2012年11月20日

よくあるご質問〜講座の違い編

こんにちは。
モリヤです。

今回は、メンタルケア関連講座でよくお問い合わせいただく
ご質問にお答えします。
border="0"

ストレス社会と言われる現代、3人に1人が心の病を持っていると言われています。

そんな中【たのまな】へお問い合わせいただく方は
 
 ・周りに困っている人がいるから助けになりたい。
 ・自分の経験を活かして、カウンセラーになりたい。
 ・子育てに役立てたい。
 ・+αの知識を身につけてスキルアップしたい。

  
など、様々なきっかけで「心理学」「カウンセリング」の学習にご興味をもたれているようです。

心理学

しかし、「コースがたくさんあって自分はどれから始めたらいいかわからない」
という方も多くいらっしゃいます。

そこで今回は、特に多く寄せられる

「メンタルケアカウンセラーとメンタルケア心理士はどちらから始めたらいいの?」

というご質問にお答えします。

まず、メンタルケア心理士講座は3つの段階に分かれています。

入門編 メンタルケアカウンセラー講座
初級編 メンタルケア心理士講座
上級編 メンタルケア心理専門士講座

【メンタルケアカウンセラー講座】 では、キャラクターの会話を通して
初心者の方でもわかりやすく”こころ”のメカニズムを学んでいきます。



「心理学は難しい!という先入観がある」
「初めから医学的な知識を学ぶのに抵抗がある」
という方にお勧めです。
 


一方、【メンタルケア心理士講座】では、心と体の繋がりを医学的な見地から紐解き、
医師とクライアントの架け橋となれる知識を養います。

ここからが本当の「学問」と言えます。


現在、精神疾患は薬の治療が主流とされており、医師は治療、
カウンセラーは療法を行い「チーム医療」として
クライアントのケアを行なうことが理想とされています。



カウンセラーは「話を聞いてもらいたい」というクライアントに対し、
そのクライアントの精神疾患がどんな状態であるのか
どの薬を処方し治療をしているのかを把握しなければなりません。

そこで、メンタルケア心理士講座では、「カウンセリング技法」だけにはとどまらず、
「精神解剖生理学」「精神医科学」といったの3つのテキストから、医学、薬、病気、
カウンセリングの基礎知識を学んでいただいております。

「医学的な学習に抵抗がない」(「生物」の科目が大好き!という方)
「書店で心理学の本を購入して読んだことがある」
という方は入門コースではなく、本講座からの学習がお勧めです。

【たのまな】ではレベルと目的に合わせて、選べる6つのコースをご用意。
講座選びに迷ったらお気軽にお問い合わせ下さい。

講座選びのご参考に



受講に関するご相談はコチラ
━━━━━━━━.:*
担当:モリヤ
通話料は無料 :
0800-111-4959
メール 
hic@athuman.com
━━━━━━━━.:*


aacc200120 at 13:00│Comments(0)TrackBack(0)