2009年2月26日

日本語 下地講師

柏で日本語教師養成講座が学べる学校(スクール)。それがヒューマンアカデミー柏校です!千葉県内(柏市、流山市、野田市、松戸市、鎌ヶ谷市、白井市、我孫子市など)はもちろん、茨城県内(取手市、牛久市、土浦市、つくば市、つくばみらい市、守谷市、常総市、坂東市、竜ヶ崎市、稲敷市、阿見町、石岡市)などからもネイリストになるために通学されている方もたくさんいらっしゃいます。



■ヒューマンアカデミー柏校 名物講師紹介■

    日本語教師養成講座  



 下地 賀代子


 border=0


●プロフィール 


千葉大学大学院博士課程修了。
現在、同大学の非常勤講師として、
日本語学(学部生)と日本語(留学生)を教えています。
民間の日本語学校でも日本語教師として勤めた経験があります。

ヒューマンアカデミー首都圏で非常勤講師 
日本語学系を担当しています。



●きっかけ


実は、何か大きな「きっかけ」があったわけではありません。
もともと日本語教育専攻であり、学生時代から、チューターやアシスタント
などをしていましたので、日本語学専攻に変った後も、
自分がこれまで勉強してきたことを生かすことのできる
最も「身近な」職業として、日本語教師があったのだと思います。
 
 border=0

●日本語教師になってよかったこと


やはり、「先生、ありがとうございました」と言ってもらえることです。
学生から、「先生の授業が1番わかりやすくて面白い」と言われたときには、
あまりの嬉しさに泣いてしまいそうでした。
努力した成果がそのまま、ダイレクトに返ってくることは、
日本語教師の1番の醍醐味だと思います。



●大変だとおもうこと


ずばり、授業の準備です。
特に私は人並み以上に時間がかかってしまうようで、
授業前日は時間との戦いです。


●教える時に心掛けていること


わからないことがあってもすぐに質問できるような、雰囲気作りです。
疲れていても寝不足でも笑顔は忘れず、
学生に楽しく授業にとり組んでもらいたい、と常に思っています。




●メッセージ


日本語教師に限らず、人に何かを「教える」のはとても難しいことです。
1回の授業のために、たくさんの努力とさまざまな工夫が求められます。
ですが、たくさん努力した分、わかってもらえた時の喜びは
とーーーっても、大きいです!
この喜びを伝えながら、皆さんが日本語教師になるためのお手伝いが
できたらと思います。




aakas300 at 14:56│ Comments(0)TrackBack(0)