2016年5月22日

【日本語教師】受講生&修了生情報〜大学生編〜

日本語教師 受講生&修了生情報 〜学生編〜




海外で働きたい!

国際的な仕事がしたい!

語学力を活かして活躍したい!

やりがいのある仕事がしたい!



今、学生さんで、日本語教師を目指している方が増えています!!




・学生のうちに、日本語教師の資格を取っておきたいという方。

・大学とWスクールで通学して、卒業後に日本語教師を目指したいという方。

ヒューマンアカデミーでも、学生さんが多く通っていただいています。








目指したきっかけ





● 大学生(英語・外国語系学科 2年生)

英語など語学が好きなので、将来的に、語学を活かせる仕事がしたい。

日本語教師なら、直接外国人の方と関われて、自分の今までやってきた英語の勉強も活かしながら活躍できると思ったから。





● 大学生(国際コミュニケーション系学科 3年生)

韓国が好きで、将来韓国で働きたい。

大学卒業後にでも、すぐに働けて、韓国での就職もしやすい日本語教師を目指そうと思った。





● 大学生(教育系学部)

小学校の先生を目指していたけど、日本の学校教員とは、また違った形での「先生」を目指したいと思うようになった。

「教える」ということは好きなので、日本語教師として外国人の方に日本語を教えていきたい。





● 大学生(1年生)

自分が留学に行ってみて、将来国際的な仕事につきたいと思うようになった。

大学卒業後に、日本国内で日本語教師として就職したいので、今のうちに資格を取っていって、ボランティアもしながら経験を積んでいきたい。





● 大学生(4年生)

一般企業の就活もしてみたけど、なかなか自分にピンとくる働き方が見つからなかった。

思い切って、卒業後は海外に出て、就職を目指してみたいと思うようになり、海外で働きやすい職種として日本語教師を目指すことにした。





● 大学生(4年生)

留学でイギリスに行っていて、また海外に戻りたいと思った。

海外で働くために、日本語教師を目指す。

ワーキングホリデーで海外に行くことも考えているので、ワーホリを使って海外に行った時にも、日本語教師の資格を取っていれば、現地でアシスタントティーチャーなどをして、経験を積めるので、今のうちに資格を取っておこうと思った。





学生の皆さんは、様々なきっかけ・想いで、日本語教師を目指して学習されています(*^_^*)





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





大学在学中にWスクールで日本語教師養成講座に通い、資格取得。

その後大学卒業後、すぐに日本国内の日本語学校で常勤講師として就職して活躍中の卒業生のインタビューです♪





S・Mさん(男性)

大学3年生の時から日本語教師養成講座の学習をスタート。

約1年半かけて資格を取得。

大学卒業と同時に、岐阜県にある日本語学校で、常勤講師として採用。

常勤日本語教師として、現在も活躍中!





●なぜ日本語教師になろうと思いましたか?

きっかけは大学在学中にアメリカ留学に行き、現地の人に日本語を教えたことです。

教えると言っても、ネイティブの日本人として少し文法や発音を教えたぐらいなのですが、そこで自分の母国語を教えることのむずかしさに気がつきました。

帰国後、一般の就職活動もしていましたが、

「やはり面白い仕事がしたい!」

「海外の人々と関わっていきたい!」

という重いが強くなり、日本語教師になろうと決めました。





●いざ、日本語教師養成講座を受講した感想は?

大学の授業とWスクールで、最初は大変かなと思いましたが、

授業やアルバイトとも両立しながら最後まで通いきることができました。

毎回授業を受ける度に、日本語についていかに無知なのか痛感することが多かったです。

しかし、経験豊富な講師の方々から、理論についてだけでなく、現場の声や経験談を聞けて、とても参考になりました。

実際に自分が教師として教壇に立つときに役立つ情報をたくさん得ることができました。





●受講中に不安に思ったことは?

一番不安だったのは、やはり受講修了後に日本語教師として就職できるかどうかでした。

しかし、講師やスタッフの方々のサポートのおかげで、無事に就職先が決まりました。

また、養成講座で420時間もの間、クラスメイトと同じ目標に向かって一緒に勉強をするので、自然と仲良くなれ、仲間ができたのも嬉しかったです。

受講生は年齢も職種も様々ですが、共通しているのは、みんなとても好奇心旺盛だということです。

授業の休み時間に雑談をするだけでも、色々な話が聞けて、とても刺激になりました。





●これからの抱負はありますか?

まだまだ新米ですが、「常に勉強し続ける姿勢」を忘れずに保ちたいと思います。

生徒が実際のコミュニケーションで困らないような会話指導など行っていけるように、まずは自分がもっと日本語という言語について、日本という国について、学んでいきたいです。





●ズバリ!自分が学習した経験から、

『こんな人が、日本語教師に向いていると思う』という感想はありますか?

好奇心旺盛な方にはオススメだと思います。

また第二言語を学習した経験がある方も、きっと日本語教師の学習をしていくにつれて、色々な発見があると思います。

僕は、他の受講生を見ていて、みんなそれぞれの個性や特技があるなぁと刺激を受けました。

特に日本語とは関係なさそうでも、何か特技やスキル、趣味などがある方は、きっとそんなユニークさも活きる場だと思います!






Mさん、日本語教師として就職した今でも、更なるスキルアップを目指して頑張っています。

以前から、将来は海外でも暮らしていきたいと漠然と考えていたので、

チャンスがあれば海外でも日本語を教えていきたいと言っていました。

自分の可能性を広げるために、学生のうちから興味を持ったスキルを身に付けていったMさん。




目標を実現されて、これからもますます活躍していってください♪


aanae200 at 20:15│ Comments(0)TrackBack(0)