2012年11月18日

立川校 CAD講座 浅野 健一講師のご紹介


ヒューマンアカデミー立川校CAD講座浅野


講師名  浅野 健一


★プロフィール★

工業ロボットや生産ラインなどのメカトロニクス設計請負会社を経営しています。設計業務に就いてかれこれ30年、50代のおじさんですが、バリバリの現役エンジニアです。生徒さんには「オヤジ講師」や「職人講師」などのあだ名をいただきました。この数年来、日本は諸外国に追い抜かれ、「ものづくり」のトップの舞台からおりてしまいました。ものづくりに携わる人が大幅に減って来たこともその原因の一つです。確かに製造現場は「キツイ・キタナイ・カッコ悪い」ですが、女性も含めてチーム全員で油だらけになりながら、設計通りに機械が動いたときの感動はひとしおです。「手に職」とはよく言ったもので「CADシステムはものづくりの道具」です。CADのスキルは一生の仕事につながります。生徒さんとともに「生みの苦しみと喜び」を共有し、「ものづくりニッポン」を支える若いCADエンジニアを育てていきたいと思います。


★授業の中で心掛けている事★

コマンド中心ではなく、実学主義の授業を心掛けています。トレーサではなく、設計補助業務に就けることを目的として授業を行います。「実際の仕事でどのようにCADを応用するか?」を具体的に教えます。ビデオ教材では紹介していない、異種CADシステムへのデータ変換や、ExcelOLEなど、実務で必須の付帯業務も教えます。一人一人のペースに合わせた課題を用意し、着実にステップアップするようにしています。「怖い顔、ガチンコ授業の講師」ですが、たまには脱線して場を和らげるようにしています。(試験対策の授業、脱線しすぎて授業時間が終わったこともありました。彼女は合格したのでホッとしていますが。・・・コレ、Kaiさんには内密に。)  厳しく楽しく役に立つ授業を心がけています。


★講師からのアドバイス★

高い目標を持ちましょう。例えば、
機械1級を取得し、機械系企業の設計補助業務に就く。建築1級を取得し、建築事務所の設計補助業務に就く。3D1級を取得し、自動車・家電企業に就職する。
アウトソーシング業界で7年経験を積んでから独立する。「作業手順が覚えられない」という質問が出てくれば占めたもの。「スランプの時期」を迎えた証拠、つまり「CADの達人一歩手前」なんですヨ。
反復練習こそ達人への道です。武道やスポーツに似ていますね。
厳しいけれど「自ら考え出すことができるオペレータ」になるまで責任をもって指導します。
質問はご遠慮なく。自分が知らないことは人も知らないんですネ。


aajoz200 at 17:42|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)