2014年2月15日

祝合格☆インタビュー♪日本語教育能力検定試験編B 授業以外のお勉強方法は?

昨年10月に実施された日本語教育能力検定試験に合格された
皆さんのインタビュー第3弾黄色いキラキラアイコン19-点滅する素材黄色いキラキラアイコン19-点滅する素材黄色いキラキラアイコン19-点滅する素材

              
                 前回はコチラ→ @ A

授業以外のお勉強はどうされていたのですか?

border=0
日本語教師養成講座修了生 世古さん


本格的に勉強を始めたのは4月頃で、
まず問題集や合格するための本(ムック)に載っていた
試験までの勉強スケジュールを参考に、
大まかな計画を立て、それをもとに勉強していきました。

4〜5月
まず試験範囲の用語や流れを俯瞰するべく、用語集を使って
養護単語帳作成&ヒューマンの赤い本を読み進めまとめたりしました。
一日のノルマを決め実行しようとしましたが、
単調な作業が合わず、集中力が続かず、あまり達成できませんでした。

6〜8月
勉強法を変えてみました。
まだ基礎が全く固まっていなかったのですが、
ただテキストを読み進めるのではなく
実際に問題を解いて分らなかった所をテキストに戻って確認する方法をとりました。

当然始めは間違いばかりでしたが、とにかく一通り行いました。
この際、記録表を作成し、
自分が解いた量や勉強過程が一目でわかるようにしました。
こうすることで問題を思うように解けなくても挫けることなく
チェック表を完成させたい一心で
最後まで問題集を解ききることができました。

 解いた問題集 
 @日本語教育能力認定試験完全攻略ガイド(ヒューマン)の確認問題
 A合格問題集(ヒューマン)
 B合格するための問題集 H21−23版と2006−2008年版
 C過去問(3年分)


9〜10月
問題集&過去問2回目
『自分の不安なところ→理解が浅いところ』なのでそこはノートにもう一度まとめました。
またヒューマンの直前対策講座を受けました。
記述はほとんど対策が皆無だったのですが
直前対策講座での対策が非常に有効だったと思います。




現在、日本語教師としてご活躍中の世古さん
試験までの年間スケジュールや使用教材を、
詳し〜く教えていただきました。
今後受験される方はご参考になさってください

                                                               次回に続きます。

:*。・:*:・゜'☆♪・:*:・゜'・:*。・:*:・゜'☆♪・:*:・゜'・

自分
を変えるヒント ココで見つかる!

無料個別相談会には
コチラから

つぶやいてます☆ 
ココ

facebook  は コチラ

 お問い合わせはこちら
       
  
 
ヒューマンアカデミー奈良西大寺校

      受講生専用番号:0742−33−8063
       E-mail :
nar20@athuman.com


aanar200 at 11:41│ Comments(0)TrackBack(0)