2017年8月23日

アロマワークショップ開催しました。

今年も開催しました、アロマテラピーワークショップ。
自由研究にも使えるように、まずは香りについてお話をしました。

精油はぎゅっと香りの成分を集めたものなので、
お子さまにとってはかなり強い香りです。
嗅ぎなれない香りは顔が渋くなりますし、
好きな香りはニコニコ。
ハッカや甘い花の香りは好き嫌いが分かれます。
それも香りのお勉強の一つです。

簡単にお話を終えて、いよいよバスボム作り!
待ってましたー!と元気に答えるお子様たちには
やっぱりお話より作る方が楽しいですよね。

重曹やクエン酸、今の子達は結構ご存知のようです。
材料をボウルに入れて、混ぜ混ぜ。
workshop

まず1つ出来上がったところで、見本として作ったバスボムを
水に入れたらどうなるのか見てもらいました。
workshop
わー!!!あぶくだー!!!!
面白かったようで手をつけてみたり、触ってみたり。
好奇心が旺盛です。

workshop
2つづつお申込を頂いたので、もう一つはお団子のように
丸めたバスボムを作りました。

workshop
ラップが邪魔だったようで、素手で丸めるお子様も。
泥団子、子どものとき作りますね。
きっとその要領なのでしょう、とても上手なのです。
水をつけて表面をピカピカにしたい!とおっしゃりますが、
水をつけたら発泡してしまうのでそこは我慢。

workshop
色も付けたのでほんのり紫とほんのり青。
とっても上手にできました!

workshop
1つめはガシャポンの空き容器に入れて、中におもちゃを入れたバスボムを作りました。
どのバスボムも良い香りがします。
精油を直接嗅ぐと香りが強いのですが、何かに入れるとふわりと香るので、良い香りと感じてくれたようです。
重曹とクエン酸があればご自宅で作ることができます。是非ご家族みなさんで作ってみてくださいね。お疲れ様でした!

aajoz200 at 12:41│ Comments(0)TrackBack(0)