2011年12月3日

京都地方気象台★見学会

こんにちは。
気象予報士講座の講師 岡本治朗です。

気象予報士試験対策講座のメンバーを引き連れ、
京都地方気象台 まで見学に行ってきました!!




 案内してくださったのは、気象台の山岡さんです。
 (体格の良さそうなおじさん)

 写真は、屋外の観測機器が設置してある露場を見学中。
 「柵の付いた桶」と「板の切れ端」が置いてありますが、
 これも観測の道具です。

 桶には水が入っていて、この水が凍ると初氷が発表されたり、
 板に霜が降りると初霜が発表されたりします。

(ポケットに手を突っ込んでいる輩もいますが、
 ちゃんと説明に耳は傾けています)







 山岡さんは熱心に解説してくださる方で…
 展示してあった雨量計を外に持ち出し、
 降水量を測る仕組みも見せていただけました
 (ホースで雨量計に水を注いでいます)

 その他、いろんな観測機器を展示棚から豪快に表に出して…
 ここまで豪快な案内をしてもらったのは初めてで、正直ビックリ〜






 ということで、最後は気象台の玄関前で記念撮影

 この時は、まだみんな笑顔なんですねぇ〜
 実は、この後に校舎へ移動して、夜から毎週の講座があったのです。
 言うまでも無く…、講座が始まる頃には皆さんグッタリお疲れモード

 あきらめて、観測や予報の内容を復習して講習は終了しました。
 んん〜、見学に行ったことが試験に活かされることを祈るばかりです…
 いやっ、きっと活かされるはずです!!


 border=0border=0border=0


aakyo200 at 19:30│ Comments(0)TrackBack(0)