2013年8月6日

<日本語教師養成講座> 教育実習の授業が始まりました★


初級実習レポート



大阪梅田校では只今教育実習の真っ最中です。


border=0


教育実習以外の授業で模擬授業を発表するときは


クラスメイトが学習者役をしてくれますが、


教育実習では 


実際に日本語をお勉強中の学習者やクラスメイトを前に

本番さながらの授業を行います


border=0 こんな方や


border=0
 こんな方、


border=0 こんな方に


border=0 こんな方を前にして実践力を養います




 



この日は「普通体」の授業でした。



  *:..。o○☆ 「普通体」とは *:..。o○☆



      日本語教育で使われている言葉で、
       
      私たちが普段家族や友達と話すときに使っている

     「普通の話し方」のことです。


          たとえば・・・・・・



 
@                  A  

A:明日、郵便局へ行きますか。
   
A:明日、郵便局へいく。↗
   
B:いいえ、行きません。       B:ううん、行かない。



@の会話は学習者がこれまで勉強してきた丁寧な話し方(丁寧体),

Aの会話が「普通体」です。




           普通体で話しているときは、

          「明日、郵便局へ行きますか。(疑問文)」と

          「明日、郵便局へいきます。(平叙文)」は

           どちらも「明日、郵便局へ行く。」となります。




           疑問文かそうでないかは、

           文末の音を上げるか(
↗ )、

           文末の音をまっすぐ平坦にするか( → )で

           私たちは区別しています。









そんな細かいことまで指導するのは大変


と 思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

学習者にとっては、普通体のほうが

映画やドラマ、アニメなどを通してよく耳にするので、

「あ、テレビの日本語だ」と普通体を身近に感じる人が多いそうです



                  






ヒューマンアカデミーでは

現場に出て即戦力としてご活躍いただけるよう

教育実習の授業だけでなく 

さまざまな授業の中で模擬授業が組まれています。

教案の組み立ては大変ですが、グループで行うこともあり

楽しく学習していただいています



                                
講座の概要はこちらまでどうぞ



また、下記にもお気軽にお問い合わせください

TEL:0120-49-0419
平日:10:00〜21:00
土日祝:10:00〜19:00
★.・゜∵☆.・゜∵★
E-mail:umeda.athuman@gmail.com






大阪梅田校
twitter&facebook









 


aaosa200 at 15:02│ Comments(0)TrackBack(0)