ヒューマンアカデミー熊本校は、ネイル、メイク、ブライダル、WEB、CADなどが学べるスクールです。

ヒューマンアカデミー熊本校


あなたが目指す未来を確実に実現
お問い合わせは今すぐこちらまで資料請求(無料)はこちらヒューマンアカデミー熊本校は、パルコや鶴屋のある通町筋電停そば。夜の受付も行ってますので、買い物帰りやお仕事帰りでも気軽にご来校ください。

2012年10月24日

就活塾 〜就職セミナー2012年 冬〜

諸事情で少しお休みしていた熊本校の就活セミナー。
11月より復活します!!!!!
就職活動に必要不可欠な内容を取り揃えておりますよ。


就活塾
 就職に必要な人間力を身につける

2012年11月16日(金)13:00〜

「履歴書、職務履歴書の書き方」
 〜履歴書は面接の機会をいただく為のもの〜
 会って頂ける履歴書作成の方法を学びます

2012年12月1日(土)19:00〜 12
月12日(水)13:00〜
「自己分析から始める、就職活動」
 自己PR、志望動機を書く為の自己分析を行ないます

2013年1月19日(土)19:00〜

「年始からのキャリアプランニン」
 なりたい自分になるためのセルフマネジメント




キャリアカウンセラーやビジネスマナーの講師として多方面で活躍中の
ヒューマンアカデミー熊本校校長・
松本文美子先生
が講師を務めます。

これから就職活動される方には必ずお役に立てるような講座内容です。

既に書いている履歴書や職務経歴書を添削してほしい方も、
松本文美子先生に直接見てもらえるチャンスですよ。

熊本校の受講生・修了生ならば参加費無料!
本気で気合入れて就活したいならば、絶対参加するべき!!

※事前にお席のご予約をお願いしております。

▼就活塾へのお問い合わせ、ご予約はこちらまで▼
   フリーコール 
0120−15−4149

2012年10月21日

【チャイルドマインダー講座】「ママを応援」を応援する。by Edison's Mommy

10月20日(土)、「熊本市男女共同参画センターはあもにい」で、
ママイキ@熊本』という講座が開催されました。
この“ママイキ”とは、“ママのイキイキ応援プログラム”のことで、
母親向けのコミュニケーション講座を催しているのだそうです。

この講座を受講すべく、子育てを前向きに頑張る多くのママが集います。
ここで問題になってくるのは・・・ママが受講している間、子供はどうするの?
勿論、子育て真っ最中のママさんが主役の講座ですもん、
当然、子育てられ真っ最中のお子さんだっていますよ。

そこで登場するのが、チャイルドマインダー!


はあもにい4階にある研修室入口。
扉の向こう側は臨時出張託児所に。


こうして見るとカラフルな部屋の小物たちが印象的ですが。
――ふっ、写真ではわかるまい。
扉を開ければお子様の泣き声が一斉に響き渡って、
そこはまるで、戦場のようでした。一体ナニ合戦ダ。

今回、なんと16名のお子様をお預かりしているのです。


真ん中で黄色のエプロンを着て赤ちゃんを抱っこしている女性が、
鬼塚純子先生です。


さっきまでおとなしかった子が急に泣き出したり、
さっきまで号泣だった子がピタッと泣き止んだり。
せわしなく空気が変化しています。目が回りそう。(@_@)


何人かで、ちょっとお散歩に出ることになりました。


お散歩に出かける際中の後ろ姿。
チャイルドマインダーたちに囲まれて進んで行きます。
みんなご機嫌。さっき泣いてた子がもう笑うとるよ。


部屋に残ったメンバー。
チャイルドマインダーは少人数保育なので、子供が多人数ならば
チャイルドマインダーもそれなりの人数が必要になります。


電車のオモチャは必須アイテム。
電車はコドモもオトナも惹きつける魅惑の乗り物なのです。


きれいなおねぇさんとお絵かきを楽しむ子、発見。(*´∀`*)

修了生さんたちが大活躍していますが、
なんと、まだ現受講生さんも一緒にお手伝いしていたんですよ。
かなり生きた実習じゃないですか。(・∀・)b

さて、課外実習(イベントマインディング)の感想は――

《O.M.さん》
ありがとうございました!
今回も楽しく、 そして沢山学ばせて頂きました!!
お迎えの瞬間のママと子供さんの笑顔がたまりませんね(*^^*)
癒され、元気を貰いました♪ またよろしくお願いしますm(__)m


《I.K.さん》
毎回勉強になり、感謝感謝です(^-^)/
子供と親の笑顔やママさんたちの感謝の声自分でも役にたててると
感じることが出来る一日でした♪ ありがとうございました!
またの時もよろしくお願いいたします(^^)v


《I.K.さん》
今日は、貴重な一日を過ごさせていただきありがとうございました。
とても勉強になり、新たな発見ばかりでした。
マインダーさんの手馴れた応対に、とても感心しました。
ありがとうございました。

――などなど、とても有意義な経験をされたことがうかがえます。
(同じイニシャルの人いるけどたまたまカブった別人なんだからねっ)

午前10時前から午後5時近くまで、日中まるまる活動だったそうですよ。
皆さん、お疲れ様でした。

* * * * * * * * * * 

実と言うと、今回の託児依頼のきっかけは『ママカフェ』なんです。
『ママカフェ』に参加されていた方たちが、
『ママイキ@熊本』に参加する際の託児をご依頼されたのだとか。
ママカフェについては、こちらこちらの記事を参考にどうぞ。

ヒューマンアカデミー熊本校の
チャイルドマインダー養成講座は、
講座の授業だけでなく、こうしてイベント等を通じて経験を積んだり、
先輩たちが結成した「MEGUMIの会」で同志と交流を深めたり、
他の学校にはない魅力がいっぱいです!

▼チャイルドマインダーに関するお問い合わせはこちら▼
  フリーコール 0120−15−4149

ヒューマンアカデミー熊本校 11月の授業カレンダーはこちら


2012年10月20日

【日本語教師養成講座】また一人、二人、三人、四人旅立っていきます。

10月13日(土)に、ヒューマンアカデミー熊本校の日本語講師養成講座から、
4人の受講生さんが旅立ちました。


↑こちら、
西鶴淳一先生が手にされてますのは
様々なカリキュラムをこなして頑張って学ばれた方に贈られる修了証書。


先生の手から、受講生さん一人ひとりに修了証書が授与されました。









日本語教師になるには、420時間もの単位を取得しなくてはいけません。
そのうえ、「日本語教育能力検定」に合格する必要もあるんですよ。

修了された4名も、普段はお仕事しながら夜の僅かな時間や休日を利用して
通学しながら懸命に勉強されていました。

これまで受講生そしてこれから修了生となる皆さん、おめでとうございます!

今後、皆さんが日本語教師として活躍される日を楽しみにしています。


* * * * * * * * *  

ヒューマンアカデミー熊本校の日本語講師養成講座では、受講相談会や授業見学会を定期的に開催しています。
日本語教師を目指したい方も、まだ日本語教師という職業がよくわからない方も、ご興味があれば是非ご参加下さい。

このブログの左側にある「カテゴリ」から「講座説明会&授業体験会」の中の「日本語教師」をクリックすると、日本語教師養成講座に関する相談会や体験案内の記事がご覧いただけます。

▼日本語教師養成講座に関するお問い合わせはこちら▼
  フリーダイヤル  0120−15−4149

2012年10月17日

【ブライダル講座】接客ロールプレイング(略してSRP?)

10月10日(水)のブライダルトータルプロデュース講座の授業は、ロープレでした。
ロープレって、あれです。ロールプレイングの略です。

でも、ロールプレイングゲームじゃないですよ。
RPGじゃないから!Gつけちゃダメだから!ゲームじゃないから!真剣勝負だから!
――勝ち負けもないから勝負でもないけれど。(´・ω・`)



因みにこちら↑ ロールプレイングする前の様子。
何か資料?ノート?を見直す受講生さんと、説明をしている
松本由美子先生


さてさて。これから何が始まるのかと申しますと――
受講生さん同士で「ウィデングプランナー役」と「結婚式を挙げる予定のお客様役」になるんです。
シチュエーションを作って接客スキルをロールプレイング形式で学ぼうというのが、今回の授業テーマ。
プランナーを目指すにあたって、接客トレーニングは非常に重要なのですよ。

この日は、4人の受講生さんが挑戦します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

トップバッター1組目。プランナー役は佐藤さん。



プランナーが挙式プランのお見積もりを、お客様に説明しています。


そして2組目。お次は馬場さんのターン!


プランナー役が今度はお客様役となります。
お客様の立場になるのも非常に重要です。
実は2組目は、もう終わりかけになって私がカメラ持って姿を現した
ものだから、ワタワタッと慌ててセッティングし直してくれましてねぇ。
再現してもらっちゃいましたよ。

(・∀・)ゞ その節はどーもー。こんな感じで撮れました☆


折り返し地点の3組目。中村さんの番ですよ。



順調に話が進んでいっているようです。
お客様役も熱心に聴いていますよ。
プランナーになる為には知識だけでなく、営業力もとっても大事。
いかにしてお客様の心を掴むかが、この瞬間にかかっています。



ラスト4組目。1組目のお客様・白澤さんがプランナーとして再登場。


お客様に「この人になら、私の一生の想い出を託せる!」と思って
いただけるようなトークが繰り広げられて・・・いるといいなぁ。
(ぃぇ、ちょこっとしか様子見てなかったもんで)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

こうして、接客ロールプレイングが終わりました。


その後は、先生から評価やアドバイスがあります。
良かった点や惜しい点などを挙げて、今後に活かすアドバイスや注意点をお話しされていました。


このように。
熊本校のブライダル講座では、実践的なスキルを磨く為の授業を日々行っております。


それにしても。
いやぁ、ただでさえ緊張するだろうに、毎度やって来ては近くでカメラパシパシやられて、なんかもう、ねぇ。
おジャマしましたー (´Д`;) 
皆様、ありがとうございました!!!!!!



* * * * * * * * * 

ヒューマンアカデミー熊本校のブライダル講座では、受講相談会や体験セミナーを定期的に行っています。
このブログの左側にある「カテゴリ」から「講座説明会&授業体験会」の中の「ブライダル」をクリックすると、ウェディング講座の相談会や体験案内の記事がご覧いただけます。

一生に一度の笑顔に出会えるお仕事、それがウェディングプランナー。大変だけどやり甲斐のある職業です。
ご興味のある方は、是非この相談会にご参加下さい。

▼ウェディング講座に関するお問い合わせはこちらまで▼
  フリーダイヤル 0120−15−4149

2012年10月16日

【フラワー講座】受講生さん作品のご紹介 その33

某日の木曜日14:00からのフラワーデザイナー講座での授業で制作されました

はい、これっ! ↓↓↓ これ作ったのっ!

土田美佳さん作
プリザーブドフラワーで作るリストレット
最近のウェディングシーンでは、リストレットをリッチにつける
スタイリッシュな新婦様も増えてきました。
さりげなく可愛いだけでなく、存在感のあるデザインを心掛けます。
リボンで揺れるリストレットを作りましょう。


ブーケなどに比べれば小さなサイズのフラワーアレンジメントですが、
そのぶん緻密で丁寧なアレンジがされています。
実物は写真よりもっと可愛いんですよ!(*・∀・*)


リボンにも花があしらってあります。芸が細かいっすよ。


制作者ご本人。つい先日お仲間になったばかりの新入生さん。
よか笑顔ねぇ。むぞらしかぁー。(*´Д`*)

* * * * * * * *  

ヒューマンアカデミー熊本校のフラワー講座は、
現在、毎週水曜日の夜(講師:中島尚子先生)と
木曜日の昼(講師:
中島久美子先生
)に授業が行われています

授業見学会やフラワーアレンジメント体験なども定期的に行われていますので、
お気軽にご相談下さい。
このブログの左側にある「カテゴリ」から
「講座説明会&授業体験会」の中の「フラワー」をクリックすると、
フラワー講座の相談会や体験案内の記事がご覧いただけます。



▼フラワー講座に関するお問い合わせはこちら▼
  フリーダイヤル 0120−15−4149

ヒューマンアカデミー熊本校 10月の授業カレンダーはこちら

2012年10月11日

【フラワー講座】受講生さん作品のご紹介 その32

恒例・フラワーデザイナー講座で制作されたフラワーアレンジメントをご紹介しますよ。
毎度のことだから今更説明は要らない気もするけど、担当講師は
中島尚子先生です。



一本花絵さん作
ラウンドブーケ
ワイヤテクニックにより円形に構成する花嫁の花束
輪郭はワイヤテクニックにより円形に表現します。すべての茎が一焦点から出ているように構成します。持ち手はリボンでカバーし、バック処理としてリボンワークで仕上げます。視覚的なバランスと共に、機能的にも持ちやすく仕上げます。

花や葉の配置・配分に気を配って制作されてます。
でもって、ワイヤーテクニックという技術が使われています。
植物素材には、茎になる部分をワイヤー(針金)で作っているんです。それを緑色のテープを巻いて自在に曲がる人工茎みたいな感じにすることで、バランスのとれたキレイなブーケを作ることが出来るんです。(本物の茎だと、無理に曲げたらポキッとイッてしまうですよ。)
ワイヤーテクニックが使われている様子は、ブーケの裏側(バック処理)を見ればよく分かります。
――うん、そうだね、裏側の写真とかワイヤー使ってる部分の写真とか無いから分からないよね。
(゜ε゜)

因みに、制作者の一本さんは凄い真剣且つ必死な様子でワイヤーや緑色のリボンを巻いて束ねて作っていました。それこそ鬼気迫る表情で。
『鬼気迫る』 意味:身の毛もよだつほど凄まじい気迫があらわれているさま。 ⇒ 「大袈裟なこと書かないで下さい!」と怒られる予感。

ブーケを受け取った人は、フラワーデザイナーの懸命な努力も一緒に受け止めて下さい。(えぇー…重いよぅ…)

違うアレンジ作品もご紹介します。


柏木夏希さん作
丸いアレンジと流線形
花の部分は、円形の輪郭に構成されています。茎には、柔らかい茎の植物素材が緩やかに巻かれています。
テキストに載っているアレンジではないので、解説がもう適当。
中島先生が柏木さんに作ってもらったのだとか。

因みにこちらのアレンジメントは、中島先生が先日行われた某中学校でのイベントでも制作されたそうです。
中学生には難しそうな気がするのですけどねぇ。未来のフラワーデザイナー達も頑張って作ったのでしょうねぇ。


2つのアレンジメントを並べてみました。黄色とピンクの組み合わせって、なんか良いですね。乙女ですね。迸る女子力ですね。


姉妹に見えなくもない。

「あたしもお姉ちゃんみたいに大きくなれるかなぁ?」
「…えぇーと、ブーケスタンドが大きいものなだけで、別に私は背高くないのよ。シークレットシューズ履いてるようなものなのよ。憧れられても困るのよ」

・・・・・・ナンダコレハ。

* * * * * * * * * 

ヒューマンアカデミー熊本校のフラワー講座は、現在、毎週水曜日の夜(講師:中島尚子先生)と木曜日の昼(講師:中島久美子先生)に授業が行われています

授業見学会やフラワーアレンジメント体験なども定期的に行われていますので、お気軽にご相談下さい。
このブログの左側にある「カテゴリ」から「講座説明会&授業体験会」の中の「フラワー」をクリックすると、フラワー講座の相談会や体験案内の記事がご覧になれます。

▼フラワー講座に関するお問い合わせはこちら▼
  フリーダイヤル 0120−15−4149

ヒューマンアカデミー熊本校 10月の授業カレンダーはこちら

2012年10月10日

【フラワー講座】受講生さん作品のご紹介 その31

フラワーデザイナー講座の授業にて。
講師の中島久美子先生先生のもと、FADAFLOWERアート&デザイン協会)のカリキュラムを学んでいる受講生さんが、こんな作品を制作しました。

こちらがその作品です。

Σ(゜Д゜;) ――ぃゃぃゃ、頭にある花に注目しましょう

宮島沙也加さん作
花冠
花嫁をキュートにイメージチェンジ☆お色直しを演出する花冠。
スタイリッシュなイメージの新婦様も、花冠をかぶるだけで一気にキュートなイメージに変わります。
花畑から摘んだ花を使った花冠をイメージしながら、キュートに作ります。


モデル:生首さん(年齢非公開) 
ヒューマンアカデミー熊本校勤務。メイクの勉強をする際のモデルとして活躍中。付き合って約3年の彼氏と近々結婚する予定。
(という、脳内設定。)

他の受講生さんの、同じアレンジ作品もご紹介。

光安千春さん作
花冠
以下同文。


そう、彼女は花嫁さん。ドレスは着られないのが残念。

教会で式を挙げるのが夢だった彼女。しかし新郎は神社仏閣での挙式を望んでいた為、喧嘩もしたとかしないとか。(という、脳内設定。)


▼新スタイルのご提案▼

顔写真を載せる際に身元が判明されたくない場合、様々な方法で顔の一部を隠したりぼやかしたりしますよね。
しかし――

黒い目線を入れると、なんだかどこかにこの世ならざる者が潜んでいそうでつい探してしまいます。

ぼかしを入れると、場面によっては夕方6時頃のニュース番組で見られる事件関係者のようです。

モザイクを入れると、・・・女性の顔にモザイクってなんかちょっと失礼な気がして心配になります。

そこで!
満を持して登場した、新しい時代の目隠しがついに誕生!

モデル:M.C.さん
顔を隠しつつ華やかさと愛らしさも兼ね揃えた、今までにない画期的な目隠し。
これならあなたの知らない世界の恐怖を感じることもありませんね。
しかも全然怪しくない。(`・ω・´)キリッ
キュートな女性に自信を持ってオススメしたい一品です。

まさかこんな実用性にも優れていたとは、侮り難し花冠。


毎度ながら、この日も素敵なフラワーアレンジメントでしたね。
次週はどんなアレンジに挑戦されるのか、楽しみです。

* * * * * * * * * 

ヒューマンアカデミー熊本校のフラワー講座は、現在、毎週水曜日の夜(講師:中島尚子先生)と木曜日の昼(講師:中島久美子先生)に授業が行われています

授業見学会やフラワーアレンジメント体験なども定期的に行われていますので、お気軽にご相談下さい。
このブログの左側にある「カテゴリ」から「講座説明会&授業体験会」の中の「フラワー」をクリックすると、フラワー講座の相談会や体験案内の記事がご覧になれます。

▼フラワー講座に関するお問い合わせはこちら▼
  フリーダイヤル 0120−15−4149

ヒューマンアカデミー熊本校 10月の授業カレンダーはこちら

2012年10月3日

【カラー講座】お洒落な人しか行けなさそうだよね、バーって。

カラーデザイン講座では、バーのプランニングを発表しました。

受講生の小佐井麻衣さんは、ダイニングバーをプランニング。

テーマは『地中海』
人気旅行先のトップテン(NHK調べ)にスペインやトルコなどの地中海が入っているので、興味がある人が多いのかな?と思ったのが、テーマに選んだ理由です。
集客ターゲットは女性にしました。その理由ですが、日本旅行業協会のデータによると、近年は男性よりも女性の方が旅行者数が多く、20〜29歳・30〜39歳がその大半を占めています。


清潔感もありお洒落で独特なつくりで、昼と夜の顔も違う地中海って良いなと思いました。
内装は青と白をベースとした、シンプル且つ清潔感のあるイメージにしたいと思います。
洞窟っぽくして、隠れ家風にしたり。
飲み物は、コラーゲン入りのカクテルボールをメインにしたいと思います。お肌ピチピチ。
20〜40代で趣味が海外ドラマや海外旅行、アクティブで行動力のある働いている女性をターゲットにしています。

店名は『DINING SEA(ダイニングシー)』――
ドストレートですね(笑)。
ストレートが過ぎるあまり、教室内の全員が思わず爆笑してしまいました。

小佐井氏本人もウケる。笑う笑う。

お店のロゴマークはこれ。

意味合い的には、大小違う四角形が重なってSラインで結ぶことで、色んな人がSea(店)で1つになろうぜー、Seaに行くことで心も体も満たされるぜーみたいなのを表現しています。
シンボルカラーは白・青・黄。プラス壁が白なので、明視性を出す為に黒も入れています。
白は雲、青は海、そして黄はパッションを表しています。
(※このパッション発言で、再び笑い到来。(・∀・) )
ロゴマークにも(白青黄)を使って、イメージカラーとして認識していただけるようにしています。



『DINING SEA』プレゼンテーションが終わった後、他の受講生や先生に感想を述べてもらいます。

★データの引用元があるから、プレゼンに説得力が出ています。
★イメージとして絵(写真)を出しているので、まったく知識がない方でも分かりやすい。「この色でこういうイメージでつくってます」と言われているので、より頭の中で想像しやすいです。
★ロゴマークが独特で、Sラインの曲線が女性らしいところもあり、色も強すぎず、ターゲットと結びやすいと思いました。
★「行こうぜー」が気軽に行ける感じなのかな…というところも、ロゴマークの形や色からも伝わります。高級すぎず、かといって安すぎず、デザイン性的にはおしゃれなので、今の先端を行かれる方々が行くようなお店なのかな、と思いました。非常に想像しやすかったです。
★ロゴマークが手書きの朴訥な温かみのある文字で、糸みたいな線で繋いであるところがコンセプトに合っています。
★コンセプトがしっかりしているんですけど、プラス、“選択ができる独立した女性で趣味嗜好をはっきり持っている人達”が選択する、だけど敷居が高くないシンプルな中にも温かみのあるので、この点もコンセプトに合っています。
★凄く良いデザインです。(嗜好色に関するデータによると)ブルーは世界的に3本の指に入るくらいの好かれる色で、黄色が対照色相くらいで入ってきていて、黒と白で引き締めて、非常にバランスの良いコンセプトデザインになっていると思います。

―などなど、様々な意見があり、どれも好評でした。


続きまして。
同じく受講生・荒木典子さんのプランニング発表です。

▽設定▽
会員制(紹介制)バー。
クライアントは、ヒルトンホテル系列で日本に作られたホテル。
客層ターゲットは、30〜40代で年収6000万以上の、これからもっと世界に向けて伸びていく方々(職種は問わない)。
店舗立地は東京恵比寿の一等地に構えるビルの1階。
銀座とかはやはり一般的にいう「お金を持っている人が遊び歩く場所」というイメージがありますが、恵比寿はどちらかというと「センスがある。オピニオンリーダー達が集う感じ。お洒落して気取ってギラギラして行く場所ではなく、ハイセンスな人達が行く」セレブとハイセンスをわけているというところで、銀座ではなく恵比寿です。
外壁は黒色の大理石、扉は重厚な木製。
内装は、床は黒色の大理石、壁はクリーム色系のタイル、天井は白色の大理石。仕切りは杢でグレーモカ。
定員は客16〜17名、バーテンダー3名。


※上記画像の左上図が店内の配置図。
バーカウンター席とテーブル席(2席、完全個室ではないが個室っぽく仕切られている)。
直線のバーカウンターの足元には間接照明(暖色系)。
壁の一面には大きな水槽。(配置図、青色の部分)
テーブル席のソファは赤色。(配置図、ハード型のような赤色の部分)
黒や茶系の内装で落ち着いているような雰囲気にしつつも、赤いソファや水槽を配置するなど不思議な雰囲気にし、、高級感の中にも遊びを取り入れた空間。

一人当たりの客単価は2〜3万円。
会員制とすることで、誰でも来ることはできないステータス感を出し、ブランド価値を生んでいます。これから日本を引っ張っていく中堅の成功者のステータスな場所にしたい、と考えられています。若いながらも高収入且つ今からどんどん伸びていく、そして色々なことに柔軟な方が、ちょっと一息つけるようなバーです。



お店のロゴマークはこれ。

店名は『Secret Bar(シークレットバー)』――またもやストレートなバーの名前に、またもや全員笑ってしまいました。逆にインパクトがあるですよ。
ロゴは店名の頭文字「SB」だけが入り、外観にこのロゴを貼っても一般の人には敢えて何の店かは判らないデザインにしています。
黒の大理石の壁なので、外からは中が覗けません。扉も会員用カードキーで開けるようになっています。従って、一見さんは扉を開けられません。
ロゴのベースはいろいろな色や素材の杢を組み合わせて作り、その中に赤色を入れています。杢の感じで「落ち着き・安定」を表しつつ、色も形も違うので「いろいろな分野の方がいらっしゃる、男女バラバラである」、プラス「まだ落ち着く世代ではなくこれから開拓していく」ということで赤色。
書体については、女性だったり、人の上に立つ人間は人を思いやれる方だったり戦略的であったり、強いだけでも弱いだけでもいけない・・・ということで、優しさを入れつつこの書体です。

ターゲットとしているのは世界というより日本の中堅の年収6千万の人達なので、今から自分達が進んでいこうとしているので、派手に遊ぶのではなく、身なりはきちんとしているけどセレブ気取りではなく、自分の立場も解りつつ「これから自分達が何をするか」自分の意思をしっかり持った方々。
お店の外観からIT関係やファッション関係に思われそうですが、政治家にも「自分達は最先端を行っている」と思っている方々もいると思うので、お忍びで来れるということも含めての『年収6千万』。
一般の方々と年収が違うのではなくてスキルの高さが違う、プラス人間力が違うので、「お金は持っているけれど、どれだけ皆を引っ張って行けるか」という立場になっているので、綺麗な服装で会社に行くときもあれば、ツナギで現場に入られる方もいる・・・みたいな、綺麗な部分ときつい部分を知っているからこそ、これから伸びていく人達。落ち着いた…ではなく、今から自分達が開拓していこうとしているので、高級な店でじゃんじゃんお金を使うのではなく、このようなお店でちょっと遊ぼうかな――という意味での、隠れ家的なバーをプランニングしました。
何故会員制にしたのかというと、あくまでも自分達と同じ価値観の人達とシェアしていくような、やたらお偉いさん達を連れて来ないような形にしたいので、赤色を取り入れたりしています。
「人を選ぶ空間」です。


「合言葉はSB」と言わんばかりに、大ウケで印象に残ったロゴと“SB”。

『Secret Bar』のプレゼンテーションが終われば、こちらも皆さんで感想を述べていきます。

★発想が面白いよね。
★(ターゲットとなる人達が)これ見よがしにではなく、自分を高めてひと時のくつろぎを充実して過ごす為の、自分たちのプライベート空間というところで、ビジネスで使うというよりも自分達のバーとして使う形でいくと、あり得ますよね。
★お店のコンセプトがしっかりしていると、入口を3秒見て『ここ、私達が入るところ』『入ってみたいところ』『入っちゃいけないところ』が判断できますね。
★外観といい、ロゴデザインといい、閉鎖的な中の『自分達のプライベート空間』としてのサロン的な場所というのは、凄く合ってます。コンセプトにも合っているし、空間のイメージなども全部合っています。下手に暗いだけの重厚感だけじゃなくて、杢のランダムな内に赤が入っているところが、コンセプトにとても合っています。
★『Secret Bar』というのが、何か深読みがあるのかな?と思いきや単刀直入な感じとしては面白いけど、凄いまとまってますよ。コンセプトからすると全部しっかり繋がっています。

毎度ながら、カラーデザイン講座って様々なことやるんですねぇ。

そうそう。カラーアナリストである講師の大森vieko先生は、インテリアコーディネーターでもありますのよ。

アナタが行きつけのバーも、カラーコーディネーターがお店の外装内装その他諸々への色の提案をしていたのかも知れませんよ?
因みに私には行きつけのバーなんてありません。バーよりも居酒屋派?ぃぃぇ宅飲み派!(はいはいわかったわかった)

* * * * * * * * * 

ヒューマンアカデミー熊本校では、資格取得相談会を実施中!
詳しくは、案内記事をご覧下さい!
このブログの左側にある「カテゴリ」から「講座説明会&授業体験会」の中の「カラーデザイン」をクリックすると、カラー講座に関する相談会の記事がご覧いただけます。

▼カラー講座に関するお問い合わせはこちら▼
  フリーダイヤル 0120−15−4149

ヒューマンアカデミー熊本校 10月の授業カレンダーはこちら

2012年10月2日

【フラワー講座】受講生さん作品のご紹介 その30

フラワーデザイナー講座の授業で制作されたフラワーアレンジメントをご紹介します。
FADAFLOWERアート&デザイン協会)のカリキュラムを学習している受講生さんの作品です。


撮影地:ヒューマンアカデミー熊本校 受付の向かい側

中山友貴さん作
ブリザードフラワーを使ったフォトスタンド
結婚式の受付に、ふたりの思い出の写真を飾る。
縁起物として結婚式でよく使われる実ものやキュートな色合いの花を飾って、記念に残るフォトスタンドを作りましょう。
結婚式では定番の色合い、ピンクホワイトを選び、薔薇のまわりには、ふわふわの紫陽花をあしらってキュートに仕上げます。

因みに。こういうアレンジメントは、グルー(フラワーデザイン用接着剤)を使うのが大変だそうですよ。


据え置き式です。このように卓上で立位姿勢にすることが可能です。


右上にはメインのアレンジ部分。

左上や右下にもワンポイント。
紫陽花の花びらがあしらわれています。

ウェディング用とあって、華やかなアレンジメントが飾られています。
甘い想い出の写真以外を飾ることは許されないフォトスタンドです。
だったら私の想い出は飾れない…。(゜Д゜;)



もしかして中の写真も実はドライフラワーとかでできている?!と思ったけど、さすがにこれは写真でした。
(・∀・;)


* * * *  * * * * 

ヒューマンアカデミー熊本校のフラワー講座は、現在、毎週水曜日の夜(講師:中島尚子先生)と木曜日の昼(講師:中島久美子先生)に授業が行われています

授業見学会やフラワーアレンジメント体験なども定期的に行われていますので、お気軽にご相談下さい。
このブログの左側にある「カテゴリ」から「講座説明会&授業体験会」の中の「フラワー」をクリックすると、フラワー講座の相談会や体験案内の記事がご覧になれます。


▼フラワー講座に関するお問い合わせはこちらまで▼
  フリーダイヤル 0120−15−4149

ヒューマンアカデミー熊本校 10月の授業カレンダーはこちら

前回と記事の構成が似ていることに誰か気付いてくれましたかねぇ

ヒューマンアカデミー熊本校
熊本市内の市電「通町筋電停」から徒歩1分にあるヒューマンアカデミー熊本校では、ネイルスクール、メイクスクール、インテリアスクール、フラワスクール、フードスクール、カラースクールなどのアート系資格取得講座から、医療事務、日本語教師、チャイルドマインダー、NLPなどの資格取得を目指してビジネス系スクールやWEBデザイン、CADからパソコンの資格取得を目指すパソコンスクールを熊本市で開講しています。転職、就職、スキルアップなどなりたい自分になるために頑張っている方を応援しています。