2013年12月18日

ウエディングプランコンテスト2013・準グランプリ受賞!!!!

border=0border=0

ウエディングプランコンテスト2013
  天王寺校  下町 友理恵さん

ウエディングプランコンテスト2013」
            準グランプリ 受賞


border=0border=0 

天王寺校にて、ウエディング講座を学習されている
下町 友理恵さんが、
「ウエディングプランコンテスト2013」の準グランプリ
を受賞されました黄色いキラキラアイコン19-点滅する素材


↑ 写真は夏のフラワーの授業のとき

下町さん、本当におめでとうございます
準グランプリ 受賞作品はコチラ


↑ クリックするとサイトへ詳細確認できます


審査員からのコメント

林燦明  


林燦明 氏より



お二人のコンセプトがしっかりと描かれており、オリジナリティ溢れた内容
だと思います。祭りをあまり知らない方の為に、紹介ビデオの上映も心遣
いの表れ、ゲストの期待感を膨らませる素晴らしい演出だと思います。
挙式から披露宴、料理/衣装/演出も全て「和」に拘った、温かみのある
パーティーだと思います。挙式・披露宴に参加されたゲストの方々は、今
までに味わった事がない体験をするでしょうね。「祭」をコンセプトにして
いるのであれば、もっとゲストを巻き込んだ一体感ある演出があっても
面白いかも知れないですね。


清水恩

清水恩 氏より



関西のお祭りをモチーフに、ゲストとの一体感を上手に演出している
内容だと思います。ゲストテーブルにセットする太鼓は、日本人に馴染み
深く、お祭りとの全国的な関わりも深いものですので、誰もが楽しんで
叩いてくれそうですね。そして、席札の「担ぎ手守」はおふたりの地元の
習慣を知ってもらうことにもつながりそうです。そしてグルームズケーキ
が大阪ならではの「たこやき」ケーキとはお茶目でいいですね!海外の
習慣をコテコテな大阪バージョンで取り入れていてとても楽しいです。
挙式については、お祭りと神社との関係性から、神前式がすぐに思い
浮かぶので、新郎側の鎮守さまでの挙式というのも1つの考え方のように
思います。人前式を選択した理由や、挙式の中の儀式等の説明も、もう
少し詳しく説明がほしいところです。太鼓演奏が入るウェディングという
のは、会場探しに苦労するものです。会場内での花火演出等も見られ
ましたし、ブッフェについても料理とBBQが入るとなると、導線の検証や
進行組のゆとりも大切です。盛りだくさんで楽しい内容だけに、実施する
としたらどうなるかを具体的に考えて、ブラッシュアップしてみてはいかが
でしょうか。


aaten200 at 21:35│ Comments(0)TrackBack(0)