2012年10月27日

フード担当講師・山岡のグルメリポート☆ちょっと変わった定番のあのお店・・・

フードコーディネーター養成講座担当講師
山岡のおもしろ日記

グルメリポート第40弾




今回は長年にわたってファミリーレストランの草分け的存在であった
「すかいらーく」ブランドがなくなって、
新たなメインブランドとなった「ガスト」の和テイストのお店を紹介します。


1970年に国立市に「すかいらーく」が誕生しました。
その時日本は高度成長期の真っただ中で、
大阪では万国博覧会が開催され、多くの食文化が日本にやってきました。
今皆さんはあたり前のごとくファミリーレストランやファーストフードに行っていますが、
1970年以前には、ファミレスもファーストフードもありませんでした。
この時の日本における外食産業の売上は約3兆円程度でした。
現在は約24兆円でめざましい成長だといえます。(最高時で29兆円)
そんなファミリーレストランの草分け的な存在の「すかいらーく」にも
時代の波がやってきて、2009年に「すかいらーく」のブランドを閉じることになり、
かわりに「ガスト」をメインブランドに押し出すことになりました。
その「ガスト」の中でも全国でまだ100店舗程度しかない
「おはし Café ガスト」を紹介します。

家族で奈良にサーカスを見に行った時に偶然見つけたお店です。
「おはし Café ガスト」は和食を中心としたメニュー構成となっています。
ドリンクバーは通常のガストと一緒です。

この日は、娘がお子様ランチ(カレーライス)、


私は日替わりランチを注文しました。

季節の筍やきんぴらごぼう、定番のハンバーグは大根おろしソースで。



次回もお楽しみにっ



aaosa200 at 12:30│ Comments(0)TrackBack(0)