2014年3月2日

【ヒューマンVOICE】 『私の夢はメイクアップアーティスト。努力と行動力で実現させた現役大学生 』

メイクアップアーティスト講座受講中の小松彩花」さんは現在大学4年生。



大学では制作・経営・マーケティングを学び将来は安定した仕事に就きたい。そう思って始めた就職活動でしたが“なんか違うな”違和感を感じ、改めて自分の未来を考えた。高校生の頃、敏感肌だった彼女はスキンケア・メイクにこだわっていたそうです。そして自分のケアをしていく中で、友達のケアとメイクをする機会を得ました。“メイクって楽しいな〜。自分にするのも楽しいし友達が喜ぶ姿を見るのも嬉しい〜。”よし!これだ!私がやりたい仕事。それは「メイクアップアーティスト」大学の友人達に相談したところ“あなたはあなたの思った道に進んだ方がいいでしょ!”進路変更にあたり信頼できる友人からの心強いプッシュも得ることができた。まず大学を卒業してメイクの学校に行くことを考えた彩花さんでしたが、時間を有意義に活用できる「今!」から何か始められないだろうか…。学校とアルバイトの時間以外で学べる場所とは…。そして、今の大学を卒業と同時に「メイク」の仕事を始めるためには…。



彼女の考えた未来へのイメージ。カリキュラムと自分の現状の条件。家から通える、時間、少人数で受けられる、彼女の決心が呼び込んだかの様なメイク講座スタートのタイミング。全ての条件をクリアーしたのは、ヒューマンアカデミーでした。こうして、夢に向かっての新生活が始まった彩花さん。毎週の授業が楽しみな反面、壁にぶつかることもありました。自分にするメイクと他人にするメイクの違い、難しさに当初は頭を抱えて悩んだ事。それを乗り越えられたのは講師の熱意、そして彼女の努力があったからです。受講中にヒューマンアカデミーを通して受けた依頼。ダンススクールのフリースタイルダンスイベントに、メイクアップアーティストとして参加。実際の現場で子供たちへのメイク体験は、ヒューマンアカデミーに来なければ得ることができなかった貴重な経験でした。そして、思い描いていた未来の自分。メイクアップアーティストの就職も決定!写真スタジオでのメイク担当として今春から新しい生活もスタートします!



相手に合わせたメイク。年齢・雰囲気、モデルを輝かせるのは自分次第。その技術・雰囲気を捉える力が欲しい。ヒューマンに来てよかった…だって今、まさに今。自分がイメージした将来の仕事のほんの一部かもしれないけれど、それを経験することができたから。“やりたいことがあるんだよ!”ヒューマンに通い始めて、自分が望む仕事を見つけ、就職することができた!受講し始めた頃は“まずは美容部員でもいいかな?”なんて考えていたけれど、実際の実務体験を通し確信したのは“営業ではなくメイクする側になりたい!”ということでした。お客様に安心して「お願いします」と任せてもらえる人になりたい。今後はメイクアップアーティスト二級試験にむけ「今!」も努力中の彩花さん。ふんわり、おっとりと春風に揺られる、かわいらしい花の様な優しい雰囲気の彼女。将来の夢に向かって語る姿は、冬の凍てつく風にも負けないエネルギーを感じました。今後のご活躍、応援しております!
さて、次回はどんな輝いた方を取材することができるのかな?以上、ヒューマンアカデミー静岡校、週末ライターのトミーでした。
aasiz200 at 10:00│ Comments(0)TrackBack(0)