2016年3月12日

「春のうつ」に気をつけて!

こんにちは。モリヤです。

春は新しい出会いや新しい生活に、気分が高まる時期でもありますが、一方で、それがストレスとなり「うつ状態」になることがあります。

1.引っ越しうつ

「引っ越しうつ」は周りの生活環境が急激に変わり、その変化に体も心もついていけなかった場合におこります。

「早くこの環境に慣れなきゃ」と焦る気持ちが自分を追いやってしまい、孤独感に襲われるようになるそう。

連日どこかに出かけたり、キレイに掃除してみたり…このアクティブさが後から憂うつ感へと変わり、うつを発症してしまう。
そうならないためには、「気の張りすぎないこと」が大切です。

はじめは無理して自炊せず、コンビニやスーパーの弁当や外食などでささっとやりましょう。
散歩とか趣味とか、好きな音楽とか美味しい食事とか、とにかくゆったりとリラックスすることが良いようです。

2.昇進うつ

「昇進うつ」は昇進や異動で責任が重くなったり、職種や人間関係が変わってストレスや疲労がたまると発症します。

ある研究によると、管理職の女性はそうでない女性よりもよりうつ症状を示し、女性は男性よりもうつ症状が多かったそう。

悩みを分かち合ったり、上司に頼ったり、部下に「弱みを見せない」と頑張りすぎないことが大切です。

3.燃え尽き症候群

自覚しにくい「燃え尽き症候群」は、新社会人にも増えているようです。

周りが見えないくらい一生懸命に何かに打ち込み、思うようにならなかったり目標を達成してしまった時、大きな喪失感に陥り、いつの間にかうつ状態に陥ります。
燃え尽き症候群は多くの場合、なんとなくダルいとか、頭が重いとか、風邪のひき始めのような軽い症状で始まります。

先輩社員や上司にしっかりと相談することが重要。
最も効果的なのは、「ここまで頑張れたのだから、少し休もうか」と休憩時間を作ること。

いずれも、頑張りすぎず、自分を認めてあげ、しっかり休むこと大切です。


新生活に向けて、体だけでなく心もいたわってあげましょう。



★新講座★自信を持ちたい、コミュニケーション能力を上げたい方へ


通信講座のご質問、ご相談はコチラまで↓



aacc200120 at 15:34│Comments(0)TrackBack(0)