2007年12月26日

柏校 頑張る 受講生・卒業生☆ 紹介

こんにちは。 SELFing研究所 研究員のごまです。

第2回報告は、現在柏校にご通学中の、ひとりの女性のインタビューをお届けします。

今まさに SELFing 真っ最中の彼女の、ほかほかの温度がお伝えできればと思います。
研究報告にあたり、フードコーディネーター養成講座の鈴木さんに暖かいご協力を頂きました。
どうもありがとうございます。





【本日の受講生様】 : 鈴木さん

                      border=0





                   
  昨年、食育スペシャリスト講座を修了。
  
  現在、柏校にてフードコーディネーター養成講座を受講中です。
  
  学生時代に栄養士免許を取得しておいでです。





【インタビュー】

Q:ご受講のきっかけは何ですか?

A:栄養士で学ぶ栄養学の知識だけではなくて、 その食べ物がカラダに良い「理由」や、
  
  食べ物との接しかた、考えかたなどの部分をもっと知りたいと思いました。


Q:食に関する2つの講座を受講されていますが、2つを学ばれてみていかがですか

  A: 食育スペシャリスト講座で、食べ物のありがたみを改めて知りました。
    
     フードコーディネーター養成講座では、その表現方法を学んでいるといった感じです。

    
2つの内容がそれぞれつながって、発見があって、おもしろいな、と思います。


Q:学校に通っていて、楽しいと思うことはどんなことですか?

  A:違った現場で働く方々と自由にコミュニケーションがとれることです。


Q:勉強を始められた頃と、今のご自身を比べて変わった点はありますか?

 A:視野が広がりました。そして、学んだことがコツコツと身についている実感があります。


Q:今後どんなことをやっていきたいですか?

A:もっと世界に目を向けて、違った文化の食育や、海外の農業にも触れてみたいです。

  いずれは、誰もが気軽に愉しめる、食卓の提案ができるようになれればな、と思います。




 





   鈴木さんの SELFing の芽は上に向かって、まだまだ、ぐんぐん、成長中です。


                    border=0

   いつの日にか、かがやく大輪の花が咲きますように 。




aakas300 at 18:22│ Comments(0)TrackBack(0)