2017年8月27日

日本語教師として活躍!☆卒業生インタビュー☆


卒業生インタビュー


ヒューマンアカデミー日本語教師講座 卒業生で、

今年の4月から日本語教師デビューをした、Oさん

そろそろ日本語教師の仕事にも少し慣れてきた頃かな…

ということで、インタビューに答えていただきました!

インタビュー

もともと学生時代から、「外国人の方と関わる仕事がしたい!」

と思っていて、社会人になってから、日本語教師の道へ進むことを決意。

ヒューマンアカデミーの日本語教師講座を卒業され、

現在は愛知県 小牧市にある日本語学校で非常勤講師として働いています。

今は、初級レベルの外国人のクラスを担当。

受け持っているクラスは19人で、全員ベトナム人の生徒さんだそう。


●日本語教師を目指そうと思ったきっかけは?

日本で生活する外国人の人たちが、楽しくなるように何か手伝えないか、と思ったため。


●日本語教師の勉強をしてみて、どうでしたか?

長そうに感じていた「420時間」も、意外とあっという間で楽しかった。

この講座を受講したからこそ出会えたり、仲良くなれりした方がたくさんいた。

また向上心が高い方が多かったので、とても刺激になった。


●実際働いてみてどうですか?

・私が働いている日本語学校は、真面目な生徒が多い。

・学生たちの出身国について、授業中に取り上げたり、質問をすると活き活きと話してくれる。

・お互いにコミュニケーションが取れるので、学生たちを知ることもでき楽しい。

・授業で扱う内容が、どうやったらわかりやすいかを考えるのが大変

・学生からおみやげをもらったり、ハガキなどをもらったりすると、頑張ってよかったな…!と思います。


●今の日本語教師・日本語学校の現状はどうですか?

最近は、新しい日本語学校ができたり、既にある学校でもクラスを増設したりすることが多いです。

クラスを増設しなければならないぐらい、留学生のみなさんは来日しますが、その需要に対して日本語教師が不足しているのが現状だと思います。


●不安はなかったですか?

養成講座を修了してからすぐは、「日本語を教える」ことに対しての自信がなかったので、色々と不安がありました。

そのためか、なかなか就職活動に踏み切れないまま、長い時間を過ごしてしまいました。

今、非常勤講師として働いていますが、なかなか自分に自信が持てません。

毎回どの授業でも、「ああ、ここは失敗だったな…」と思うこともあります。


●これから、どう成長していきたいですか?

学生たちの記憶に、少しでも残る授業をできる日本語教師になりたいと思います。

場面や意味など整理して、学生が理解しやすく、楽しんでもらえる授業展開ができるようになりたいと思います。


●日本語教師を目指そうか迷っている方へメッセージ

もし、「教えることに自信がなくて、一歩踏み出せない…」という方がいらっしゃったら、ぜひ一歩踏み出してみてほしいと思います。

実際に教え始めて感じているのは、「教えることへの自信は、すぐにつくものではない」ということです。

ですので、悩みながら、失敗を繰り返しながら、それを改善するというサイクルを繰り返して、授業をすることが大切だと思います!

最初から完璧にできる人はそんなにいないと思うので、教えながら自信をつけていくのがいいと思います!


------------------------------------------------------

Oさん、ありがとうございます☆

不安に感じることもあるけれど、自分の好きなことができて、

活躍している卒業生の姿はとてもイキイキとして見えますね♪


みなさんが、この学校から羽ばたいていけるように、

スタッフも応援していきたいと思います(*^_^*)



aanae200 at 18:52│ Comments(0)TrackBack(0)