2018年3月3日

【カラー講座】パーソナルカラー診断、特訓中。

パーソナルカラーを学ぶ
「Colorスタイリングコース」の中級レベルにあたる
「ICD認証カラーアナリスト講座 Advance」
現在、毎週木曜日の夜に授業を行っています。



ドレープを使ったパーソナルカラー診断の練習中。



熊本校スタッフの吉田さんがお客様役。
受講生さんからパーソナルカラーの診断を受けています。



診断の合間には、大森ヴィー子先生の解説も入ります。



赤系、青系、ピンク系、緑系、紫系、黄系・・・と。
色み(色相)ごとにSpring・Summer・Autumn・Winterに属する
ドレープが用意されていて、
それぞれどの季節の色が似合うのかを判断しています。

ざっくり説明すると――

春 Spring
  黄みのあるクリアで明るい色
  (イエローベース・清色・彩度高め・明度高め)
夏 Summer
  青みのある明るくソフトな色
  (ブルーベース・濁色・彩度低め・明度高め)
秋 Autumn
  黄みのあるシックで深みのある色
  (イエローベース・濁色・彩度低め・明度低め)
冬 Winter
  青みのあるはっきりしたビビットな色
  (ブルーベース・清色・彩度高め・明度低め)

――色相ごとにこんな細かい特徴の違いがあるドレープが
何枚も用意されていて、
お客様の首元にあてながら、どの色が似合うかをじっくり確かめるのです。



お客様の肌色、瞳色、髪色などから診断されます。
人によっては「赤色はSpringが似合うけど、青色だとWinterが似合う」
なんてこともあるんですよ。

似合う似合わないを診断するのは、カラーアナリストの目。
見極める目を養うために、診断の数をこなして訓練を重ねます。

ただ似合う似合わないを診断するだけでなく
「こういう理由でお客様にはこの色がお似合いです」と
診断理由も述べられるようにならなくてはいけないんですよ。
診断する目だけではなく、語彙力や接客力も必要とされます。



もうっ、特訓あるのみよ、特訓!(゚△゚)

そんなわけでカラーアナリスト講座の授業では、
毎回パーソナルカラー診断の特訓がこれでもかってくらい行われています。




パーソナルカラーの知識・技能は仕事に活かせて
自分のセンスアップにも有効な万能スキル!
どんなふうに活かせるのか詳しく知りたい方は、
まずは熊本校へお問い合わせを、もしくは無料相談会へご参加ください。

下のボタンから、Web申し込みもできるページがご覧いただけます。
是非ご利用ください。(^^)




ヒューマンアカデミー熊本校
0120-15-4149(フリーコール)

aakum200 at 14:00│ Comments(0)TrackBack(0)