2009年12月29日

クロスオーバーセミナー報告☆日本語教師養成講座☆

12月中旬から順次開催されたクロスオーバーセミナー。

日本語教師養成講座でも「日本語の中の隠れたルール」というテーマでセミナーを実施しました。

7名の方にご参加いただき、担当の福地講師が日本語のおもしろさ・不思議についてお話。

様子をのぞきに行ったときには、黒板にこんなことが書いてありました。

  ↓↓見えますか?
091226

「人」という漢字の読み方について。

「じん」と読む単語、「にん」と読む単語がずらっと書き出されていました。


「日本人」なら「にほんじん」。

「人形」なら「にんぎょう」。


というように私たちは自然に使い分けていますが・・・

そこにはどんなルールがあるのかご存知ですか??

「なんとなく」ではないんです。


日本語教師養成講座ではこういった言葉の仕組みについても勉強します。

外国人の方に日本語の使い分けを教えるには、まず日本語の仕組みを理解しないといけないんです。



・・・と、硬い話はここまで。

セミナーの最後には福地講師のけん玉披露です!


091226

次々と技を決めていく福地講師に、参加された皆様から大拍手が♪


日本語教師になるには、こういった特技もあるとプラスになるかもしれません(^_^)

aaomi200 at 09:13│ Comments(0)TrackBack(0)