2016年6月13日

最近急増中。「6月病」ご存知ですか?

こんにちは。
モリヤです。

最近、「5月病」ならぬ「6月病」が問題になっているはご存知ですか?

毎年5月のGWが終わったころに話題になるのが「5月病」。
しかし、最近の新社会人には5月よりも6月に症状を訴える人が増えており「6月病」と呼ばれています。
ようやく新しい環境になれるこの時期にたまった疲れやストレス、また梅雨による気候の変化が要因と言われています。

症状は・・・

<体の不調>
・やる気が出なくて、やるべきことを先延ばしにする
・気持ちが沈んで、楽しいことがないと思う
・気持ちが落ち着かない
・イライラして怒りっぽくなる・先々のことを考えると不安や焦りを感じる

<心の不調>
・体がだる重く、疲れが取れない
・心臓がドキドキする、息苦しい、めまいがする
・頭がずっしり重く感じる、ズキズキ痛む
・なかなか寝付けない。 何度も目が覚める
・食欲がわかない。食事がおいしく感じられない

あてはまる項目が2〜4個なら6月病予備軍、5〜7個なら6月病がかなり進行中、8〜10個なら今すぐ対処が必要と考えられます。
※増える「6月病」 あなたは大丈夫? | 月別テーマ | サワイ健康推進課より

6月病になりやすいのは、「真面目、几帳面、責任感が強い人」と言われてます。
また、新社会人だけでなく、新しい部署へ配属されて人、転職をした人にも見られます。

予防するには・・・

1.自分を責めない→少し力を抜きましょう
2.OFFを充実させる→リラックスして過ごしましょう
3.運動、睡眠
→適度な運動、睡眠により、元気脳に欠かせない「セロトニン」を増やせます
4.バランスのいい食事
→大豆類、肉、魚を食べることにより「セロトニン」が作り出されます

周りにいたら・・・

よく話を聴いてあげましょう。
最大の治療法は休むこと。
気持ちよく休めるよう職場内が協力する雰囲気やシステムを作ることが大切です。

「5月病」「6月病」は悪化してしまうと、「うつ病」や「適応障害」を発症する恐れがあります。

いつもと違う状態が長く続くようであれば、産業医や会社の健康管理室に行くことを勧めましょう。
自覚がある場合も、自分で判断せず、早めに相談しましょう。






講座内容やその他ご相談はコチラまで↓担当:モリヤ





aacc200120 at 12:29│Comments(0)TrackBack(0)