2008年4月14日

日本語教師教育実習第2弾

アイコンお待たせしました!アイコン先週に引き続き「日本語教師養成講座 教育実習レポート」をお送りします。


外国人学習者9名(今回は全員中国の方)を相手に、日本語教師としていよいよ教鞭をとります!

実習を行う受講生に実習の前インタビューをしてみると、昨日は一睡もできなかったという人・外国人学習者の役をご家族に協力してやってもらい、家で練習してきた人・特に緊張もせずぐっすり眠れました!と様々です。
さあ、いったいどうやって日本語を教えるか?!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

10:00 午前の部 実習スタート
地図を用いて日本語で国名を教えたり、SMAP木村拓哉さんの写真を用いて「ハンサムな人」 (ハンサム)なという形容詞を教えたり、様々な色のゴムボールを使って日本語の色名を教えたりと、一人一人アイディアを駆使して楽しく分かりやすく笑顔を心がけて、一生懸命教えてました。外国人学習者は時折、母国語がでてしまう一幕もありましたが、楽しく日本語を学んでいる様子でした。単語練習では先生の言葉の後に、続けて同じ単語を発音するという練習も真剣に取り組まれていました。

                                                                          
border=0  border=0

受講生Aさんは着物を着て登場。とってもステキでした☆



12:00 昼食 外国人学習者と一緒に教室で昼食タイム
13:00 午後の部 スタート
15:00 実習終了
16:00 国際交流会&反省会
border=0   border=0
お茶菓子を食べながら、なごやかな雰囲気で反省会。外国人学習者に受講生たちは自分が教えた内容は分かりやすかったかなど聞いていました。
反省会では、先生から自分では気づかなかった点を指摘され、まだまだと納得することもあり、次回の実習では反省点を活かして頑張るぞ〜!!と次回の実習に向けての意欲満々やじるし

夜は、昨年卒業した日本語教師養成講座の修了生を交えて、打ち上げだそうです!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

半年前は全くの初心者だったみなさんが、立派に先生として教壇に立っていました。更なる勉強を積み重ねた半年後の実習での成長ぶりが楽しみです!
みなさん生き生きとして輝いていました!ステキな日本語教師目指して頑張ってください。かえる 宇都宮校スタッフ ぴょんた の現場レポートでした。

日本語教師にご興味ある方、まだ4月コース間に合います!
一歩踏み出す勇気を持って、今年1年頑張ってみませんか?
一年後、成長した自分がきっといるはずですぴーす

詳しくはコチラ↓
http://haa.athuman.com/academy/japanese/location/201819/class/index.html?code=
aautm200 at 14:46│ Comments(0)TrackBack(0)