2013年3月20日

祝合格☆インタビュー♪日本語教育能力検定試験編C

H24年度日本語教育能力検定試験に合格された
日本語教師養成講座修了生のみなさんに
合格の秘訣をお伺いしています。
4回目です                    パート
@ A B
これから試験を目指される方、参考にしてください。

border=0
 節分パーティーのようす。
 楽しい交流会は貴重な情報交換の場でもあります。

授業以外の勉強方法は?

まず授業のハンドアウトとテキストを科目ごとに集中して復習し
巻末テストで知識を整理しました。
(これが8月←おそすぎです。7月いっぱい家庭の都合で
勉強できなかったので…)

 9月から問題集(合計3冊)。できないものがたくさんありましたが
解説をじっくり読み、関連する項目を
テキストやほかの問題などもひっぱりながら
マイペースで進めました。

 問題集に直接書き込んで、試験2週間前は
それを整理ノートがわりに目を通しました。
(本当は書き込まずに、2〜3回問題を解くのがいいのでしょうが
時間不足でした。) (高木さん・専業主婦)



オリンピックが終わった8月17日になってやっと勉強を始めました。
最初は半分あきらめていましたが
勉強を始めたら段々とやる気がムクムクと沸いてきて、
毎日4〜5時間はやりました。

 当然時間が足らず基本用語を覚えるのを途中でやめて
赤い本(検定試験攻略ガイド)を最初から読み、
且つ問題をやっていくことにしました。

 全てやり、過去問を解き、そこで間違えたところや分からないところを
教科書を読み返して調べました。

 ヒューマンアカデミーの解答解説集は参考になりました。

 試験数日前に日本語教育施設の分からないことに愕然とし、
インターネットで調べました。試験前日までバタバタでした。

 直対(直前対策講座)も受講しました。
H23年試験の解答説明の授業は、1日中あってしんどかったですが
一番良かったと思います。 (皿田さん・61・男性)

                              つづきます


日本語教育能力検定試験は年に1度10月の末に行われる試験です。
学生・会社員・専業主婦等、それぞれご状況は違いますが
みなさん、週3回の授業に通いながら
ご自身のペースで試験に向けての勉強をされています。
 もうすぐ4月。
今年受験される方は、先輩方の勉強方法を参考に
合格プランを立ててくださいね。
 
                          
 :*。・:*:・゜'☆♪・:*:・゜'・:*。・:*:・゜'☆♪・:*:・゜'・

自分を変えるヒント 
ココで見つかる!

無料個別相談会には
コチラから

つぶやいてます 
ココ

facebook  は コチラ

  お問い合わせはこちら
  
     
  
 
ヒューマンアカデミー奈良西大寺校

      受講生専用番号:0742−33−8063
       E-mail :
nar20@athuman.com




aanar200 at 14:56│ Comments(0)TrackBack(0)