2018年10月13日

【日本語教師】就職決定者インタビュー!

2017年夏頃から日本語教師養成総合講座へ
ご通学頂いた村松さんの就職が決定しました!

border=0

スタッフ一同とっても嬉しいご報告を頂きましたので、
この機会に村松さんへインタビューをさせて頂きました。

@日本語教師に興味をもったきっかけは?
私自身の経験からです。
幼い頃よりフィリピン出身の母が日本の文化や
言葉の壁に衝突し苦しむ姿を見てきました。
また私自身も日本の文化に馴染めず、
小学校から中学校まで言語の取得に苦労してきました。
このような経験から日本にいる外国籍の方や留学生に
同じ経験をして欲しくない、言葉の橋渡しや心の支えになりたい、
と思ったのがきっかけです。

Aヒューマンに入学されたきっかけは?
大学卒業後、就職活動の為フィリピンに滞在していましたが、
なかなか自分に適する職を見つけることができませんでした。
その時、テレビニュースにて目を輝かせながら
楽しそうに日本語を学ぶ外国籍の高校生の姿を見て、
「自分のやりたいことは海外の人に日本語を教えることである」
という原点に戻り、日本語教師になるには何が必要かを
インターネット調べ、ヒューマンでの通学を決めました。

B420時間カリキュラムを受講してみての感想は?
大学にて日本語を主専攻とし日本語教育を学んでいましたが
なかなか理解が深まりませんでした。
しかし、日本語教師養成総合講座を受講し、
大学時代理解出来なかった分野の知識を高めることが出来ました。
また、養成講座においては私自身が興味関心を持つ分野を
追求することができ、満足しています。

C通ってみてよかったことは?
入学前は様々なことに関して心配や不安がありましたが、
先生方やスタッフの方がいつも丁寧に対応して下さったり、
悩んでいる時は親身にお話を聞いて下さったり感謝しています。
同じ志や目的を持った受講生の方々と、私自身の経験や
これからの日本語教育に期待することを共有し合い、
親睦を深めることが出来ました。
これからもこういった出逢いを大切にしていきたいです。

Dこれからの抱負について教えて下さい。
この先、どのような試練や困難が待っているか分かりませんが、
私自身が辿ってきた道や苦難、なぜ日本語教師として貢献していきたいのかを思い出しながら自分の周りにいる外国籍の方々の心の支えや存在になりたいと思っています。
その為に、異文化に対して上手く適応出来ず、
悩みを持つような境遇を経験してる方々の心に寄り添いながらも
彼らが持つ日本に対する固定概念や思い煩いを
ひとつひとつ丁寧に一緒に解消していける日本語教師になりたいです。

インタビューは以上です。
村松さんの熱いお気持ちを沢山語って頂きました。
ありがとうございます!

本当にいろんな困難があったけれど、頑張ってきてよかったね。
改めて村松さん就職おめでとうございます。

aaham200 at 21:30│ Comments(0)TrackBack(0)