2011年6月9日

ヒューマンアカデミー三宮校周辺★グルメリポート第13弾★

フードコーディネーター養成講座担当
副校長 山岡のおもしろ日記

border=0  border=0 

大好評!!
山岡のグルメリポート第13


今回のグルメリポートはヒューマンアカデミー三宮校近くにある
チャイニーズバール yun yun 
を飲茶の店を紹介します。




神戸と言えば元町で、元町と言えば南京町ですよね!
今回はその南京町でのニュースポットを紹介します。
ビーフンで有名なメーカーの“ケンミン”の直営店で
大変リーズナブルに本格的中国料理を食べることが出来るお店です。

三宮校のブログはこちら♪
⇒ http://school.athuman.com/204810/?code=041039

地図・アクセスはこちら
⇒ http://school.athuman.com/204810/map.html

今回は、お得な焼小龍包と焼ビーフンのセット500円を注文しました。
小腹を満たすには充分の量です。



border=0border=0 border=0

ここでちょこっと
【生煎饅頭について】

生煎饅頭は、中国や日本で一般的な肉まんよりも小ぶりな包子である。
作り方、大きさ、見た目が日本の信州名物のおやきと似ている。
酵母で発酵させた小麦粉の皮で、挽き肉や野菜を混ぜた具を包み、
「平鍋」と呼ばれる大きな調理器具やフライパンにぎっしり詰めて蒸し焼きにする。
焼き餃子と同じく、カリッとした食感があって、
焦げ目が香ばしいのに加えて、小籠包のように噛むと包子の中から
熱々で旨味たっぷりの肉汁があふれ出てきて、
独特の風味が味わえる点が生煎饅頭の特徴である。
食べる者の好みにより、ショウガを散らしたり、
黒酢、醤油、ラー油、辣椒醤などの調味料をつけて食べる。
上海では、もともとしっかり味がついているものが多く、
店には黒酢だけを備えていることも多い。
上海には生煎饅頭を専門に扱う料理店もあり
、麺類などの簡単なメニューと併せて販売する店もある。
本来はおやつや夜食として食べていた料理だが、
上海では店や屋台の中には朝早く開店する店もあるため、
朝食としても親しまれている。


border=0

土鍋焼ビーフン¥1000 ピリ辛汁ビーフン¥680 ビーメシ¥750 
豚肉と野菜の汁ビーフン¥580 
あっさり焼ビーフンニンニク醤油添え¥580等があります。
リーズナブルな値段で本当に美味しく、大満足間違いないです

通常の蒸し小龍包とは違い焼小龍包は底がパリッとして香ばしさがあり、
食感も変わっています。
注意は蒸し小龍包と同じで中のつゆに本当に注意ですよ!

梅田校受講生の皆様は、神戸に遊びに行った際、
是非行ってみて下さい

次回は三宮校周辺にある、カレー屋さんを沢山紹介致します。
夏に向けて、美味しい物を沢山食べて、体力つけて頑張りましょう!!
三宮校の受講生の皆様も、是非ご覧下さいね♪

次回もお楽しみに!!

aaosa200 at 21:21│ Comments(0)TrackBack(0)