師紹介

日本語教師養成講座講師紹介は、団迫講師です喜び顔文字素材

団迫講師のHISTORY

22歳 
大学卒業後、大学院へ!
 |    言語の習得に興味をもつ
 |    
23歳 九州大学院で言語学を学ぶ!  
 |    言語学の中でも言語習得を専攻
 |    
現在  夢の途中!  
 |    大学院で言語学専攻し、大学や日本語学校で教鞭をとる
 |    

  
先生より
 
       
團迫先生

日本語教師を目指したきっかけは、

「中学・高校と英語を学んでも、なかなか習得できないという状況が
 ありました。
 
 そのとき、【なぜ、こんなに時間がかかってしまうのか?】
 
 と思ったのがきっかけで言葉、そして言葉の習得に興味を持ちました」


どうゆう工程を経て、人が語学を習得するのか
先生と話始めると、止まりません。

授業もテキストだけではなく、レジュメを使って授業を進めます。
語彙や社会言語学、その他も教科書はまとめてあります。
それを砕いてまとめているのがレジュメです。

これから現場の第一線で活躍される受講生が現場で見返したときに
そうだった!って思えるようにと思って作ってます。


講座担当・にわより

優しく、とても丁寧な先生。わからないところは何でも聞いちゃえ!
ってなるのが、不思議 人はこんなにも穏やかでいれるのかと思える程。
日本語教師経験者が見ても、なるほどと思える代物(レジュメ)です










aakum200 at 09:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2009年2月28日

★日本語教師講師紹介

日本語教師養成講座講師紹介は、増田講師です喜び顔文字素材

増田講師のHISTORY

20歳 理学部から文学部へ転学部!
 |    中国へ旅行を機に、言語の面白さに興味を持つ
 |    
23歳 大学卒業後、日本語教師へ!  
 |    大好きな中国で日本語を教える
 |    
25歳 九州大学院へ!
 |    大学院で言語学を専攻し、本格的にスタートさせる 
 |    
29歳 再度、中国へ!
 |    勉強した内容を実践したいと再度中国へ!
 |  
現在  夢の途中!
 |    大学院で言語学専攻し、大学や日本語学校で教鞭をとる
 |

  
先生より
 
       
増田先生

日本語教師を目指したきっかけは、
「海外旅行で、言葉と異文化コミュニケーションの面白さを知ったこと」

とても温和で、いつもきれいな標準語をお話されますが、
実は、出身は関西・・・
先生、関西弁とちゃいますやん!といいたくなるほど

なぜなら、音声学・言語学が専門ですから

異文化コミュニケーション・言葉に興味がある方、
一緒に日本語教師目指してみませんか??


講座担当・にわより

いつも温和な先生。言語学は、そもそも難しい科目ですが、先生と言語学の話を
はじめると、とまりません・。・・・
質問にも、とても丁寧に答えてくださる信頼される先生の一人です。


 


aakum200 at 09:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2009年1月16日

【新年】 日本語教師養成クラスより

新年あけましておめでとうございます。
今年も1年宜しくお願い致します。

今日は、【日本語教師養成クラス】より
2009年1年の目標が届いています喜ぶ顔文字素材

 

  日本語土曜日




後列左から 森さん 生野さん 西田さん 佐竹さん
前列左から 塩塚さん 岡本さん

 森さん  「貯金と勉強をがんばる!」

 生野さん 「毎日笑顔でがんばります!」

 西田さん 「初級実習がんばります!」

 佐竹さん 「とにかく卒業! 10月の試験もがんばります!」

 岡本さん 「遅刻をしない!」

 塩塚さん 「欠席せずがんばる!」


 笑い声の耐えないクラスですね喜び顔文字素材
 きっと互いを高めあえる仲間になられることでしょう。
 いよいよ実習が行われますね。実習時間はあわせて数時間

 力つきます。

 その明るさで、大きくはばたいてください
 
 

 



aakum200 at 09:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年10月29日

日本語教師養成講座 受講生通信NO.2

今日は、日本語教師養成講座の受講生より
しっかりじっくり歩まれているお2人をご紹介します

馬場さんと佐竹さんは、現在日本語教師養成講座にて
単位取得しながら、ボランティアで活躍中なのでお話を聞いてみました喜び顔文字素材 

                                                         
                   後藤さん佐竹さん
                      馬場さん  佐竹さん

 いま、日本語教師ボランティアはどこでされてますか?
 
  お2人:「国際交流会館です。」

 どのような方を担当されているのですか?
        
  馬場さん:「中国人の方と1対1で授業をしています。文法中心とテキストにそった
         会話の練習、場面にあった会話の練習をしてます。」

  佐竹さん:「イギリス人の方と1対1で行ってます。本人が漢字の勉強を希望されて
         いるので、小学生用の問題集を使って、とめ・はね・はらいから教えてます」
 
 
実際に教えてみて、学校で学んだことは活かされてますか?

  
馬場さん:「授業でいま、文法を学んでいるのでそのまま実践で教えれてます」

  
佐竹さん:「今までぼんやりしていたことが、明確になって論理的に説明できるんです」

 現在、教えることの難しさ良い点などございますか?

  
馬場さん:「相手がわかってくれて「そっかそっか」と喜んでくれるときは日本語教師
         楽しいなと思います。また、「コピーをこくしてください」と「こゆくしてください」
         の活用の際、判断にこまったときは苦労しました。」

  
佐竹さん:「歴史好きの方なので、武将の話をされるとわからないときがあったり
         日本の文化や歴史など言葉以外のことをたずねられるときは
         難しいですが、思いがけない質問をされると、自分でも気づかなかった
         ことにきづいてはっとされるのを見たときはとってもうれしいですね。」


 そうなんですね。馬場さんは以前先生の経験がおありになりますが、そもそも
  日本語教師を目指したきっかけはなんだったのですか?

  
馬場さん:「近くの駐車場でヒューマンアカデミー日本語教師養成講座のパンフレット
         をみて、こんなのがあるんだ!と思い、すぐ学校に連絡し入校しました。
         中国に興味があるので、いつかはいきたいと思います。」

  
いつもお気遣いいただく馬場さん。いつもお疲れさまです。あと少しで420時間
  取得ですね。あと少し、頑張ってください

 佐竹さんは、なぜ日本語教師を目指してらっしゃるのですか?

  佐竹さん:「一生できる仕事がしたいなと思い、勉強をしています。
         実習の見学をした際、この前まで素人だった方がこんなに教えれるように
         なるの?とびっくりしました★そのときですね、勉強頑張ろうと思ったのは」

   いつも元気な佐竹さん。佐竹さんの教案はとてもきれいなんです。
   アメリカでの健闘祈っております
   


aakum200 at 15:24|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年9月13日

★日本語教師 講師紹介

日本語教師養成講座 講師紹介は、 東城洋平 講師です


東城講師のHISTORY

   2004年 ヒューマンアカデミー大分校にて日本語教師養成講座受講
   2005年 中国広東省にある韶関現代日本語学校へ  
   2006年 帰国後、別府大学短期大学
   2007年 別府大学国文学科へ。この年大分校の講師も始める
   2008年 福岡へ ヒューマン&久留米ゼミナール日本語学科勤務


先生より


日本語担当
   竹本さん  東城先生

東城先生と竹本さんをご紹介します。
竹本さんは現在、日本語教師養成講座運営を担当しております。
そして、竹本さん自身も日本語教師の勉強中!「日本語教育新聞」から最新ニュースや
最新求人を受講生へお届けしてます★その中に国の政策などもあり、新しい情報でいっぱい。

さて、とても温和でマイペースな東城先生、日本語教師を目指したきっかけは何ですか??

 ドイツへ留学したのがきっけで、海外の文化に触れて、『海外へもう一度!』と
 思うようになりました。
 それで海外就職を探したんですけど、なかなか見つからなくて…。
 そんなとき、
【日本語教師】という職業に出会いました。で、資格が必要だ!
 ということでヒューマンアカデミーの大分校で学んだんです。


東城先生、実際海外で日本語教師されたんですか?

  はい。中国に行きました。それから、日本に戻って日本語教師をしています。

最近、国の政策等の関係で日本語教師の求人が国内外でも増えてるようですね。

  そうですね。理由は少子化による人口減。その対策として、外国人を日本へ!
  という政府の政策が進みつつあります。大学では、定員割れを留学生で補ってる程です。
  労働人口不足も外国人に頼らなければならない現状が…(泣)
  今後、確実に国内へ外国人が流入します。今はその受け皿を作り始めた段階です。
  でも、まだまだ受け入れ態勢は十分ではないんです。
   だから、お勉強始めるなら今がチャンス!
  海外については、近年のポップカルチャー(マンガ、アニメ)の影響も大きいです。
   フランスでは「かわいい」が通じるらしいよ(笑)


海外で本当好まれてますね。先日もお姉さんが台湾で日本語教師していて、今は
若者の半分以上が日本語を勉強しているから日本語教師になりたいと台湾から来られました。
国の政策がこの1,2年ですごく活発になり、これから目が離せませんね。
 
  国内でも日本語教師が足りないという深刻な問題があります。
  日本語教師が注目をあびてます。日本語教師を目指すなら今。
   『好奇心』 と 『やる気』 さえあれば★そして、「前向きさ」は大切です。



講座担当・にわからひとこと

とても気さくな先生!受講生から授業がわかりやすいと笑顔あふれる授業です。
日本語の勉強は簡単そうで、難しいんです。理由はお問い合わせください。
勉強以外にも新しい人との出会いが、講座を通じてあるのも魅力のひとつですね動くウインク顔文字素材

aakum200 at 10:58|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年9月13日

日本語教師養成講座 受講生通信NO.1

こんにちは。

本日、日本語教師養成講座の受講生で
非常に仲良しクラスから、お互いを高めあっている2人を紹介いたします

なんと、海外就職決定
夢が叶いました!そして、これから楽しみですね。

                   田中さん立野さん
                    立野さん    田中さん

 立野さんスリランカの日本語学校&田中さん韓国の日本語学校就職おめでとうざいます!
 
  立野さん:「念願のスリランカへ11月中旬から行きます昨年授業はじまってから
         2ヶ月で日本語教師の求人を出しているスリランカの日本語学校を
         見つけて応募!420時間取得するまで1年間待ってくださいと伝えて、
         待ってもらいました〜喜び顔文字素材
         車で首都から1時間半ほど離れているところで治安もあんまりよくない!」


         え?!1年間も・・・。そして、治安が?!明るいですね〜 
  
        「気をつけるのは自分ですから!」

         立野さんはいっつも笑顔で明るいんです。素敵です。
 
  田中さん:「10月から韓国に行きます!!学校に貼ってあった日本語教師の求人
         みていいなと思って応募しました」

         よかったですね。田中さんは韓国、立野さんはスリランカに行くって
         初めから決めてたんですか??

  田中さん:「日本語教師になろうと思ったきっかけが、学生の頃カナダに留学したとき
         韓国人の友達が増えて、そのときからなりたいなと思っていたけど、就職が
         きまり、今になりました。5年ほど前からですね。
         そして、初めての海外旅行が韓国でもあり、友達もいるから1年いってきます。
         それから、日本に戻って故郷愛知県で日本語教師をします!」

  立野さん:「はい!スリランカに友達がいて、毎年1回遊びにいってるんです。
         その友人が大学で日本語を学んでいるのを見に行ったのがきっかけで。
         しないといけないことではなく、したいことが見つかってうれしいです。」
 
         やはり、実際の授業は大変なこともありますけど、日本語教師は
         楽しいですもんね!わかります!!
         田中さんも立野さんもお仕事しながらの
         「420時間単位取得日本語教育能力認定試験勉強」どうでしたか?
 
  田中さん:「はい。大変でした。授業が週に1回だったので本当助かりました!
         けど、文法と音声学、言語学は本当難しかったですね。
         それも、いいクラスメイトの仲間に支えられて、今があります。」
 
  立野さん:「きつかったときもあります。週1クラスだったので、1日みっちりだから
         大変なときもありましたけど、クラスメイトに出会えたことが一番の財産です。」

         お仕事との両立、本当おつかれさまでした。
         10月の日本語教育能力認定試験 「気合」 ですね 
         これから、日本語教師を目指す方へ一言お願いします。
 
  田中さん:「経済的に厳しい面もありますが、本当に仕事にしたいならむかっていって
         ほしいと思います。自分に関わる人が目標に近づいていく姿や目標到達した 
         姿はやはり喜びだと思います。」

  立野さん:「改めて日本語の難しさや、国語とは違う日本語があり、勉強になります。」

         田中さんも立野さんも、日本語教育能力認定試験の結果は現地で
         受け取られるそうです。来月からいかれるんですね。
         目指す日本語教師になられることを期待してます!!



aakum200 at 10:33|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年12月31日

第二の人生、皆さん必見です!日本語教師養成講座修了生

今日は、団塊の世代代表!の頑張る修了生を紹介します。
日本語教師養成講座修了生:勲さん

増田さん

12月25日は3名の方の修了式でした。
勲さんも修了です。お疲れ様でした。
頑張る団塊の世代代表として、快くお話し頂きました。

なぜお勉強しようと思ったのですか?きっかけは?
『第二の人生を今までと全く違う分野でやっていこうと思い、言語に興味があった。日本語教師の資格を取得して海外で仕事をしていきたし、退職後、毎日が暇な日になるのはどうかな?と思い自分に出来ることを考えたのがキッカケです。』

すごいですね。でも家族の反対とかなかったんですか?そのとき奥様は??
『いいんじゃない。と一言でした。みんなに聞かれますね(笑)』

ようやく修了ですが、今後どこに行きたいですか??
『中国!歴史が興味深いし、文化の違いも興味深い。
太極拳のルーツ、日本語のルーツを見てみたい。映画にも興味があります。』

残りの人生をよりよいものに、生きがいをみつけた、勲さんの今後が楽しみです!


aakum200 at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年10月22日

修了生のその後☆日本語教師

☆ブルガリアに行った、日本語教師修了生☆

          空手教室の高校生と大学生の授業です。
                空手教室の高校生と大学生の授業です。

「半年間の契約で渡航しました。
就職活動はネットで見つけた求人に応募して、インターネットを使った電話で
なんどかお話ししてきめました。
決め手は、ブルガリアなんて行く機会がないと思ったから!」

というKさん。

「現地の日本語教師の団体に所属し、小学校やカルチャースクールなどいろんな場所で教えました。
ブルガリアの小学校で、どうして日本語?と思ったんだけど、それは校長先生が単に日本が好きだから。」

なんて本当かどうかわかりませんが。

現地の小学校は朝早くから授業。
5:30には学校に行っていたそうです。

途中1週間、お休みがあって、その間はヨーロッパを電車で巡り。。
(世界の車窓〜みたい。うらやましいですよね・・。)
スペインのラテン系なノリがとても気に入ったそう。

そんなこんなで日本に戻ってきたKさんは、
今東京でインターネットの会社にお勤め中。
「また、海外に行きたくなったら日本語教師やります。
資格があるからいつでもいけるしねっ!」
とのこと。

また、受講中のみんなに一言、
「実習の方が実際の授業より緊張しました。
あのみんなの視線の中、実習して先生や他の受講生からダメだしされたことが、度胸になりましたね!」

さ、そんな日本語教師の授業見学は随時受け付け中。
詳しくはお電話か、HPで☆
あなたも、資格を持って海外へ行ってみませんか??
aakum200 at 17:50|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
ヒューマンアカデミー熊本校
熊本市内の市電「通町筋電停」から徒歩1分にあるヒューマンアカデミー熊本校では、ネイルスクール、メイクスクール、インテリアスクール、フラワスクール、フードスクール、カラースクールなどのアート系資格取得講座から、医療事務、日本語教師、チャイルドマインダー、NLPなどの資格取得を目指してビジネス系スクールやWEBデザイン、CADからパソコンの資格取得を目指すパソコンスクールを熊本市で開講しています。転職、就職、スキルアップなどなりたい自分になるために頑張っている方を応援しています。