2012年1月15日

日本語教師になる為には

日本語教師養成講座を担当しています コンノです。

今回は日本語教師になる為の方法をお伝え致します


日本語教師として仕事を行う場合、ほとんどの教育機関で
・日本語教育能力検定試験合格者
・日本語教師養成講座420時間コース修了者
・4年制大学(短期大学を除く)において日本語教育に関する主専攻を修了し卒業する。または、日本語教育科目を26単位以上修得し卒業する

上記3点が日本語教師になる為には重要となります。

社会人の方が「大学」を選択されるのは稀なケースですので多くの方が
民間の教育機関にて420時間コースを修了されるか、日本語教育能力検定試験合格を目指しているのです

border=0border=0

日本語教育能力検定試験は合格率が20%前後と決して簡単な試験ではございません。ですので、まずは420時間コースを学びながら試験合格を目指すのが通常なのです

1年弱と長い期間が必要ですが、これらを突破すると憧れの日本語教師まであと一歩です

日本語教師のお仕事は韓国、中国、オーストラリア、アメリカなど体ひとつで何処でも仕事が出来ます。 これってもの凄いことだと思いませんか?
「日本で仕事がしたい!日本が好き」という外国の方に日本語を教えながら日本の文化や日本の良い所を世界中に伝えられる方が一人でも多く新潟から出る事を心から願う今日この頃です


新潟県で唯一の日本語教師養成学校
個別説明会実施中 「聞いてみたい!」と思いの方は下記よりご希望の日時をご記入下さい。 
http://haa.athuman.com/career/explanation02/
aanig200 at 15:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)