2015年4月19日

【日本語教師特別セミナー】 開催ました!

先日、ヒューマンアカデミー名古屋駅前校にて、
【日本語教師 特別セミナー】を開催しました!



『とよた日本語学習支援システムの取り組みについて』
北村祐人さま
(名古屋大学 とよた日本語学習支援システム)


この、東海地区は、製造業関係の企業も多く、
外国人の労働者の方が非常に多く住んでいる地域です。

特に、愛知県豊田市は、トヨタ自動車本社をはじめ、
外国人労働者の方が多い地域です。


そんな、愛知県豊田市が、地域に住む外国人向けに、
とよた日本語学習支援システム」を立ち上げ、
この地域の大学や企業、地域コミュニティ、関係機関と連携し、
日本語教育を行っていく体制を整えています。


今回の特別セミナーでは、
その「とよた日本語学習支援システム」の取り組みについて、
詳しくお話しをお伺いしました。



特に今、地域の問題として特徴的に上がっていることが、
「外国人のお子さんへの学校教育での取り組みが追い付いていないこと」。

日本語が話せないお子さんが、各地域の学校へ入ってきており、
その子たちへの学習支援が追い付いていない現状があります。
例えば…
学校からの連絡帳が、こどもも、その親も読めない…といったことから、
学校と家庭とのやり取りができないと言った問題も起きています。


特に豊田市では、市内の同じ場所に、
同じような外国人の方が住んでいて、
その場所の中でコミュニティが固まってしまうため、
なかなか他のコミュニティとの接触や交流が持てずに、
ますます孤立していってしまう…といったことも問題となっているそうです。


そうした現状を受け、「日本語パートナーズ」という、
日本語学習支援を行うサポーターを、
各日本語教室へ派遣し、外国人への日本語学習支援を
強化しようと取り組んでいます。


地域に住む外国人と、
市と、企業、自治体、地域コミュニティを
つなぐ役割も果たしていきたいとのことでした。



-----------------------------------------------

今回のセミナーでは、ヒューマンアカデミーの日本語教師講座を
受講中の皆様が多くご参加いただき、
今後の日本語教育の取り組みを真剣に聞いていただいていました。

特に、この地域ならではの現状を、改めて実感し、
今後、日本語教師としての活躍の可能性を実感されていました。


これから、ますますこういった、日本語教育支援の必要性は
高まってくる中、ぜひ受講生の皆様も
どんどん活躍していっていただきたいと思います♪

aanae200 at 13:46│ Comments(0)TrackBack(0)