2007年11月5日

日本語教師、現状についてお話を聞きました


日本語1

宇都宮の日本語学校校長先生より
日本語教師 現状についてお話を聞きました


最近、日本語を勉強される外国人の方が急に増えて、
日本語教師を増員しないといけない状況になったそうです・・・!


というのも?

中国が今、北京オリンピック 2008に向けて
非常に盛り上がっているそうです


中国の南をはじめ、都市の復興が目覚しい状況です。

日本の技術を身に付けて、
祖国に帰ってご両親に良い暮らしをさせたいp(^U^)q


という夢・志をもった若者がいっぱい日本に来ているそうですよ

今後ますます増える日本語教師を、計画的に育てていきたい
という校長先生のお考えがあり、
ヒューマンアカデミーに臨時求人がきました。



国際交流の進展やグローバル化により
日本語学習者は増加傾向にあります。
世界中で日本語を学んでいる人の数は210万人、
日本国内でも約13万人の学習者がいます。

日本語教師でいうと、
学習者の母語(例えば英語や中国語)を使って教える
と思われがちですが、

一般的には日本語だけで教えます。


ただし、日本人なら誰でも日本語が教えられるか・・・
というとそうではありませんよね。


日本語教師には文法の細かい知識が求められます。

その知識を外国人の学習者に分かりやすく教える指導法も
身に付けていなければなりません。

また学習者の発音や誤りをしてきするには
日本語の発音の仕組みも理解していなければ
適切な指導は出来ません。


異なる文化的背景をもつ教師と学習者が集う教室では
異文化理解やコミュニケーションに関する知識も必要です。





日本語

ただいま 日本語教師の特別セミナーを開催中です!
ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください


ヒューマンアカデミー宇都宮校
電話028−610−5505


aautm200 at 21:41│ Comments(0)TrackBack(0)