ヒューマンアカデミー熊本校は、ネイル、メイク、ブライダル、WEB、CADなどが学べるスクールです。

ヒューマンアカデミー熊本校


あなたが目指す未来を確実に実現
お問い合わせは今すぐこちらまで資料請求(無料)はこちらヒューマンアカデミー熊本校は、パルコや鶴屋のある通町筋電停そば。夜の受付も行ってますので、買い物帰りやお仕事帰りでも気軽にご来校ください。

2012年6月26日

【フラワー講座】受講生さん作品のご紹介 その24

6月20日(水)18:30からのフラワーデザイナー講座での受講生さんの作品をご紹介します。
水曜の夜は巨匠・
中島尚子先生がご担当でございます。

鈴木さんの作品です。

鈴木真理子さん作
平行―装飾的
平行配置によって装飾感を表現する構成
植物素材が互いに平行に配置されている造形です。
華麗な豊かさを表現し、効果を高めるために多くは閉ざされた輪郭に造形します。
平行性と装飾性の効果がバランスよく表現できていて、植物素材の疎密感が表現されている作品。


↑ちょっと横からも見てみました。

こちらも鈴木さんの作品です。

鈴木真理子さん作
植生的
植物の自然の植生をイメージして、生えているかのように理想化する構造
数種類の主張度の異なる植物素材を組み合わせ、三つのグループ分けによる適切な配置を行い、植生感のある作品とします。
植生感のあるグループ分けを考えたベース構造を行い、各グループは相互に高さと分量にバランスをとり、関連性と統一感をもたせるような植物素材を用いて、自然な感じの調和のとれた配色にします。
自然に生えているようなイメージを表現する為の、様々なテクニックを駆使したアレンジです。

←ちょっと上からも見てみました。
『平行―装飾的』の作品で使った赤い花が少し余ったので、こちらにも取り入れています。赤い花がちょっと入っただけでも、印象が変わってきます。

では、赤い花が入っていないバージョンをご紹介。

一本さんの作品です。

一本花絵さん作
植生的
植物の自然の植生をイメージして、生えているかのように理想化する構造
以下同文。
←ちょっと横からも見てみました。


作品と制作者のツーショット。


一本さんの襟元を見てみると・・・


一本花絵さん作
コサージュ
花で作ったコサージュです。(見たまんま)

○○式などお呼ばれで出席する際「Σ( ̄◇ ̄;)! まずい、地味なスーツとかしかないっ」という時に、こんなコサージュがあると助かります
あー、あの時、欲しかったなぁーこれ…(遠い目)

* * * * * * * * * * 

フラワーデザイナーというお仕事に興味のある方、フラワーデザインを本格的に学んでみたい方。
けれど、講座に通学してまで学ぶとなったら、ちょっと不安がありますよね?

でしたら、まずは熊本校で「フラワーアレンジメント体験」をしてみませんか?
フラワー講座ではどのように習うのか、講師はどんな先生なのか、授業の雰囲気なども体感することができますよ。

このブログの左側にある「カテゴリ」から「講座説明会&授業体験会」の中の「フラワー」をクリックすると、フラワー講座の相談会や体験案内の記事が見られます。


▼フラワー講座に関するお問い合わせはこちらまで▼
  フリーダイヤル 0120−15−4149


2012年6月2日

【カラー講座】赤い音符が奏でる人生。

ヒューマンアカデミー熊本校のカラーデザイン講座では、オリジナルの等色相面作成するという授業が行われました。
前回は受講生・小佐井麻衣さんの作品をご紹介しましたが、5月29日(火)には同じく受講生の荒木典子さんからも作品を見せていただきましたよ。

まず「色の三属性」の解説を簡単に。
■色相:赤、黄、緑、青といった色の様相の相違である。
■彩度:色の鮮やかさを意味する。彩度が高いほど淡くなり、低いほど濃くなる。
■明度:色の明るさを意味する。明度が高いほど明るくなり、低いほど暗くなる。
 ↑↑↑前回の記事コピペ↑↑↑

小佐井さんはテントウ虫で表現していましたが、荒木さんはというと――

――音符です。五線譜です。そうです楽譜です。
またもや変り種的な等色相面です!
(等色相面とは何ぞや?については前回の記事をご覧なさいまし。)
しかも、タダの等色相面でもタダの音譜でもないのですよ。実は深い意味が込められています。

テーマ: 「奏(かなで)」
色相: 5Rの等色相面
コンセプト: 自分の人生を楽譜に喩えてみました。


ほら、深かった!! 軽く予想を超える深さだった!! とうとう等色相面が人生になったよ!!
荒木さんご本人に、気にならずにはいられないポイントを教えていただきました。

ポイント1: 譜面
楽譜の起源は――初めは曲線と直線のみで音の長さや高さを表現し、音程の位置を水平の
1本線で表されていましたが、それがだんだん4本から5本になり現在の楽譜になったと言われています。
この譜面を自分に置き換えると。今までの私が積み重ねてきた過程が「1本から大きくなっていって(一般的な現代の楽譜の)5本線になった」ところです。
これから楽譜に何を書いていくかと思い巡らし、音符で喜怒哀楽を表現してます。
音階は低いドから高いドまであります。なので、例えば「音階が低いときには悲しいとき
、高いときには嬉しいとき」等、感情の音階を重ね合わせて(この等色相面を)作っています。


これが荒木さんのこれまでの積み重ね。今やっと5本になりました。

ポイント2: 音符
色相は5Rなので「赤」なんです。
赤というのは「アグレッシブ」だったり「エネルギッシュ」だったり、「革命」「情熱」「前進色」「野望」等の意味もあるんですよ。なので「どんどん自分は進んで行こう」と
いう志を色で表現しました。

これが荒木さんの喜怒。左が喜び、右が怒り。

これが荒木さんの哀楽。左が悲しみ、右が楽しみ。

これが私の楽譜なので、これから自分の楽譜をいっぱい書いていって、自分のオリジナル
の交響曲を作っていければいいなぁ、と。
今はまだ赤1色なんですけど、色をいっぱい増やしていって7色くらいになって、尚且つ
色々な楽譜が増えていけばいいなぁ、という希望を表現しました。

これが荒木さんの希望。いつか虹色の楽譜になりますように。

人生を形象化したとはいえ、これ等色相面ですので音符の配置にもしっかり意味があります。

5R(赤)を明度、彩度で分けて配置されています。


↑こちらが本日の主役・荒木さんと感情で彩られた音符たち。

カラーデザイン講座では、受講生の手によって度々、とてもユニークで素敵な作品が作られているんですよ。
講師の大森vieko先生も自慢の生徒さん達です。


奥深い色彩の世界を覗いてみたくなったアナタ!
熊本校で一緒に学んでみませんか?

*****お知らせ*****

カラーはカラーでも「パーソナルカラー」に興味のある方、ちょいとお耳を拝借。

6月28日(木)19:00から「
パーソナルカラーアナリスト講師個別相談会」を実施します。ヒューマンアカデミー熊本校のみならず多方面で活躍中の大森vieko先生による相談会です。つまり先生に直接あれこれ訊けるチャンスです!

因みに「パーソナルカラー」とは、人の眼やら肌やら髪色やらetc. から診断し、その人に似合うと判断された色のこと。
メイクやネイル、ファッション関係などなど、相手の似合う色を見抜く必要のあるお仕事には必要不可欠なスキルが「パーソナルカラー診断」です。

あれ?私にも必要かも?――とチラッとでも思った方は、この機会に是非ご参加下さい。要予約ですので、事前のお申込みをお願いします。

その他、カラーに関する資格取得相談会も随時開催中です。
詳しくは、このブログの左側にある「カテゴリ」から「講座説明会&授業体験会」の中の「カラーデザイン」をクリックしてご覧下さい。


▼カラー講座に関するお問い合わせはこちらまで▼
  フリーダイヤル 0120−15−4149

ヒューマンアカデミー熊本校 6月の授業スケジュールはこちら

6月中は「がんばるママ応援制度
」実施中!


ヒューマンアカデミー熊本校
熊本市内の市電「通町筋電停」から徒歩1分にあるヒューマンアカデミー熊本校では、ネイルスクール、メイクスクール、インテリアスクール、フラワスクール、フードスクール、カラースクールなどのアート系資格取得講座から、医療事務、日本語教師、チャイルドマインダー、NLPなどの資格取得を目指してビジネス系スクールやWEBデザイン、CADからパソコンの資格取得を目指すパソコンスクールを熊本市で開講しています。転職、就職、スキルアップなどなりたい自分になるために頑張っている方を応援しています。