2015年2月12日

カウンセリング実技実践講習会開催しました!

こんにちは。
モリヤです。

2月11日(水)、ヒューマンアカデミー新宿校にて、メンタルケアカウンセリング実技実践付講座を受講されている方を対象に、カウンセリング実技実践講習会が開催されました。

講師は、メディアでもご活躍のメンタルケア学術学会理事長 別府武彦氏


カウンセラーの基本姿勢について、実践を交えて3時間にわたり、講義をしてくださいました。

 



≪カウンセラーの基本姿勢≫

1.純粋性
カウンセラーはクライアントに対して、自分をごまかすことなく、ありのまま接することが大切です。
自己一致とも言います。相手に気に入られようと、迎合してはいけません

2.無条件の肯定
カウンセラーは自分の価値観や感情にとらわれず、クライアントの全てを受け入れ、否定してはいけません。
受容とも言います。

3.共感的理解
カウンセラーはクライアントの主観的な世界や感じ方、考え方をあたかもクライアント本人のように見て、感じ、考えます。ただ、同情と共感は異なりますので、気をつけましょう。

実際に、二人一組、三人一組で実践してみました。
みなさん、頭ではわかっていても実践してみると苦戦されているようです(>_<)


最後は、別府先生が理事長を務められる「メンタルケア学術学会」について。

資格を取得したものの、その後どうしたらいいんだろう?

という方も多いかと思います。メンタルケア学術学会は、会員登録すると学術研鑽の活動や、研究発表の機会もありまた、全国にいる会員同士また、メンタルヘルスに関わる分野に興味を持つ方と交流を持つことができます。

実際にお仕事や、ボランティアの紹介をお互いにされることもあるようです。

「資格を取得したらそこで終わり」ではなく、こういう場があるのは励みになりますね。


セミナーに参加された方の声

実践をしていかないとカウンセラーとしてやっていくのは難しいとわかった

たけみん先生のお人柄に魅かれました。
今後、具体的に何をするかについて、明確に指針が定まりました。

ロールプレイの繰返しや学術研鑽の必要性を再認識できました。

受講してよかった!自分なりの1歩がふみ出せたと思います。
いろんな方がいて勉強にもなりました。

別府先生にお会いできて良かったです。勉強になりました。

とても勉強になり楽しかったです。また、こういう機会があれば参加したいです。

通信講座では、受講生さん同士が交流する機会はなかなかありませんが、顔を合わせることによって、より一層やる気が出たようです。



みなさん、お疲れさまでした!

メンタルケアや心理学の講座についてのお問合せ、ご相談はコチラまで↓担当:モリヤ




aacc200120 at 18:14│Comments(0)TrackBack(0)