2011年3月30日

副校長山岡のオススメスポット☆

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

フードコーディネーター養成講座担当

副校長 山岡のおもしろ日記

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この春行きたいオススメスポットのご紹介☆

だいぶ暖かくなり、桜の開花が待ち遠しいですね!
この春行きたい山岡のオススメスポットを紹介します☆
今回は、滋賀県のご紹介♪
滋賀といえば…
『彦根城』ですよね!?こちらもレポート致しました!!
また“ひこにゃん”にも会ってきましたよ☆☆
写真もばっちり撮ってきました。こちらも合わせてご覧下さいませ☆
                             border=0
                                     娘の実夢です☆
では、さっそくですが皆様に
彦根城下に広がるスポットを紹介致します。
今回歩いた場所は、夢京橋キャッスルロードと四番町スクエアの二カ所。
夢京橋キャッスルロードは、白壁と紅穀に煤がけの黒格子、軒の傾斜をそろえ、
歴史的景観を大切に現代に甦った新しい城下町です。
お食事処、伝統の和菓子、お土産など、
個性豊かなお店の数々が軒を連ねています。

border=0
border=0 border=0 border=0           
border=0 border=0 border=0

四番町スクエアは、彦根の台所と呼ばれた市場商店街が、
「大正ロマン」をコンセプトに生まれ変わったそうです。
なんと、コンセプトは“脳にやさしい”!!
脳に優しいハイパーソニック・サウンドが流れ、水、音、そして祈り・・・・・、
ノスタルジックな癒しの都市空間で、買い物を楽しむことができました☆






この銅像みたことないですか?
そうそう!
せんとくんに似ていますね(笑)


border=0     
この銅像の作者は 
薮内佐斗司氏
大阪市出身・堺市三国ヶ丘高校
東京芸術大学卒業

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


border=0

お次は彦根城です!!

border=0 border=0 border=0

では彦根城のご紹介を少し…
近世にあたる江戸時代に滋賀県彦根市金亀町にある彦根山に、
鎮西を担う井伊氏の拠点として置かれた平山城。
山は「金亀山」との異名を持つため、城は金亀城(こんきじょう)ともいう。
多くの大老を輩出した譜代大名である井伊氏14代の居城であった





明治初期の廃城令に伴う破却を免れ国宝の天守、附櫓(つけやぐら)
および多聞櫓(たもんやぐら)のほか、安土桃山時代から江戸時代の櫓・門など5棟が現存し、
国の重要文化財に指定されている。
中でも馬屋は重要文化財指定物件として全国的に稀少である。

一説では、大隈重信の上奏により1878年(明治11年)に建物が
保存されることとなったのだという。
日本で12箇所の安土桃山時代から江戸時代に建造された天守が現存する
城郭の一つ(現存12天守)で、
その内、国宝に指定された現存天守のある国宝四城の一つに数えられる。
1992年(平成4年)に日本の世界遺産暫定リストにも記載されているが、
世界遺産登録は厳しい状況にある。滋賀県下で唯一、城郭建築が保存された。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




NHK 大河ドラマ 江 姫たちの戦国 の舞台でもあるらしいのですが、
彦根は直接的な舞台ではないので、彦根に隣接している
長浜城や安土桃山城が舞台となったようです!






彦根は決して大きな城下町ではありませんが、天守閣に登って周囲を見渡した時、
当時のお殿様気分になれたような気がしました。まさに、絶景かな!
彦根城に行ったら必ず行って頂きたいのが、名勝 玄宮園(げんきゅうえん)です。
けっして派手さはなりませんが、日本人でよかったなぁ〜 と思えるような景色でしたよ!
玄宮園は、隣接する楽々園とともに江戸時代には「槻御殿(けやきごてん)」
と呼ばれた彦根藩の下屋敷です。
槻御殿は、延宝5年(1677年)、4代当主井伊直興(なおおき)により造営がはじまり、
同7年に完成したと伝え、昭和26年には国の名勝に指定されていたそうです。

border=0 border=0 border=0

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


そうそう! 彦根城と言えばこのキャラクターを忘れてはいけません!
ひこにゃん☆
現在、城内の特定個所でひこにゃんが約30分間登場します。
愛くるしいキャラクタが老若男女問わず人気があるようです。

娘も大喜びでした☆

border=0 border=0 border=0

次回もお楽しみに!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


aaosa200 at 17:20│ Comments(0)TrackBack(0)