2016年9月27日

あえて聞かれると元気だと答えてしまう。


アロマテラピーの1つとして
アロマトリートメントという楽しみ方があります。

ハンドトリートメント

立川校ではハンドやフットのセルフトリートメントを
お授業でお教えしますが、
お仕事で行う時はボディやフェイシャルなど
全身にトリートメントをいたします。


border=0border=0


お客様へトリートメントを行う前に
病院へかかっていないか、何か不調でお困りではないか、
お好きな香りは、アレルギーは・・・といった事をお伺いします。

その時に「体調はいかがですか?」と伺うと
ほぼ良好、大丈夫、元気というお答えが返ってきます。


こちらから肩や腰の調子はどうですか、とか
良く眠れていますか、とか
ストレスは感じていますか、とか
具体的に伺うと「ここがとても痛くて〜」とおっしゃるのですが


不思議なもので「体調は?」と伺うと
良好です、と答えてしまうようです。


きっと、「体調」という言葉には
病気や風邪といったものを連想させるのだと思われます。

「お元気ですか?」という質問も、つい「元気です」と
条件反射のように答えてしまう傾向があります。

ストレスや不眠、疲労も体調不良ではあるのですが
つい改まって聞かれると、省いてしまいがちです。

私はそういった不調があっても、「みんなそれくらいあるしな〜」
という気持ちで元気だと宣言してしまうタイプです。


border=0border=0


アロマテラピーは「リラクゼーション」を目的とし、
精油の持つ作用をそこへ加えていく療法です。

心身の不調を整え、健康を維持する為ですので
むしろ病気以外の、ちょっとした不調の方が
たくさんお話ししてほしい事なのですが、
初めての方だとつい遠慮してしまうようです。


ちょっとした不調を香りで癒したい、そんな


お申込は9月末日までです。


なお、人の思考や心理にご興味のある方は
様々な心理学の講座がありますので
是非こちらもご覧ください。














aajoz200 at 15:59│ Comments(0)TrackBack(0)