2014年2月10日

祝合格☆インタビュー♪日本語教育能力検定試験A

昨年10月に実施された日本語教育能力検定試験合格者の
皆さんのインタビュー第2弾です黄色いキラキラアイコン19-点滅する素材黄色いキラキラアイコン19-点滅する素材
           
                    第1弾はコチラ→ @

border=0


授業以外のお勉強はどうされていたのですか?

border=0小出さん
受講中はどうしても座学知識中心になりがちですが、
できるだけ早く「現場」を知ることが大変勉強になります。
ボランティアにしろ、学習者の交流会にしろ、学習者を知ることが
日本語教育を知ることになります。
(特に試験(V)のチカラになります。

菅原さんborder=0
暗記したい言葉や語句はノートに記入しておき、
電車の中や仕事の休憩時間等、たとえ5分でも見て覚えられるよう
ノートを常に携帯しておく。
自宅ではテキストを読み、問題集を解き、
分らないところはまたテキストに戻って
理解するまで考えることを繰り返しました。

border=0世古さん
※学習スケジュールや使用教材を
詳しくご回答いただきましたので、次回掲載します。


印象に残っている講師からのアドバイスは?

小出さんborder=0
直接のアドバイスではありませんが、先生方の一見雑談とも思える
経験談、マメ知識は、今思うと結果的に間接アドバイスであり
力になっています。

border=0菅原さん
試験の出題頻度が低い単元でも暗記で勝負したいなら
自分が納得する方法で勉強することで
それが自信にも繋がるとアドバイスをいただきました。

世古さんborder=0
勉強を始めた当初に受けた、
「始めはあまり頭に入らなくても良いから一通りざっとやって
回数を重ねていけばいい」というアドバイス。
膨大な範囲を前に途方に暮れていましたが、
とにかくやってみようという気持ちになりました。
また、夏ごろに参加した『勉強のしかたセミナー』が非常に役立ちました。

:*。・:*:・゜'☆♪・:*:・゜'・:*。・:*:・゜'☆♪・:*:・゜'・

自分
を変えるヒント ココで見つかる!

無料個別相談会には
コチラから

つぶやいてます☆ 
ココ

facebook  は コチラ

 お問い合わせはこちら
       
  
 
ヒューマンアカデミー奈良西大寺校

      受講生専用番号:0742−33−8063
       E-mail :
nar20@athuman.com


aanar200 at 14:32│ Comments(0)TrackBack(0)