2014年12月23日

よくあるご質問〜講座の違い編

こんにちは。
モリヤです。

たのまなでも人気のメンタルケア心理士とケアストレスカウンセラー講座。
心理学に興味はあってもどれを勉強したらいいの?みんなの?にお答え

という方もいらっしゃるので、今回は両講座の違いについてご説明します。





━━━━━━━━━━━━━
メンタル疾患のケア・相談援助
━━━━━━━━━━━━━
メンタル疾患のケア・相談援助とは心のケアです。
メンタル疾患が疑われるクライアントの相談・援助の手を差し伸べます。


メンタルケアカウンセラー講座(入門)
メンタルケア心理士講座(初級)
メンタルケア心理専門士講座(上級)
メンタルケアトリプル講座  





━━━━━━━━━━━━

メンタル疾患の予防・対処法
━━━━━━━━━━━
メンタル疾患の予防・対処法とはクライアントが医師やカウンセラーのもとを訪れる前に、早期発見・予防・対処法のアドバイスをすることです。



准ケアストレスカウンセラー講座
青少年ケアストレスカウンセラー総合講座
高齢者ケアストレスカウンセラー総合講座
企業中間管理職ケアストレスカウンセラー総合講座
マスターケアストレスカウンセラー講座 




:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

同じ心理学の学習ですが学習の切り口が違いますので、
仮にメンタルケア心理士講座とケアストレスカウンセラー講座の両方を勉強したとしても
無意味ということはありません。

むしろそれぞれを学ぶことによって、相乗効果もあります。
幅広い知識を得て、ご自身のため、周りの方のために身につけたことを活かして下さい。

ご質問やご相談はコチラまで↓担当:モリヤ



aacc200120 at 18:00│Comments(0)TrackBack(0)