2016年3月16日

【日本語教師セミナー】 地元愛知での外国人技能実習生 日本語教育の現状セミナー

先日、地元 愛知での外国人技能実習生の日本語教育の現状を知ろう!

というテーマでセミナーを行いました。



「愛知県 外国人技能実習生 

日本語教育の現状セミナー」



技能実習生



この愛知・岐阜・三重東海地区は、製造業が盛んなものづくりの地。

外国人定住者も増加傾向にあり、企業専属の日本語教師を雇用すると言った動きもあります。



もともと、この地は、製造業などの現場で、外国人技能実習生の受け入れを行っている企業も多い地域でしたが、

今、さらに外国人の受け入れ拡大をする企業が増えているのです!





そんな現状を受け、外国人技能実習生への日本語教育が急務になってきており、日本語教師の需要も一気に盛り上がってきています!





セミナーでは、ヒューマンアカデミー日本語教師講座 修了生で、

現在は、愛知商工連盟共同組合で外国人技能実習生の受け入れ・日本語教育を行っている方に、現状をお話しいただきました。





今、愛知県では、中国やベトナム、フィリピンからの技能実習生の受け入れが多いそうですが、その他の国からもたくさん受け入れていて、

現在15か国の外国人が来ているそう。



日本に来ている外国人実習生たちは、入国後、10ヶ月後に日本語の試験を受ける必要があり、不合格になってしまうと帰国しなければならないので、

必死に日本語を覚えに来るのだそう。




愛知商工連盟共同組合では、ベトナム人の受け入れを行っており、

2015年では250名の受け入れを行い、全員が愛知県で働いているとのこと。





実習生へは、日本語を教えることはもちろん、

・日本での生活のルール

・電話の取り方

・ごみ出しの仕方

・布団のたたみ方

・スーパーでの買い物の仕方

・地震体験(ベトナムには地震がないため)

・交通ルール(警察にも協力依頼)

・働き方、法律について(社労士に依頼)

などの日本での暮らし方、風習、生活なども教えていきます。






今、まさにニーズが伸びていて、注目されているのが、

外国人技能実習生への日本語教育。


今後、ますます過熱してくると思われる分野で、これから日本語教師としての活躍フィールドとしても重要になってくる現場です。



特に、この東海地区で、活躍のチャンス☆

実際の求人情報なども校舎に入ってきていますので、実際に見てみたい!という方は、ご相談ください(*^_^*)


技能実習生1
aanae200 at 21:46│ Comments(0)TrackBack(0)