2014年9月6日

オイリーフード★

日本語教師の現場から・・・




当校の修了生、当校の養成講座講師が

日本語教師の現場で体験した
文化風習の違いや授業中のエピソードをご紹介してまいります





私の台湾人の友人は

お肌の調子をとても気にしていて、食べ物に気を配ります。

特に、油濃い食べ物(オイリー・フード)はお肌に大敵とのこと。。。
                     
                                                        
                                                                                        

ある日、彼女の家へ遊びに行ったとき、

「おやつ食べる?」と出してくれたのは、キムチと韓国海苔 でした




私 :………。  なんでおやつにキムチなの?

女:キムチは発酵食品だからお肌にいいの。

      
韓国の女の子たちはみんなお肌がきれいでしょう。

     
  毎日キムチを食べているからなんだって。

      
ほら、遠慮しないで食べて。

私 :うーん…。じゃあ海苔は?なんで海苔?

彼女:海苔は体にいいの。知ってるでしょう?

私 :………。  
おやつって普通、 

          紅茶とケーキとか、クッキーとか、チョコレートとか。

彼女:そんなの食べてちゃだめだよ。

     
 どれだけバターや油を使っていると思ってるの。

     
 オイリー・フードはお肌に良くないんだからね。(←目が真剣)




彼女の勢いに押され、
この日、人生で初めてキムチを「おやつ」としていただいたのでした


          


夕方、一緒に市場へ行きました。

「私これ好きなの。買って帰る。」と彼女が寄った店がありました。

彼女が買ったのはさつまいもスティックでした。


太目のフライドポテトといったところで
おやつの定番 の一つだそうです。

確かに美味しいのですが疑問がわいてきます




私:ねえ、これって揚げ物でしょう。オイリーなんじゃないの?

彼女:大丈夫。これは、台湾料理だから。

私:??? じゃあ、フライドポテトは?

彼女:ジャガイモの?ああ、あれはだめ。オイリーだから。

私:???




どうやら、

外国の調理法は油をよく使うという印象があるらしいのです。

彼女だけではなく

●FCは油濃くて体に良くないけど、

チーパイ(鶏排:平たくした胸肉の揚げ物。台湾で人気の屋台メニュー)

は大丈夫とか、

クッキーはだめだけどパイナップルケーキ(鳳梨酥)はOK!

だとかいう人たちもいて、
彼女達のオイリー・フードの定義は謎に包まれています



私:あのさあ、

        
台湾では結婚式のお祝いにクッキーの詰め合わせを配るよね?

        
あれはどうして?

       
体に悪いものを友達に配っても、

        もらった友達は嫌だな、って思わないの?


彼女:あれはいいの。台湾の会社が作ってるの。  
           台湾のお菓子だよ。大丈夫
(←きっぱり即答!)



どうしてそんな自信たっぷりに言い切ることができるのか不思議ですが、

彼女たち独自の価値観があることはよくわかりました。

念のため 日本のクッキーは食べるのかと聞いたところ、

日本で作ったものだから大丈夫、とのことでした




 
                                      






海外で生活していると、

現地の人たちにとっては日常の何でもないことにも

価値観の違いを発見することがあります。

納得できるかどうかなどの判断をせず、
まずはそのまま受け止めて違いを楽しんでいきたいものですね




         日本語教師養成講座の概要は こちら  までどうぞ 
 
               下記にも お気軽にお問合せください★                                       






      TEL:0120-49-0419
                   平日:10:00〜21:00 / 土日祝:10:00〜19:00

           
                E-mail:osa20@athuman.com



                     twitter&facebook