2012年7月8日

看護職の資格について☆

【看護職の資格について】




皆さんこんにちは!ヒューマンアカデミーの福田です!

先日、ヒューマンアカデミー和歌山校で、

「医療・看護のお仕事博」を開催させて頂きました。

その時に、お越し頂きました

和歌山看護協会 会長 木村佐多子様より

御教授頂きました内容を少し書いていきたいと思います。

それでは、よろしくお願い致します。

この前の続きです☆




『資格は生涯有効』



☆看護職の資格はいったん取得すれば生涯有効です。
   
    社会的なニーズも安定して高く、
   
  結婚や出産その他の理由でキャリアを中断しても、再就職が可能です。
    
    また、育児休暇をとれる病院が増えているだけではなく、
   
    保育所が併設されている病院も多く、育児しながら仕事を続ける人、
    
    いったん休みを取っても看護職に復帰する人が増えています。



『看護職に求められる役割』



☆人々は人間としての尊厳を維持し、

    健康で幸福である事を願っています。


☆看護は、この様な人間の普遍的なニーズに応え、

  人々の健康な生活の実現に貢献することを使命としています。


☆看護は、あらゆる世代の個人、家族、集団、

  地域社会を対象とし、健康の保持増進、持病の予防、健康の保持、

     苦痛の緩和を行い、生涯を通してその最期まで、

     その人らしく生を全うできるように援助を行う事が求められています。



「保健師(国家資格)」


保健所や市町村役場では、乳幼児健診や母子保健活動、

地域住民の健康相談、生活習慣病の予防や健康管理に関する

指導を行います。

また、高齢者等の自宅療養者の家族を訪問し、相談指導を行います。

企業では、健康管理部等に所属し、社員の健康相談や検診の結果に

基づいて生活指導等を行います。



「助産師(国家資格)」


出産の介助の他、妊産婦や新生児のケアや相談・指導を行います。

出産後の育児相談、更年期・思春期の性に関する相談等女性の

生涯を通じた健康問題に関わります。

病院・診療所以外に、助産院を開業することも出来ます。



「看護師(国家資格)と准看護士(都道府県知事免許)」



看護師

    傷病者や妊産婦の療養上の世話や医師・歯科医師の指示を受けて

    診療補助等を行います。


准看護士

    看護師と同じ仕事ですが、医師・歯科医師・看護師の指示を受けて

    診療報酬補助等を行います。



看護師准看護師の違いは何?』


看護師は厚生労働大臣から免許を受ける国家資格。


准看護師は都道府県知事から免許を受ける資格。


☆看護師とは教育内容や業務上の位置付けが異なるため、

    賃金や昇格面で不利になります。国公立系の病院や、

    大学病院、大規模病院等は、准看護師の募集自体が殆どありません。


☆准看護師から看護師になるには、

    更に2年課程(全日制は2年、定時制は3年、通信制2年)の学校に

    進学し、看護師家試験受験資格を取得後、国家試験に

    合格しなければなりません。


☆尚、通信制は准看護師として

    実務経験が10年以上が入学要件になります。













今回はここまで書かせて頂きます。

また次回にですね、今回の続き

「看護学校について」

を書かせて頂きたいと思います。

よろしくお願い致します。


<ヒューマンアカデミー和歌山校へのお問い合わせは>

  お電話でのお問い合わせはこちら
    0120-49-0744
  メールでのお問い合わせはこちら
    E-mail :
Wak20@athuman.com


aawak200 at 13:06│ Comments(0)TrackBack(0)