2013年11月6日

インテリアクラス課外授業

 インテリアクラス課外授業(エミリオ氏と共に)
                       立川校校長・インテリア担当 安松

11月1日(金)インテリアコーディネーター実技編クラスは課外授業でした。
今回はスペイン大使館のセミナーのために来日していたエミリオ氏も一緒に参加しました。彼はSkypeを使ってスペインからライブのセミナーを、立川校のために過去してくれた方です。AC Studioのプロジェクトマネージャーで建築家やインテリアデザイナーとのコラボーレーションで、デザイナーのために3DCGやプロモーションビデオなどを作成しています。

AC Studio HP(エミリオ氏のページへとびます)
www.acstudio.es

まず午前中は、トクラス(社名変更・元ヤマハリビングテック)の新宿ショールームを見学しました。ここではいつも見学を担当してくれる、立川校修了生の手塚裕美さんに案内してもらいました。
システムキッチン、システムバス、洗面台などの商品説明を技術的な側面も含めて説明してもらったので、現在勉強中の受講生さんにはとてもいい勉強になったでしょう。





手塚さんは立川校修了後すぐに現在の会社に入社。もう7年以上勤務しているベテランコーディネーターです。立川校で勉強して夢を実現した修了生の一人です。
見学会終了後は商品のことだけでなく就活などについてのお話もしてもらいました。

エミリオ氏と一緒にランチ、その後カフェで休憩。エミリオ氏のリクエストで沖縄料理の店でランチタイム。受講生さんも一生懸命英語で話しながら、ランチタイムを楽しんでいました。


その後カフェへ。ここでは何やらエミリオ氏から逆に質問されて、受講生も四苦八苦。スペインの地図を書いて「さて、マドリッド、バルセロナはどこでしょう?」地理の時間?受講生の今後の進路などについても質問されていました。
短いでしたがいろいろ交流できた貴重な時間でした。


午後はやはり立川校修了生の関本裕美さんが勤務する、DAIKIN新宿ショールームを見学。残念ながら関本さんはシフトで休みになっていたので先輩社員の方が案内してくれました。
この方はとてもユーモアたっぷりに商品説明をしてくれたので、全員とても楽しく商品について勉強することができました。
ここではフローリング、建具、収納、畳、バリアフリー商材などについて勉強しました。




今回の課外授業は、試験のために勉強してきた知識を、実物を見てさらに理解を深めることと、修了生の活躍している姿や職場を見ることも目的でした。今回はさらに特別に、海外のデザイナーとの交流という目的もありました。これからは海外との繋がりを無視した仕事はありえません。グローバルな視点を身につけて欲しいと常日頃思っているので、今回の企画をしました。

2月〜3月の卒業制作の時期になったら、またエミリオ氏にSkypeで受講生の作品の講評などをしてもらいたいと企画中です。立川校のインテリアクラスでは、今後も課外授業などを行いながら、テキストの勉強だけではなく体感することで、より知識を深めていくスタイルで授業を進めていきたいと考えています。


aajoz200 at 14:36│ Comments(0)TrackBack(0)