2008年9月20日

★フード コーディネーター講師紹介

フードコーディネーター養成講座 講師紹介は、 立山講師です〜


 立山講師のHISTORY 

20代 百貨店のディスプレイ、MD、スタイリストとして独立

 |   ウィンドウディスプレイやマーチャンダイジングなど経験を
 |   重ね、いよいよ独立!
 |
30代 テレビCM撮影やカタログの撮影開始
 |   スタイリストとヘアメイクの会社を設立
 |   お中元やお歳暮のカタログ撮影はじまる
 |
現在 撮影現場で奮闘!
 |    テレビCMや番組の中スタイリストとヘアメイク
 |    両立させながらヒューマンアカデミー講師をつとめる
 |

  先生より 
 
立山先生

フード コーディネーターを目指したきっかけは、スタイリストとして働き始めた頃、
フード コーディネーターと呼ばれる人がいなかったため、フード コーディネーターの
仕事の依頼がくるようになったからですよ。

いっつもスカッとした明るさで授業をされている先生ですが、
撮影に入ると的確なアドバイスと手順アドバイスが飛び交っています。
カラーの講師や他講座の講師も先生の撮影スキルを学びたいと授業に
参加したい!と授業参加希望があがってるほどなんです!

講座では、フードをビジネスにするための撮影なので、自分の食べたいものを
他の人にいかによく見せるか、食べたいと思わせるかを基にしたメニュー作り、
季節感、TPOに応じたコーディネートをする。でも、根本は、食を楽しく提案する
ということを基本に!という授業内容ですよ。

フード コーディネーターとは人と人とをつなぐお仕事だと言われます。
メーカーと消費者、お店とお客様。その間で、フード コーディネーターは日々活躍!

いつもアンテナを広げて、何でもみて、食べて、吸収して、常にWHY?と探究心を
持つ事を行ってほしいなと思います。

 講座担当・にわより 

いつも現場のお話などで授業を楽しく盛り上げて下さる先生。
余裕をどこかに潜ませているような、大人の女性です。
撮影のときは、何が問題か、どうしたらよく見えるか、手さばきがすごいんです!



aakum200 at 10:45│ Comments(0)TrackBack(0)