2017年3月21日

日本語海外実習プログラム 体験レポート@ 〜野田さん・タイ編〜

ヒューマンアカデミーでは、日本語教師養成講座の受講生様・修了生様を対象に、『海外実習プログラム』を行っています。


海外実習プログラムとは、提携する日本語学校に

1週間の短期留学を行い、現地の日本語学校で講師アシスタント、

模擬授業を行って頂くものです。


大阪梅田校では、2月・3月で約10名の受講生様が、

インド・インドネシア・タイ・台湾の各国に留学されます。



今回は梅田校受講生の中で一番最初にタイに留学された、

野田さんからの体験レポートです!!



<帰国後お疲れの中、長時間のインタビューにお答え頂きました>

◆プログラム参加のきっかけや希望した国の理由を教えて下さい


校舎で配布されたチラシを見たことがきっかけです。

タイを希望したのは、将来海外で日本語教師として

働きたいという思いがあり、タイも視野に入れていた為です。

あと、ご飯がおいしいから(笑)


Q.プログラムに参加してみての感想について教えてください


現地の先生方の話しをお聞きする機会があったことは、

この実習で一番良かったと思う点です。

海外で日本語教師として就職された経緯、働き方、生活面など、

さまざまな話しをお聞きすることができました。

将来海外で働く自分のイメージが少しだけ見えてきたように思います。


模擬授業についても、とても丁寧に指導をしていただきました。

私は、講座ではまだ教育実習を修了しておらず、

模擬授業を少しやったことがある程度だったので、

教案作りは本当に不安でいっぱいでした。


準備段階では、現地の先生に一度自分で作った教案を見て頂き、

このやり方で本当に生徒に伝わるのか?

もっと他に良い方法はないか?

などを一緒に考え、教案を作っていきました。



教材を作る過程で、「生徒の様子を見ながら、生徒と一緒に授業をすることが大事」ということを教わり、

授業は自分だけで完結するものではなく、

生徒と一緒につくりあげるものだということを学びました。


当日は緊張はしたものの、しっかりと教材を準備していたこともあり、生徒と楽しく授業を終えることができました。

全てが為になることばかりで、本当に良い経験になりました!!




<現地の学生と先生と。はっぴが素敵です♪>


Q.海外の方へ指導してみての気づきや感想教えてください


授業中の反応が、とても積極的なことに驚きました。

模擬授業でも、積極的な姿勢で取り組んでくれたので、

授業を進める際はそれに随分と助けられたように思います。






<野田さん、授業実施中です!!>

Q.現地の生徒さんはどのような方々でしたか?

高校生〜社会人の方まで、さまざまな年齢層の生徒さんが学習されていました。

1日体験のオープンスクール等も実施されていました。


Q.学校やお住いの環境はいかがでしたか?


日本語学校はオフィスビルの中に入っていて、すごく綺麗でした!!

セキュリティも整備されていましたし、

350名程の生徒さんが通われているとの事で、

教室も56ありました。

また、宿泊したアパートメントも綺麗で、出入り口には

ガードマンの方も常におられたので安心でした♪




<こんなオフィスビルの中に学校があるそうです!!>


Q.プログラムに参加する前と後では何か変化を感じますか?


今までは、講座の模擬授業などに苦手意識がありましたが、

現地で2時間の授業をやり遂げたことで少し自信がつき、

模擬授業などに対する気持ちが前向きになったように思います。



<留学の合間のアユタヤーツアーで。

カナダ人のお爺さんに撮って頂いたそうです♪>


Q.今後の展望・予定などありましたら教えてください


まずは講座を無事に修了することが目標です!


野田さん有難うございました!!

日本語教師420H修了に向かって、ラストスパート。

この経験を活かされて頑張って下さい♪


◆◆◆2017年度海外実習プログラムも参加受付中!! ◆◆◆

2017年度海外実習も現在好評受付中です。

来年度は更に『ポーランド』が留学先に加わりました。

詳しいご説明をご希望の方は、こちらまで!!


ヒューマンアカデミー大阪梅田校舎 事務局

担当:伊藤

TEL 06-7669-8482 E-MAIL OSA20@athuman.com


aaosa200 at 20:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)